日本大学第二高等学校の推薦入試に必要な内申および条件解説

内部進学の制度がある学校は、大学受験の負担が少なくなるため近年急速に人気を集めています。そんな中で日本大学第二高等学校では、一般入試の他にも推薦入試での選抜を行っています。

特に有名な日本大学に内部進学できることから、高校受験の中でも日本大学第二高等学校は非常に人気のある学校です。

そこで今回の記事で、日本大学第二高等学校に推薦合格するための必要な内申及び条件や、推薦合格するためのポイントについて解説します。

日本大学第二高等学校の推薦入試情報

ここでは日本大学第二高等学校の推薦入試情報を解説します。

募集人員

  • 男女105名

試験科目

  • 作文
  • 面接

出願締切

  • 2021年12月20日(月)~ 2022年1月15日(土)

受験日程

  • 1月22日(土)

日本大学第二高等学校の推薦に必要な内申及び条件基準

ここでは日本大学第二高等学校の推薦に必要な内申および条件について解説します。

推薦に必要な内申及び条件

 

  1. 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県の国公立中学校を2022年3月に卒業見込みの者
  2. 本校への入学を第一志望とし、心身ともに健全で学習態度・生活態度が優れ、合格者として決定された場合、入学を確約できる者
  3. 公立高校出願時の中学3年次成績での評定合計が9教科35以上、かつ5教科20以上であること

成績優遇措置について

日本大学第二高等学校では、定められている追跡中の他にも条件を満たすことにより成績が優遇される「成績優遇措置」の制度を導入しています。

推薦入試の際に優遇される条件は、それぞれ以下の通りです。

  • 英語検定、漢字検定、実用数学技能検定の3つの資格で、準2級以上の有資格者(準2級:各1点、2級:各2点、準1級:各3点)
  • 運動関係(賞状・プログラム等で選手登録及び大会成績の証明ができる者)
    ①都・県大会予選を経ての関東大会出場、または都・県大会でベスト8以上(1点)②都・県大会予選を経ての全国大会出場、または関東大会以上の広域な大会でベスト8以上(2点)
  • 文化関係(賞状・プログラム等で出場登録・出展登録及び大会成績の証明ができる者)
    ①予選を経て、関東地区以上の広域なコンテストやコンクールへの出場・出展(1点)
    ②予選を経て、全国・全日本のコンテストやコンクールへの出場・出展、または関東地区以上の広域なコンクールやコンテストでの入賞(2点)
  • 生徒会活動関係(全会員の投票により選出された者)
    ①生徒会 副会長(1点)
    ②生徒会 会長(2点)

日本大学第二高等学校に推薦合格するためのポイント

ここでは日本大学第二高等学校に推薦合格するためのポイントについて解説します。

9教科で評定合計が35以上と厳しい基準を満たすための対策

日本大学第二高等学校の推薦基準を得るためには、9教科で評定平均の合計が35以上でなければなりません。

35以上となると、評定平均は最低4が求められ1つの教科で3をとってしまうとかなり厳しい状況に陥ってしまいます。

そのためずば抜けた得意科目を作る勉強よりも、まんべんなく勉強することで苦手科目を作らないことが重要です。

主要5教科で20以上を取るための対策

9教科の条件に加えて主要5教科で、評定平均20以上を取るための対策も必要となります。

主要5教科全て評定平均4以上をとらなければならない計算になるため、特に9教科の中でも主要5教科は力を入れて勉強しなければなりません。

1つの教科が苦手科目となってしまうと、他の教科でカバーしなければならず、評定平均で5をとらざるを得ない状態に陥る可能性もあります。

9教科のまんべんない対策と合わせて、主要5教科だけは必ずしっかりと日頃から対策しておきましょう。

英検・漢検・数学検定準2~準備1級以上を取得する

上記でも少し紹介しましたが、日本大学第二高等学校では成績の優遇措置を行っています。

しかし優遇措置の中でも、運動関係・文化関係・生徒会活動関係は外部的要因も関係するため必ず条件を達成するというのは難しいです。

そのため自分次第でなんとかなる検定試験で、成績優遇措置の条件を満たした方が良いでしょう。

準1級まで取得すれば、内申点で3点加算されるので他の学生とかなり差をつけることができます。余裕があれば検定試験を積極的に受けて、成績優遇措置の対象を狙いましょう。

日本大学第二高等学校に推薦合格するなら個別学習塾がおすすめ

ここまで日本大学第二高等学校に推薦合格するためのポイントについて解説してきました。

推薦合格するためのポイントを抑えて効率的に対策するためには、団体塾や大手予備校ではなく個別学習塾がおすすめです。

そこで以下では、なぜ個別学習塾がおすすめなのかその理由について解説します。

団体塾・大手予備校では推薦対策が難しい

団体塾や大手予備校は、既に1年間のカリキュラムが決まっているため、苦手科目の対策や定期テストの対策を行いづらい環境です。

しかし個別学習塾であれば、苦手科目の集中対策や定期テストで高得点を取るためのポイントなどを指導してもらえます。

常に状況に合わせて柔軟な指導を行ってくれるため、日常生活の過ごし方が重要となる推薦入試には個別学習塾が最適です。

個別学習塾では苦手科目を作らない対策ができる

日本大学第二高等学校の推薦基準を満たすためには、何よりも苦手科目を作らない対策をしなければなりません。

個別学習塾では、受験生の成績に合わせてどの科目を優先して勉強するのか都度調整してくれます。

そのため常に最適の勉強をすることが可能となっており、苦手科目があるという人でも安心です。

検定試験向けの対策ができる

日本大学第二高等学校の推薦入試では、一定の条件を満たすと成績優遇措置が行われます。

しかし成績優遇措置の条件は、個人で頑張れば必ず満たすことのできるものではありません。

周囲の環境の影響が大きく、唯一自分の頑張りでなんとかなるのが各種検定試験になります。

そのため他の受験生と差をつけるためには、日常のテスト対策に加えて検定試験を効率的に勉強して合格することが必要です。

個別学習塾では検定試験の対策勉強というのも対応しているため、自分の勉強の進捗状況次第で検定試験の試験勉強に時間を費やすこともできます。

日本大学第二高等学校に推薦合格するなら「さくらOne学習塾」が最適!

ここまで個別学習塾の魅力について解説してきましたが、実際にどの学習塾が日本大学第二高等学校の推薦合格のために必要なのか気になっている人も多いのではないでしょうか?

日本大学第二高等学校に推薦合格したいのであれば、プロの講師によるマンツーマン指導が魅力の「さくらOne学習塾」がおすすめです。

【さくらOne学習塾を選ぶメリット】

  • 英語を話すことのできる教師が提供する本物の英語授業
  • 検定試験の対策も可能な柔軟な対応
  • プロの社会人講師による指導であるため安心
  • 日本大学第二高等学校の合格実績が豊富

このようにさくらOne学習塾は、他の学習塾と比較しても様々なメリットがあります。

日本大学第二高等学校に推薦合格したいのであれば、最適な対策を提供してくれるさくらOne学習塾がおすすめです。

まとめ

個別指導塾で補習を受けよう

今回は日本大学第二高等学校の推薦入試に関する基本的な情報から、具体的な入試に向けての対策などについて解説してきました。

日本大学第二高等学校の出願基準は、他の学校と比較しても非常に高いため効率的に対策を行う必要があります。

苦手科目があり悩んでいたり、どうすれば検定試験などの対策ができるのか知りたかったりするのであれば、さくらOne学習塾へお気軽にご相談下さい。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください