日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に必要な内申および条件解説

日本大学櫻丘高等学校は、有名な日本大学に内部進学できることから非常に人気のある高校です。そんな日本大学櫻丘高等学校では、独自の推薦入試制度を定めており、進学を希望する人にとっては是非とも利用したい制度となっています。

そこで今回の記事では、日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に関して以下の点を中心に解説していきます。

  • 日本大学櫻丘高等学校の推薦入試情報
  • 推薦入試に必要な内申および条件
  • 推薦合格するためのポイント
  • 推薦入試対策さくらOne学習塾が最適な理由

今回の記事を最後まで読めば、日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に合格するためのポイントや最適な学習塾の選び方を知ることができます。

推薦入試での進学を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試情報

ここでは日本大学櫻丘高等学校の推薦入試情報について解説します。

募集人員

  • 男女 合計220名

試験科目

  • 面接

出願締切

  • 令和4年1月18日(火)必着

受験日程

  • 令和4年1月22日(土)

合格発表

  • 令和4年1月23日(日)10:00(予定)

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に必要な内申及び条件基準

日本大学櫻丘高等学校では、推薦入試に必要な内申及び条件が定められています。

また進学後の希望するクラスによって必要となる内申及び条件が異なるので、推薦入試を検討している方は事前に確認しておかなければなりません。

【日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に必要な内申および条件】

 

求められている評定平均

推薦G(総合進学クラスへの進学を希望する人)

・9教科全ての5段階評定が3以上であること


・5教科の5段階評定の合計が

 1.東京都であれば20以上

 2.東京都以外であれば21以上

 3.帰国子女であれば20以上

推薦S(特別進学クラスへの入学を希望する人)

・9教科全ての5段階評定が3以上であること


・5教科の5段階評定の合計が

 1.東京都であれば22以上

 2.東京都以外であれば23以上

 3.帰国子女であれば22以上

また推薦G枠での推薦入試を希望する場合、万が一上記評定平均に届かなかったとしても、以下の条件を満たしていれば「+1点」扱いされます。

  1. 英語検定準2級以上の者
  2. 漢字検定準2級以上の者
  3. 運動競技で次の項目に該当するもの
    ・ 中学校体育連盟主催の大会で、選手として都道府県大会に出場した者のうち、賞状や要項等で出場の証明ができる者。ただし、オープン参加種目及び東京都駅伝は除く
    ・中体連にはない競技(野球、女子サッカーなど)の場合は、都道府県大会レベルに出場したチームにエントリーされていることが証明できる者

日本大学櫻丘高等学校に推薦合格するためのポイント

ここでは日本大学櫻丘高等学校に推薦合格するためのポイントについて解説します。

厳しい評定平均の基準を満たすための対策

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試では、上記でも紹介した通り一定の評定平均でなければ推薦入試を受験することができません。

少なくとも9教科全ての5段階評定が3以上、また5教科の評定が20~23以上必要となります。

特に特別進学クラスへの入学を希望する場合、少なくとも5教科全てで4もしくは5以上をとらなければいけません。

そのため突出した得意科目を作るよりも、全ての科目で平均以上を確実に取ることのできる基礎学力が必要です。

評定平均が足りない場合は検定試験に挑戦する

日本大学櫻丘高等学校では、万が一評定平均が足りなかったとしても検定試験に合格することで+1点を加点してもらえます。

そのため早い段階から評定平均が足りないと分かっているのであれば、英検・漢検何かの検定試験に合格しなければなりません。

運動競技での成績は外部的要因も関係するため、狙って条件を満たすのは難しいのであまりおすすめはできません。

評定平均に不安を抱えている方は、日頃の定期テスト対策だけではなく検定試験の勉強も行う必要があるため計画的に学習を進める必要があるでしょう。

面接対策は必ず行う

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試では、試験科目が面接のみとなっています。

厳しい評定平均の基準を満たすことに追われてしまい、例年面接対策がおざなりになってしまうという受験生の方も多いです。

面接試験は対策してきたかどうかで、本番での受け答えの質に違いが出ます。

面接官からすると対策してきたかどうかは一目瞭然であるため、必ず面接対策を行わなければいけません。

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試対策ならさくらOne学習塾が最適!

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試は、一般入試とは異なり様々な分野への特別な対策が必要になります。もし日本大学櫻丘高等学校に推薦合格したいのであれば、さくらOne学習塾がおすすめです。

そこでここでは、なぜ推薦入試対策なら完全マンツーマン個別指導塾「さくらOne学習塾」が最適なのか解説していきます。

大手予備校・団体塾では不可能な個別指導による柔軟な対策

ここまで紹介してきたように日本大学櫻丘高等学校の推薦入試では、厳しい評定平均の基準・検定試験・面接といった様々な分野への対策が必要になります。ところが大手予備校や団体塾は、既に決まったカリキュラムがあるため1人1人の受験生に合わせた柔軟な対応というのができません。

しかし完全マンツーマン個別指導のさくらOneでは、その時々に応じて1人1人に最適の指導を行うことができます。定期テスト対策に余裕ができたら、推薦入試で重要な面接対策や検定試験の対策を行うなど、大手では実現できない推薦入試に合わせた特別なカリキュラムを組むことも可能です。

苦手な科目ができたらすぐに対策ができる

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試では、苦手科目ができてしまうと推薦基準を満たすのが非常に難しくなってしまいます。

さくらOneであれば、苦手科目がある場合すぐに対策することができます。プロの指導によって効率的に対策することができるため、苦手科目にかかりっきりになり他の科目がおろそかになってしまうということもありません。

そのため苦手な科目があり推薦入試の基準が満たせるか不安という方には、効率よく対策をして苦手科目をなくすことができるさくらOne学習塾は最適の学習塾と言えます。

他の学習塾とは一味違う!さくらOne学習塾が選ばれる理由

一般的な予備校や学習塾ではなく、さくらOne学習塾が多くの受験生に選ばれてきたのは、他の学習塾にはない強みがあるためです。

  1. 完全マンツーマン指導で柔軟な対策ができる
  2. 社会人プロ講師による質の高い授業
  3. 本当に英語が話せる講師による英語指導

社会人プロ講師によってどこよりも質の高い授業を提供しているため、最短かつ最高の効率で必要な対策ができます。また学習塾で勉強するだけでは、推薦入試に合格するのはなかなか難しいと言わざるを得ません。

そのためさくらOne学習塾では、学校や家庭での学習に対する意識改革を行っています。

常日頃から推薦入試を意識して生活できるメンタルを作ることで、中学3年間を誰よりも濃厚に過ごすことが可能です。

さくらOneで身につけた学習に対する意識は、高校入試だけではなくその後の大学入試や社会人になっても役に立つものになります。推薦入試の受験を考えている方や、どうすれば推薦入試へ進学できるのか知りたいという方はぜひ一度お気軽にご相談ください。

まとめ

今回は日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に関して解説してきました。

日本大学櫻丘高等学校の推薦入試に合格するためには、常日頃からしっかりと対策を行う必要があります。特に苦手科目ができてしまうと、厳しい推薦基準を満たすことができなくなるため注意が必要です。

現在苦手科目を抱えており厳しい推薦基準を満たすことができるか不安な方や、どうしても日本大学櫻丘高等学校に推薦合格したいとお考えのかたは、さくらOne学習塾へご相談ください。

プロの社会人講師による質の高い授業によって、日本大学櫻丘高等学校へ推薦合格するまで常に寄り添ってサポートを行います。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください