法政大学第二高等学校の特色と内部進学対策の解説

GMARCHの1つでもあり、毎年数多くの学生が志望校に掲げている法政大学。その付属校でもある「法政大学第二高等学校」は、法政大学に内部進学できることから多くの学生の間で人気のある学校です。

今回はそんな法政大学第二高等学校について、以下の点を中心に解説していきます。

  1. 法政大学第二高等学校の特色
  2. 法政大学第二高等学校のカリキュラム
  3. 法政大学第二高等学校の内部進学対策

法政大学第二高等学校から法政大学へ内部進学するためには、適切な対策を行わなければなりません。今回の記事では、どのような対策をすれば内部進学できるのかだけではなく、おすすめの学習塾についても紹介しているのでぜひ参考にしてください。

法政大学第二高等学校の特色

まずは法政大学第二高等学校がどのような学校なのか、教育理念や目標を中心に特色について以下で解説しています。

法政大学第二高等学校の教育理念

GMARCHの1つとして有名な法政大学の付属校である法政大学第二高等学校では、次のような教育理念が掲げられています。

  • 人格の完成を目指して国民的共通教養の基礎を築き、平和的で民主的な国家及び社会の形成者を育成することを目的とする

誰もが普遍的に有している自由を尊び、現代社会で起きている様々な問題を解決しようとするマインドを持つ学生を育てることが法政大学第二高等学校が掲げている教育理念です。

法政大学第二高等学校の教育目標

法政大学第二高等学校では、以下の6つの教育目標を掲げています。 

  1. 人類および民族のあらゆる分野における歴史的・文化的遺産を体系的に学び取り、自然と社会・人間に対する認識を深める。
  2. 獲得した認識を総合し、自然との共生・諸民族の共同など、人類社会のもつ諸課題と向き合う視野を培う。
  3. 学ぶことの意味と喜びを知り、常に学問的好奇心を発揮し、生涯にわたって成長を遂げることができる土台を獲得する。
  4. 自己を客観化し、社会の中でどのように生きるかを考えることにより、ひとり一人が個性を獲得し、自分の生き方を自分で決める能力をつける。
  5. 自ら諸課題の解決・現状の変革を担おうとする自主的精神と皆で力をあわせ共同での取り組みができる自治的な能力を獲得する。
  6. 高い品性と社会性を身につけ、不正・腐敗を許さず、社会正義を確立する自律の力を獲得する。

引用:教育理念・教育目標の話|法政大学第二中学・高等学校

法政大学第二高等学校の部活・クラブ活動

法政大学第二中学校には、31種類の体育部と21種類の文化部があります。

他の学校にはあまりない体育部や文化部も抱えているため、自分の好きな部活動を選ぶことが可能です。そのため勉強だけではなくスポーツや文化的な活動に力を入れたいという学生にとっては、選択肢が多くぴったりの学校と言えるでしょう。

法政大学第二中学校

引用:法政大学第二中学・高等学校学校案内パンフレット

法政大学第二高等学校の制服

法政大学第二中学校制服

引用:法政大学第二中学・高等学校学校公式ホームページ

法政大学第二高等学校では、ブレザーを制服として採用しています。理知的なイメージを与え弁当を感じさせる紺のブレザーに、スラックスもしくはスカート。

季節に応じてカーディガンやベストなど用意されているため、様々な着こなしを楽しむことができるのも魅力的なポイントです。 

法政大学第二高等学校卒業後の進路

法政大学第二高等学校に在籍している学生の約90%以上は、毎年法政大学へ内部進学しています。 

内部進学対策については後から詳しく解説しますが、希望の学部に進学するためには常日頃から内部進学を意識してしっかりと対策を行わなければなりません。 

法政大学第二高等学校のカリキュラム

八王子の塾が教える英検対策

法政大学第二高等学校では、一般的な授業に加えて、通常の授業では扱い切ることができないテーマや内容を少人数で学ぶ大学のゼミのような授業も行われているのが特徴です。

希望の生徒が10名以上集まれば講座として成立する仕組みとなっており、高校では取り扱わないような専門的な内容から基礎の復習・定着を目指すものまで様々な種類の講座が毎年実施されています。 

法政大学第二高等学校の内部進学対策

八王子の英語塾が教えるテキストの選び方のポイント

法政大学第二高等学校では、次の条件を満たすことによって法政大学の希望の学部に内部進学することが可能です。

  • 日常の成績が一定基準に達していること
  • 英語の外部試験で一定の成績をおさめること
  • 基礎的思考力確認テストで一定の成績をおさめること

それぞれについて以下で詳しく解説していきます。

法政大学第二高等学校の内部進学対策①日常の成績が一定基準に達していること

法政大学第二高等学校では、高校三年間の中間・期末テストにおいて一定以上の成績を収める必要があります。

やはり中高一貫校ともあり、授業の進度も他の学校と比較すると非常に早いため常日頃から予習や復習を欠かさず行わなければなりません。

法政大学第二高等学校の内部進学対策②英語の外部試験で一定の成績をおさめること 

法政大学第二高等学校では、TOEICの試験によって法政大学への推薦が獲得できるかどうかが決まります。

そのため日常的な勉強に加えて、TOEICに関する特別な対策も行わなければなりません。

法政大学第二高等学校の内部進学対策③ 基礎的思考力確認テストで一定の成績をおさめる

ここまで紹介してきた条件に加えて、法政大学に進学するためには全付属校を対象とした「基礎的思考力確認テスト」で一定の成績をおさめる必要があります。

この基礎的思考力確認テストの難易度は、 大学入学共通テストよりは簡単に設定されているのが特徴です。

そのため常日頃から適切な対策を行っていれば、内部進学に必要な成績を問題なくおさめることができるでしょう。 

個別指導塾のすすめ

法政大学第二高等学校から法政大学へ内部進学するためには、TOEICに関する特別な対策や基礎的思考力確認テストに対応できる学力を身につけなければなりません。

そのため毎年法政大学第二高等学校に通われている学生の多くが「家庭での学習方法がわからない」や「本当に今の勉強の進め方が正しいのか不安を感じている」といった悩みを抱えています。

このような悩みを抱えている方は一度個別指導塾にご相談することをおすすめいたします。

特に法政大学の内部進学を専門に取り扱っている個別指導塾では、内部進学に関する情報や指導ノウハウを持っているため、日常的な学習指導をしながら進学に必要な学力を身につけることが可能です。

近くに内部進学専門指導塾がない場合は、ぜひオンライン個別指導も検討してみてください、

弊社、さくらOne個別指導塾では、法政大学の内部進学者を多数輩出しております。都内に9校舎があり、またオンラインでの指導も行なっているため、対面授業と変わらないクオリティの授業を提供できるのも強みです。

法政大学第二高等学校から法政大学への内部進学に不安を抱えている方は、早い段階で是非ご相談ください。お問合せお待ちしております。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください