日本大学明誠高等学校の推薦(単願・併願優遇)に必要な内申および条件解説

有名な日本大学の付属校である「日本大学明誠高等学校」には、一般入試の他に単願・併願優遇という2種類の推薦入試制度が設けられています。

推薦入試は学業面だけではなく、中学時代の活動内容や学生生活に対する取り組みの姿勢、高校入学後のビジョンについて総合的に評価を行う入試制度です。

日本大学明誠高等学校では、推薦入試だけで約160名という募集枠が設けられており、日本大学明誠高等学校や日本大学への進学を目指す形であれば是非とも挑戦したい入試となっています。

そこで今回は、日本大学明誠高等学校の推薦(単願・併願優遇)入試に関して、以下の点を中心に解説していきます。

  • 日本大学明誠高等学校の推薦( 単願・併願優遇)入試情報
  • 単願推薦に必要な内申と条件
  • 併願推薦に必要な内申と条件
  • 推薦( 単願・併願優遇)入試に合格するための対策

日本大学明誠高等学校への進学を検討されている方は、適切な対策をしなければ入試に必要な内申や条件を満たすことができません。今回の記事を参考にして、適切な対策を行いながら中学3年間を過ごして推薦合格を勝ち取りましょう。

日本大学明誠高等学校の推薦(単願・併願優遇)入試情報

受験と書かれた黒板

ここでは日本大学明星高等学校の推薦(単願・併願優遇)入試情報について解説していきます。

募集定員

コース 区分 推薦入学試験 第1回一般入学試験 第2回一般入学試験
普通 単願・併願 140人 105人 15人
自己
特別進学 単願・併願 20人 35人 5人
合計   160人 140人 20人

出願期間

【令和4年度 推薦(単願・併願優遇)入学試験出願期間】

  • Web 登録日:令和3年12月19日(日)〜令和4年1月9日(日)
  • 書類提出日:令和4年1月8日(土)〜令和4年1月14日(金)必着 (郵送のみ)

入試日

【令和4年度 推薦(単願・併願優遇)入学試験 試験日】

  • 令和4年1月21日(金)

試験科目

【令和4年度 試験科目】

  • 単願推薦・併願推薦:書類審査+個人面接

合格発表日

【令和4年度 合格発表日】

  • 令和4年1月22日(土) 合否関係書類発送 ※日本大学明誠高等学校 公式サイトにて合否確認できます。(12:00 ~ 14:00)

過去の合格率

  令和3年度(2021年度) 令和2年度(2020年度) 平成31年度(2019年度)
  単願推薦
併願推薦 単願推薦 併願推薦 単願推薦 併願推薦
募集人数 160(単願・併願合計) 160(単願・併願合計) 160(単願・併願合計)
受験者数 188 176 148 147 118 143
合格者数 188 176 148 147 118

143

日本大学明誠高等学校では、過去3年で推薦(単願・併願優遇)入試に落ちた人はいません。事前に厳しい内申や条件を満たす必要があるためです。

そのため日本大学明誠高等学校への進学を検討されている方は、後述で紹介する対策を適切に行い中学3年間を戦略的に過ごす必要があります。

日本大学明誠高等学校への単願推薦に必要な内申・条件

 

日本大学明誠高等学校への単願推薦に必要な内申・条件は、以下の通りです。

コース

5教科 9教科 備考
特別進学 20 5科のみ 9教科すべて3以上
普通 18 30

5科または9科

日本大学明誠高等学校への併願優遇に必要な内申・条件

日本大学明誠高等学校への併願推薦に必要な内申・条件は、以下の通りです。

コース

5教科 9教科 備考
特別進学 21 5科のみ 9教科すべて3以上
普通 19 31

5科または9科

日本大学明誠高等学校に推薦(単願・併願優遇)合格するための対策

日本大学明誠高等学校に推薦合格するためには、早い段階から意識して対策を行わなければなりません。そこでここでは、具体的にどのような対策を行えばよいのか解説していきます。

9教科評定30~31以上、すべて評定3以上をとるための幅広い対策

単願・併願推薦に必要な条件を満たすためには、9教科評定30~31以上、全て評定3以上を取るための幅広い対策が必要です。

特に9教科で全て評定3以上を取るというのは、意識して対策をしなければ難しいという生徒がほとんどになります。

そのため、満遍なく効率的な対策をおこなってくれる学習塾のサポートを活用しながら推薦入試の基準を満たすことがおすすめです。

5教科評定18~21以上をとるための対策

5教科評定18~21以上となると、少なくとも1教科あたり4以上の評定が必要になります。またいずれかの科目で評定5をとらなければなりません。どの学校でも評定5をとるのはかなり難しいため、効率的に定期試験の対策を行う必要があります。

英検・漢検・数検3級以上を獲得する(必須ではない)

英検・漢検・数検3級は単願・併願入試の条件に含まれていませんが、日本大学明誠高等学校が一般推薦入試志望の生徒に対して設定している条件です。

そのため単願・併願入試を志望する生徒であったとしても、英検や漢検3級を取得していれば他の生徒よりも好印象を与えることのできる可能性が高いと言えるでしょう。

必須ではありませんが、余裕がある方はいずれかかの検定試験の受検をおすすめします。

面接対策は必須

単願・併願入試を志望している生徒に対しては、学力試験ではなく書類審査と面接のみで入学の可否が判断されます。そのため単願・併願入試を希望している方は、面接対策は絶対に行わなければなりません。

特に面接は学力試験とは異なり「独特の対策が必要」となるためおろそかにすると受験当日に失敗してしまう可能性があります。学習塾を選ぶ際には、学力試験だけではなく面接対策にも対応しているところを選ぶのが日本大学明誠高等学校に合格するためには必要不可欠です。

日本大学明誠高等学校推薦合格するためには柔軟な指導ができる個別指導塾がおすすめ

辞書を開く

今回紹介してきたように、日本大学明誠高等学校に推薦合格するためには常日頃から高い評定平均を維持するための幅広い対策と効率的な学習が必要になります。

  • 9教科評定30~31以上
  • 5教科評定18~21以上
  • すべて評定3以上
  • 面接対策
  • 検定試験対策(できれば)

一般的な受験指導を行う「団体指導の学習塾」では、日本大学明誠高等学校に推薦合格するための幅広い対策を行うことはできません。特に評定平均に関する基準が厳しい日本大学明誠高等学校の推薦入試では、常日頃からどの科目を苦手にしているのか明確にして対策を行う必要があります。

大手予備校よりも個別学習塾がおすすめの理由

推薦入試を志望する場合、受験のための勉強よりも日頃の定期テストでどれだけ良い成績を残すことができるかが重要になってきます。

個別学習塾では、受験指導のプロが常に寄り添ってサポートをするので、それぞれの学習進捗度に合わせて適切に指導を行うことが可能です。また寄り添ったサポートにより、学習習慣を身につけやすく定期テストで良い成績をとるための意識を身につけることもできます。

特に1度の入試試験で決まる一般入試と比較すると、推薦入試は常日頃から高い意識を持って学習に取り組むことが重要です。団体指導の学習塾では、生徒一人一人の意識改革までは手が回らないためあまり推薦入試を志望する生徒には向かないといえるでしょう。

完全マンツーマン学習塾「さくらOne学習塾」の強み

受験指導のプロが「マンツーマンで個別指導を行う」さくらOne学習塾では、団体指導の学習塾では難しい評定平均に対する適切な対策を行うことが可能です。

これまで数多くの推薦入試を志望する受験生の皆様のサポートをしてきたノウハウを活かして、日本大学明誠高等学校の推薦基準を満たすための効果的な対策を行います。

定期テスト対策から推薦入試に必須の面接対策まで、時期に応じて幅広い対策を柔軟に行えるのが完全マンツーマン学習塾「さくらOne学習塾」です。推薦入試をお考えの方は、ぜひ1度お気軽にご相談ください。

まとめ

日本大学明誠高等学校への推薦(単願・併願優遇)に必要な内申および条件について詳しく解説してきました。今回の内容を簡単にまとめると、以下の通りです。

  • 日本大学明誠高等学校の推薦入試は幅広い対策が必要
  • 大手予備校など団体学習塾では「推薦入試対策」は難しい
  • 個別学習塾であれば、1人1人の意識改革を行い成績アップはもちろんのこと、推薦入試に必要な日々の勉強に対する意識を変えることが可能

受験指導のプロが「マンツーマンで個別指導を行う」さくらOne学習塾では、1人1人の受験生に対して寄り添い最適のサポートを行なっています。

「日本大学明誠高等学校に推薦合格したい」「日本大学明誠高等学校の推薦基準を満たす成績をとりたい」とお考えの方は、ぜひ1度さくらOne学習塾にご相談ください。1人1人の受験生に合わせて、最適のサポートを提供します。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください