桐朋小学校の特色と内部進学対策

桐朋小学校は東京都調布市にある小学校です。有名な学校法人桐朋学園が運営しており、小学校から高校までの一貫教育を採用しています。

高校は優れた進学実績を残していることでも知られているので、小学校の段階から受験を考えて進学を希望する保護者様やお子様も多い学校です。

そんな桐朋小学校はどのような特色を有している学校なのか、また内部進学はどのような基準でどう対策すれば良いのか気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、そんな桐朋小学校の特色と内部進学に関する具体的な対策方法について解説していきます。

桐朋小学校の特色

まずは桐朋小学校がどのような学校なのか見ていきましょう。

アクセス

引用:アクセス|桐朋小学校

住所

〒182-8510 東京都調布市若葉町1-41-1

電話番号

03-3300-211

周囲の交通機関

・小田急線成城学園前からバス

・小田急線狛江駅からバス

・京王線調布駅からバス

・ JR 三鷹駅からバス

・吉祥寺駅からバス

桐朋小学校教育の特色

桐朋小学校では、以下の4つの教育原則を基本として子供達に教育を行っています。

1.子供の発達に合わせた教育

私たちは、子どもの発達に合わせて、できるだけ手作りの教育を用意し、じっくりと治療に取り組ませたいと考えています。1年生のひらがなや漢字の習得、数の十進法構造などにも時間をかけて教育を行い、実感を伴った理解ができるような工夫をしています。

 

2.本物に触れ、学習 

理科は実験や観察、社会は見学、体育の民舞は現地の方を招くなどできる限り実体験をさせることで本物の知性と感性を養います。

 

3. 系統的な学習を大切に

算数や理科などは系統的に、体育は段階的に学習することでしっかりとした学力習得、技術習得を目指します。

 

4. 子どもの主体性を育てる

クラスや学校生活を作り上げていく自治活動のほか、教育活動においても児童の主体性を生かしていきます。これにより、児童は物事の本質を捉え目的意識を持って行動する力が付きます。

桐朋学園一貫教育の特徴

桐朋学園が運営している小学校では、一般的な小学校で採用している通信簿のシステムがありません。もっとも子供を評価しないというわけではなく、単純なテストの点数を上げるための授業を行わないことが目的です。

そのため通信簿の代わりに、年に2回の保護者との個人面談を行う事によって、子供の良さを発見する機会を設けています。

 

【桐朋学園一貫教育システム】

桐朋小学校卒業生の進路

桐朋小学校の卒業生は、桐朋学園が運営している系列の学校へ内部進学することができます。

男子生徒は同じ敷地内にある桐朋中学校へ、女子生徒は千川にある桐朋女子中等学校へ内部進学することが可能です。

ただし内部進学をするためには、小学校の校長先生にある推薦を受ける必要があります。

推薦を受けるために求められている基準は、以下の2点です。

  1. 小学校6年間を通じた生活態度
  2. 内部進学しても中学校の授業に耐えられる学力

特に中学校からは外部生も入学してきて、授業のスピードも早くなり小学校とは比べられないほど内容も難しくなります。進学先の中学校や高校は難関校としても知られているので、小学校の段階からある程度対策をしておかないと、進学してから授業についていけなくなる可能性もあるので注意が必要です。

桐朋小学校の内部進学対策

ここまで解説してきたように、桐朋小学校から中学校や内部進学するためには、小学校6年間を通じた生活態度と、内部進学しても中学校の授業に耐えられる学力が身についているかが重要となります。

6年間を通じて評価を行うため、中学校進学を迎えて慌てて対策をしても間に合いません。まずは中学校に進学しても問題ないように基礎学力を身につけるためにも、日頃から授業の予習復習を行う習慣を身につけましょう。

また内部進学のためには日常的な生活態度も重要となるので、毎日の提出物をしっかり提出することや真面目な授業態度なども意識する必要があります。

内部進学のためには特別なテストは設けられていませんが、学力だけではなく生活態度もしっかりチェックされているところを考えると、内部進学の基準はかなり厳しいと言えるでしょう。

桐朋小学校の内部進学対策ならさくらOne個別指導塾にお任せください!

桐朋小学校の内部進学に必要な基準と対策をまとめると以下のとおりです。

  • 中学に進学しても問題ない基礎的な学力を身につける
  • 小学校6年間を通じてきちんとした生活態度で生活を送る
  • 難関校と言われている中学校や高校進学しても問題ないように準備を行う

このように一般的な中学校への進学と比較すると、桐朋小学校から内部進学をするのはかなり難しい道と言えるでしょう。

そこでおすすめなのが、桐朋小学校のような特殊な進学基準を設けている学校の進学対策をできる「さくらOne個別指導塾」です。

画一的な団体指導を行っている予備校や学習塾では、一貫教育を前提としたカリキュラムや生活態度も重要視している桐朋小学校の内部進学基準に対応できない可能性が高いためです。

さくらOne個別指導塾では、受験指導のプロがマンツーマンでお子さま一人ひとりに対して指導を行います。またオーダーメイドでカリキュラムを作成するので、現在の学習状況や学力に合わせて最適な勉強を行うことが可能です。

また学力だけではなく日常的な学習習慣や生活態度に関する指導も行えるので、桐朋小学校の求めている内部進学に対する基準を満たした適切な対策を行うことができます。 

5科目すべてで指導可能で、生徒様の学習進度に応じて、対策する学校の変更をいつでも行うことが出来ます。オンラインでの指導も行っており、対面授業と変わらないクオリティーの授業をご提供いたします。

内部進学に不安がある方は早い段階で是非ご相談下さい。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

参考サイト

https://shogakko.toho.ac.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください