東京農業大学稲花小学校の特色と内部進学対策

東京農業大学稲花小学校は、東京都世田谷区にあります。2019年に新設されたことで話題となっており、有名な東京農業大学に隣接されている小学校です。

東京農業大学稲花小学校の卒業生は、隣接している東京農業大学第一高等学校中等部へ内部進学することが想定されています。

この東京農業大学第一高等学校は古くから非常に大学受験に強い高校とも知られており、都内から学力の高い学生が集まっていることでも有名です。

そんな東京農業大学第一高等学校へ、将来の進学を考えて東京農業大学稲花小学校から内部進学を考えている保護者様やお子様も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、東京農業大学稲花小学校の特色と内部進学対策について詳しく解説していきます。

東京農業大学稲花小学校の特色

まずは東京農業大学稲花小学校がどのような学校なのか見ていきましょう。

アクセス

引用:アクセス|東京農業大学稲花小学校

交通アクセス

小田急線「経堂駅」または東急世田谷線「上町駅」徒歩約15分

小田急バス・東急バス「農大前」徒歩約5分

小田急線「千歳船橋」「祖師ヶ谷大蔵」「成城学園前」、東急田園都市線「用賀」「三軒茶屋」「渋谷」等からの路線バス利用「農大前」下車徒歩5分

教育理念

東京農業大学稲花小学校の母体となっている東京農業大学は、明治時代に榎本武揚という人物によって創設されました。

そんな榎本武揚が掲げた教育理念を現在でも受け継ぎ、大学から小学校まで教育を行っています。

榎本武揚公は、未知なるものにひるまず、困難に立ち向かうことの大切さを、「冒険は最良の師である」とオランダ語の書に表現して知人に贈っています。

東京農業大学稲花小学校は、この言葉に基づき「冒険心の育成」を教育の理念とします。未知なる新しい世界に挑む気骨と主体性をもち、本気になって取り組み、科学的・実践的に学ぶ人間を育てます。

参考:教育理念|東京農業大学稲花小学校 

教育指標としての10の能力

東京農業大学稲花小学校では、「三つの心と二つの力」を育成するために、以下の「10の能力」を教育指標として設定してカリキュラムを作成しています。

引用:10の能力|東京農業大学稲花小学校

特徴的な体験型学習

東京農業大学稲花小学校では、隣接している東京農業大学が使っている専門的な研究設備を活用してたような体験型学習を行っています。

子どもたちが主体的に日常生活では触れられない生き物や食事、環境に触れられる機会を作ることによって、目標としている10の能力を育み考える力と学びの基礎力を向上させることが目標です。

【体験型学習の例】 

東京農業大学稲花小学校の時間割

東京農業大学稲花小学校は、以下のような時間割で学校生活を送ることになります。ただしこれはあくまでもモデルケースであり、入学年度や学期によって異なる可能性があるのにあくまでも参考程度にしてください。

東京農業大学稲花小学校卒業生の進路

東京農業大学稲花小学校では、一定数の生徒が内部進学で隣接する東京農業大学第一高等学校中等部へ進学することが想定されています。

ただし進学先の東京農業大学第一高等学校中等部はかなり学力が高く、内部進学するためには一定の学力基準を満たしていなければなりません。

また卒業後も外部から入ってきた学生と対等の学力を身につけなければならないので、中学進学後も授業だけではなく自学自習を欠かさず行う必要があります。

内部進学だけではなく併設されている中学校以外を希望して、受験・進学することも可能です。ただし基本的には内部進学が想定されているので、他の中学校を受験するとしてもサポート体制などはないため外部の学校へ進学希望している人は注意が必要です。

東京農業大学稲花小学校の内部進学対策

ここまで解説してきたように東京農業大学稲花小学校から東京農業大学第一高等学校中等部へ進学するためには、内部で定められた基準を満たさなければなりません。

進学先の東京農業大学第一高等学校中等部はかなり偏差値が高い学校として知られているので、内部進学を検討している人は早い段階からしっかりと対策をする必要があります。

内部進学を確実にするためには、まず小学校での授業についていけるように入学してからすぐに自学自習の習慣をつけるようにしましょう。

また中学校内部進学することを前提としたカリキュラムであるため、他の公立中学校などと比較すると授業も難しく進度も早いです。

そのため一般的な団体指導を行っている予備校などでは内部進学対策ができない可能性が高いため、特別な対策ができる学習塾や予備校を選ぶ必要があります。

オーダーメイドでカリキュラムを組んでくれるような、個別指導を行っている学習塾でしっかりと内部進学のための対策をするのがおすすめです。 

東京農業大学稲花小学校の内部進学ならさくらOne個別指導塾にお任せください!

今回解説してきたように、東京農業大学稲花小学校では内部進学するために高い学力が求められます。また進学先となる東京農業大学第一高等学校中等部は、都内でもかなりの進学校として知られており小学校の段階からある程度の基礎力をつけておかなければ中学の授業についていくことができません。

中学校に進学すると受験で外部から入ってきた学生と同様の学力を身につけるように指導されるため、小学校の段階から日常の自学自習や授業の予習復習をする習慣を身につけておきましょう。

東京農業大学稲花小学校への進学を検討している、もしくは内部進学を検討しているのであればさくらOne個別指導塾がおすすめです。

さくらOne個別指導塾では、社会人プロ講師がマンツーマンで生徒に合わせた指導を行います。また小学校の段階から中学校へ内部進学できるように、一人ひとりに合わせたオーダーメイドのカリキュラムを作成して指導を行います。

5科目すべてで指導可能で、生徒様の学習進度に応じて、対策する学校の変更をいつでも行うことが出来ます。オンラインでの指導も行っており、対面授業と変わらないクオリティーの授業をご提供いたします。

内部進学に不安がある方は早い段階で是非ご相談下さい。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

 

参考サイト

https://www.nodaitoka.ed.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください