単願推薦・併願優遇・自己推薦についての概要と解説

推薦入試で進学をお考えの方の中には、単願推薦・併願優遇・自己推薦の違いがいまいちわからないという方が多いのではないでしょうか。

一般入試とは異なり入試の種類が豊富にある推薦入試では、事前に入試制度を細かく把握しておかなければなりません。

そこで今回の記事では、推薦入試について以下の点を中心に解説していきます。

  • 単願推薦・併願優遇・自己推薦の違い
  • 推薦入試で合格するためのポイント
  • 個別指導学習塾がおすすめである理由

今回の記事を最後まで読めば、推薦入試で合格するためのポイント学習塾の選び方まで知ることができるので、推薦入試をお考えの方は参考にしてくださいね!

それぞれの推薦入試制度の概要

単語帳

ここではそれぞれの推薦入試制度の概要について解説します。

単願推薦とは?

単願推薦とは、仮に合格したらその高校に必ず入学するという約束のもと、推薦入試の出願を行う受験方法です。

単願推薦は主に首都圏で使われている用語であり、他の地域では「専願」とも呼ばれています。

出願の時点で合格したら必ず入学するという前提のもと出願できるので、仮に合格した場合は他の高校への出願・受験はできません。

単願推薦を出願するためには、主に以下のような条件を満たす必要があります。

  • 一定以上の評定平均(中学3年間もしくは第3学年時ののテスト結果)
  • 内申点
  • 欠席・早退・遅刻の数
  • クラブ活動や課外活動

併願優遇とは?

併願優遇とは、仮に合格したとしても単願推薦とは異なり「入学する権利を保有したまま他の高校を受験できる」という制度です。

併願優遇で受けた高校を、いわゆる滑り止めとして使っても良いため、他に志望校がある人は他の高校を受験することができます。

ただし併願優遇の場合も、単願推薦と同じように規定の条件を満たさなければいけません。

また単願推薦よりも併願優遇の方が、求められる評定平均や内申点などの条件が高水準であることが多いです。

自己推薦とは?

ここまで紹介してきた単願推薦・併願優遇は、出願する際に必ず通っている学校の校長先生から「推薦書」というのが必要です。

しかし自己推薦では、校長先生からの推薦書が必要なく「自分で自分を推薦」して応募することができます。

単願推薦や併願優遇で求められている「評定平均や内申点が若干足りない」ので志望している学校に出願できないという生徒でも利用できる入試方法です。

また高校側からしても、推薦という入試形式にすることで一般入試よりも早めに日程を設定できるため「早く合格して安心したい」という受験生を集めることができるというメリットもあります。

【各受験制度の特徴 まとめ】

  単願推薦 併願優遇 自己推薦
出願に必要な評定平均 求められている基準を超える必要がある

求められている基準を超える必要がある

(単願優遇より若干高い水準が要求されるケースが多い)

評定平均を満たしていなくても出願できるケースがある
求められる内申点 基準を越えなければいけない 基準を越えなければいけない 基準を越えていなくても出願できるケースがある
他の高校を受験・選択できるか できない できる できる
所属中学の校長先生の推薦書 必要 必要 必要
入試日程 一般入試より早い 一般入試より早い 一般入試より早い
どんな生徒に適しているのか ・単願推薦の学校が志望校の人 ・第一志望は他にあるが、とりあえず滑り止めを保有することで安心した生徒

・一般入試の前に滑り止めが欲しい生徒

・自己推薦と一般入試どちらも受けて志望校に行くチャンスを増やしたい人

推薦入試で合格するためのポイント

ここでは3つの種類がある推薦入試に「合格するため知っておきたいポイント」について解説します。

推薦入試は一般入試とは異なり、様々な基準を満たす必要があります。あらかじめどういった対策をしておけば良いのか把握しておき、希望する高校の推薦基準を満たすことができるように中学生活を送りましょう。

定期テストで高い評定平均をとる

まずは中学校の定期テストで、推薦入試の基準を満たすことのできる高い評定平均をとる必要があります。

評定平均とは、各中学校で定められている生徒の成績を評価するための制度です。

一般的な中学校では、評定平均を1~5の段階に分けて出しています。ほとんどの中学校は定期テストの結果で評定平均を出していますが、他にも授業中の態度や提出物を出しているかなどを考慮するケースもあるようです。

評定平均は定期テストの積み重ねによって出されるものであるため、入試直前に頑張ればよいというものではありません。

そのため志望の高校があるのであれば、早い段階から定めている出願基準を満たす評定平均を下回らないように対策をする必要があります。

高い内申点をとる

内申点とは、出願する際に提出しなければならない内申書に記載される成績のことです。上記で紹介した評定平均が記載されており、学校によっては内申点を重要視して入学者を決めるケースもあります。

また成績の他にも、以下のような要素が重要です。

  • 欠席・遅刻・早退の数
  • クラブ活動・課外活動など
  • 学生生活の様子

内申点で一番重要になるのは評定平均ですが、それ以外にも重要視されるものは多いため、意識して中学生活を送らないといけません。

面接対策は怠らない

推薦入試と一般入試で最も異なる点は、推薦入試ではほとんどの学校で面接が行われているという点です。

面接試験は対策が非常に難しいため、受験生の間でもさがつきやすいポイントになります。地道に面接対策をしておけば、他の受験生と圧倒的な差をつけることができるため、日常の定期テスト対策の他にも面接対策を少しでもやっておくことが推薦合格するための秘訣です。

推薦入試に合格したいのであれば「個別指導学習塾」がおすすめ

勉強しているこども

推薦入試に合格したいのであれば、大手予備校や団体塾ではなく「個別指導の学習塾」がおすすめです。

なぜ個別指導の学習塾がおすすめなのか、推薦入試に適した個別学習塾のさまざまなメリットについて以下で詳しく解説していきます。

定期テスト毎に最適の対策ができる

個別指導の学習塾であれば、常に定期テストに合わせた最適の対策が行えます。

また苦手科目のカバーも効率的に行うことができるので、推薦入試において最重要である出願基準を満たすための評定平均を獲得しやすい環境です。

一般的な団体指導を行っている学習塾では、画一的なカリキュラムによる指導であるため苦手科目のカバーなどが期待できません。

1つでも苦手科目を作ってしまうと推薦入試ではかなり不利になってしまうので、まんべんない対策ができる個別指導の学習塾が最適です。

面接対策も万全

個別指導の学習塾では、面接対策も万全となっています。

一般的な受験勉強しか教えてくれない大手予備校や団体塾では、面接対策は最後の最後まで放置されてしまって結局何もできなかったというケースも多いです。

特に面接は対策によって差がつきやすい試験であるため、コツコツと対策を行うことのできる学習塾を選ぶことが推薦合格を勝ち取るためのポイントになります。

推薦入試に合格するための個別指導学習塾なら「さくらOne個別指導塾」が最適!

勉強している学生

ここまで記事を読んだ人は、いったいどのような個別学習塾に通えば良いのか気になっているという人がほとんどなのではないでしょうか?

もし推薦合格を勝ち取りたいのであれば、完全マンツーマン学習塾「さくらOne学習塾」がおすすめです。

さくらOne学習塾が他の学習塾よりも「推薦入試対策に適している」理由は、以下のような様々なメリットがあるためです。

  • 推薦合格者の指導実績が豊富
  • プロの講師によるマンツーマン指導で効率の良い成績アップが可能
  • 元大学教員による質の高い数学・理科の受験対策
  • これまで培ったデータによる分析
  • 内申点のための質の高い指導
  • 授業料が安い

プロの社会人講師による質の高い授業によって、効率的に成績を伸ばすことができるので、推薦入試に必要とされている厳しい評定平均も必ず達成することができます。

また完全マンツーマン指導であるため、受験生1人1人に合わせた対策が可能であり、苦手科目が複数あるという人でも安心です。

これまで何人もの推薦合格者を輩出しているため、推薦入試に関するノウハウは他の個別学習塾とは比べ物にならないのも魅力的な点と言えるでしょう。

現在推薦入試で進学を考えている方や、どうしても推薦合格したい学校があるという方は、ぜひ1度さくらOne学習塾にご相談ください。

まとめ

今回は単願推薦・併願優遇・自己推薦の違いから、推薦入試に合格するためのポイントについて解説してきました。

推薦入試は日常の積み重ねが重要になってくる入試制度であるため、早い段階からしっかり対策を行わなければいけません。

特に評定平均や内申点の基準を満たすことができなければ、出願することさえできないのが推薦入試の厳しさです。

推薦合格で高校に進学したいとお考えの方は、テスト対策できる「さくらOne学習塾」にお任せください。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください