神奈川大学附属中学の特色と内部進学対策について

有名な神奈川大学にエスカレーター式で進学できる神奈川大学附属中学。

毎年のように大学入試の難易度が高まりつつある中で、内部進学制度を持つ中高一貫校として人気を集めています。

そこで今回は、神奈川大学附属中学の学校紹介を中心に、神奈川大学附属高校への内部進学制度はどうなっているのか、どのように対策すればよいのかについて解説していきます。

学校の特色

まずは神奈川大学附属中学における教育理念や教育目標など、学校の特色について見ていきましょう。

教育理念

引用:神奈川大学付属中学高等学校公式ホームページ

神奈川大学附属中学・高校では、次の3つの教育理念を掲げています。

  • 質実剛健
  • 積極進取
  • 中正堅実

6年間の中高一貫教育を通して、何事にも積極的にチャレンジする精神を育み、日常生活でも真面目で物事の本質を見極めることのできる人材を育てるのが神奈川大学附属中学・高校の教育理念です。

教育目標

一般的な中学校とは異なり、中学高校と6年間の学生生活となる神奈川大学附属中学では、他の学校にはない様々な教育目標も掲げられています。

【神奈川大学附属中学の教育目標】

  • 生涯教育
  • ジェンダーバイアスを設けない教育
  • 一人ひとりのパーソナリティーを尊重して個性を伸ばす教育
  • グローバル化が進む現代社会へ対応できる力を身につける教育
  • 情報化社会に対応できる人材の育成
  • 大学受験だけではなく「生き方探し」に関する進路指導

このように単純な受験対策だけではなく、めまぐるしい変化を常に続ける現代社会に対応できる人材を育もうとしているのが神奈川大学附属中学の教育目標です。

部活動

神奈川大学附属中学では、体育会系・文化系を問わずに様々な部活動が活発的に行われています。

全国大会を制している有名な部活も多数抱えており、勉強だけではなく運動に力を入れたいという学生にもピッタリの学校です。

引用:神奈川大学付属中学高等学校公式ホームページ

神奈川大学附属中学の制服

神奈川大学附属中学では、ブレザーを制服として採用しています。特徴的なネクタイがワンポイントとなっており、地元の生徒達の間でも人気を集めている制服として有名です。

引用:神奈川大学付属中学高等学校公式ホームページ

セーターやベスト、スカートの種類も選ぶことができるので、制服でおしゃれを楽しみたいという学生にとっては嬉しいポイントと言えるでしょう。

神奈川大学附属中学のカリキュラム

神奈川大学附属中学では、一般的な中学校とは異なり独自のカリキュラムを採用しています。

  1. 成長期…中学1~2年生
  2. 発展期…中学3~高校1年生
  3. 飛躍期…高校2~3年性

神奈川大学附属中学のカリキュラム:中学1~2年生

将来において一番重要な時期である中学1年生から2年生にかけては、学校生活と学習の土台づくりに力を入れているのが神奈川大学附属中学の特徴です。

学校での授業だけではなく、家庭での学習習慣を身につけることによって、単なる受験対策だけではなく将来に役立つ学ぶ姿勢というのを身につけることができます。

また英語や数学では先取りカリキュラムを導入。授業スピードが他の学校よりも早い一方で、毎週の確認テストや勉強会なども実施することによって、学習に遅れる生徒が出てこないようにきめ細かいサポートを行っているのも魅力的なポイントと言えるでしょう。

神奈川大学付属中学のカリキュラム:中学3年生~高校1年生

中高一貫教育が行われている神奈川大学附属中学では、中学3年生と高校1年生の2年間を1つの発展期として捉えています

中学3年生の時期から英語や数学においては「高校課程」へと入ります。そして高校1年生の終わりまでには、大学入学共通テストのレベルに到達するのが目標です。

各教科揺るぎない基礎力を身につけることによって、優れた学力を身につけることが可能となっています。また受験を意識した指導だけではなく、生徒一人ひとりの個性を伸ばす授業も行なっているのも特徴です。

神奈川大学附属中学の校外学習・国内研修

中高一貫教育のため高校受験のない神奈川大学附属中学では、校外学習や国内研修の機会を豊富に設けています。

校外学習や国内研修を通して様々な体験をすることができるので、一般的な中学よりも「生徒一人ひとりの可能性を広げることができる」点も神奈川大学附属中学の魅力的な点と言えるでしょう。

【実際に神奈川大学附属中学で行われている校外学習や国内研修の例】

引用:神奈川大学付属中学高等学校公式ホームページ

神奈川大学附属中学の内部進学対策

神奈川大学附属中学では、高校へ進学する際に特別な進級テストや基礎学力到達度テストなどは設けていません。

日常的な生活態度に問題がなければ、日頃の期末テストなどを頑張ることによって、問題なく内部進学することができます。

ただし、独自のカリキュラムを採用している神奈川大学附属中学では、一部教科において中学3年時には高校の学習内容に入るので注意が必要です。

日頃から予習や復習を欠かさず行う習慣を身につけていなければ、中間・期末テストで良い点を取れず内部進学出来なくなってしまう恐れもあります。

また定期テスト以外にも、英単語コンテストや計算コンテストが設けられているのも神奈川大学附属中学の特徴です。

学内独自のコンテストの結果も成績に反映されているため、日常的なテスト対策以外にもしっかり勉強に励む必要があります。もっとも、このコンテストは事前に対策プリントが配られて、そこから出題されるという形式になっています。

神奈川大学附属中学の内部進学なら個別指導塾がおすすめ

中高一貫教育により独自のカリキュラムが採用されている神奈川大学附属中学。内部進学するためには、日頃から授業の内容を身につけて定期テストで良い点を維持する必要があります。

しかし、一言で日頃から授業の内容を身につけると言っても、どのように勉強すれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか?

  • 独自のカリキュラムに対応できるか不安
  • 家庭での学習方法が分からずに悩んでいる
  • 今おこなっている勉強は神奈川大学附属中学の内部進学に適しているのかわからない

特に神奈川大学附属中学のような、中高一貫校では上記悩みを抱えているお子様も多いです。こういった方は、個別指導塾にご相談することをオススメいたします。

特に神奈川大学附属の内部進学を専門に取り扱っている個別指導塾では、これまでの指導実績により「独自の内部進学情報・指導ノウハウ」を持っているので、効率的に内部進学対策をすることが可能です。

お近くに内部進学の専門指導塾がない場合は、オンライン個別指導を行っている学習塾を利用してみてはいかがでしょうか。

弊社、さくらOne個別指導塾では、横浜線沿線「町田駅」に町田校を開校。またオンラインでの指導も行なっており、対面授業と変わらないクオリティの指導を提供しています。

神奈川大学附属中学に通われており、内部進学に不安を抱えている方はお早めにご相談ください。お待ちしております。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください