明治大学付属中野高等学校の推薦入試に必要な内申および条件解説

近年では有名・難関大学の競争が激化していることもあり、内部進学ができる付属校の人気が高まっています。まだ難易度や競争の激しさが大学受験と比較するとおとなしい高校のうちに、進学先を決めてしまいたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

名門明治大学の付属校である明治大学付属中野高等学校は、内部進学制度を取り入れているため明治大学に進学を考えている人にとっては、絶対に進学したい学校のうちの1つです。そんな明治大学付属中野高等学校では、2023年から新しい推薦入試制度が導入されます。そのため明治大学付属中野高等学校への進学を検討している人にとっては、どのような対策をすれば良いのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、明治大学付属中野高等学校の新しい推薦入試制度に関して、以下の点を中心に解説していきます。

  • 明治大学付属中野高等学校の新たな推薦入試制度に関する情報
  • 推薦に必要な内申・条件
  • 推薦合格するための対策
  • 推薦合格をするなら【個別学習塾】がおすすめの理由

  難関高の1つである明治大学付属中野高等学校に進学するためには、早い段階から推薦を見据えた適切な対策を行うことが必要です。今回の記事を最後まで読めば、明治大学付属中野高等学校に推薦合格するための最適の方法・対策がわかるのでぜひ参考にしてください。

明治大学付属中野高等学校への推薦入試情報

勉強ノート

明治大学付属中野高等学校では、2023年度から新しい推薦入試制度が導入されます。そこで以下では、新しい推薦入試制度「推薦入試Ⅰ型」について詳しく解説します。

募集定員

2023年度

  • 男子 約30名

入試日

2022年2月現在まだ入試日程は発表されていません。(新設の入試制度のため過去の日程情報なし)

試験科目

選抜方法

  • 書類審査
  • 面接(個人面接 約10分)
  • 適性検査(国語・数学・英語) 各40分の試験

合格発表日

2022年2月現在まだ合格発表日は発表されていません。(新設の入試制度のため過去の情報なし)

明治大学付属中野高等学校の推薦に必要な内申・条件

勉強ノート

明治大学付属中野高等学校の推薦に必要な内申・条件は、以下のとおりです。

  1. 2023年3月に中学校,義務教育学校の後期課程又は中等教育学校の前期課程(以下「中学校」と
    いう。)を卒業又は修了する見込みの者で,原則として,保護者のもとから通学できる者
  2. 第一志望であり,合格した場合は,本校への入学を確約できる者
  3. 中学校第3学年の5段階評定が9教科の合計で37以上であり,そのうち5教科(国語・社会・数
    学・理科・外国語(英語))の合計が21以上であり,かつ9教科の評定に2以下の教科がない者
  4. 中学校3か年の欠席日数が合計で15日以内であり,かつ第3学年での欠席・遅刻・早退の合計が
    7日以内である者

新しい入試制度であり、一般的な「専願・併願優遇」とは名称も異なる「推薦入試Ⅰ型」という名称ですが、課されている条件をみると「第一志望」であることが要求されています。

そのため他の学校の推薦入試制度にある「専願推薦」と基本的には同じようなものだと考えて良いでしょう。また欠席日数なども細かく条件が課されているので、早い段階から推薦入試を受験することを考えて、計画的に学生生活を送らなければならないのも推薦合格したいのであれば意識しなければならないポイントです。

明治大学付属中野高等学校に推薦合格するための対策

ここでは明治大学附属中の高等学校に推薦合格するための具体的な対策について解説します。新設された入試制度であるため、適切な対策ができるかどうかが推薦合格を勝ち取れるかの分かれ目になるでしょう。

9教科評定37以上、5教科21以上の成績を取るための満遍ない対策

推薦入試の出願資格を得るためには、上記条件を満たさなければなりません。

さらにこの条件を細かく分析すると、以下のようなことがわかります。

  • 5教科評定21以上=基本的に5教科平均4以上かついずれかの科目で5が必要
  • 9教科評定37以上=5教科以外の4教科が平均4以上必要

このように9教科すべての科目で評定が4以上必要となります。また5教科のいずれかの科目で、評定5を取らなければ出願資格を満たすことができません。

そのため苦手科目を作らない対策というのは、3年間を通じて意識する必要があるでしょう。もちろん5教科のいずれかの科目で評定5が必要となるので、突出した得意科目を1つだけ作るというのも重要です。

評定2以下の弱点科目を作らない計画的な学習

評定2以下をとってしまうと、出願資格を満たせなくなるため注意してください。

評定3までであれば得意科目でカバーするということも可能です。しかしどの科目であったとしても評定5を獲得するのは、学校によってかなり難しいためやはり満遍ない対策というのが最優先事項になります。

面接試験の対策

一般的な推薦入試と同じく、明治大学付属中野高等学校でも面接試験が定められています。

面接試験は特別な対策をしなければ、当日大失敗をしてしまう可能性のある特殊な試験です。高い評定平均をとるのも重要ですが、余裕のあるうちに簡単な面接対策をしておいた方が推薦合格する可能性が高まります。

適性試験のための対策

明治大学付属中野高等学校の推薦入試では、国語・数学・英語の3教科に関する適性試験が課されています。残念ながら新設された推薦入試制度であるため、過去にどのような問題が出題されたのかというのはデータがありません。

そのためどのような問題が出されたとしても対応できるように、3教科まんべんない対策をする必要があります。

どのような問題が出題されるのか、過去の一般入試における出題の傾向を以下で紹介するので、こちらも併せて参考にしてください。

【過去の出題傾向】

国語

  • 1時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 問題構成としては、例年長文読解問題が60~70%、小問が30~40%です。
  • 記述式問題も多く、誤字・脱字・答え方が不正確の場合(例えば、理由を問われているのに“~こと”と答える)は減点の対象となります。また、指示語、接続詞、主語、言葉の係り受けの問題なども頻出しています。
  • 漢字の読み書きは、一画一画丁寧に書くことを心がけてください。そのほか四字熟語、慣用句、故事成語、語句の意味、文法などが過去に出題されています

英語

  • 2時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 高校入試用の英単語帳を用いて、中学の教科書よりも少し上のレベルの英単語まで覚えておいてください。また熟語や慣用表現もできるだけ多く触れておきましょう。
  • 基本的な文法事項は、文法問題集などを繰り返し行うことによって、必ず自分のものにしておいてください。特に時制、助動詞、不定詞、比較、分詞、関係代名詞といった分野から多く出題されています。しっかりと理解を深めておきましょう。
  • 読解問題は例年3問程度出題しています。できるだけ多くの長文を読むことによって読解力をつけましょう。その中でも1題、特に長い長文読解を出題しています。
  • 総合的な英語力と、限られた時間内に読み取る力が必要です。日頃から文章の流れをすばやく的確につかむことを意識して勉強に励んでください。

数学

  • 3時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 出題内容は、計算から文章題、平面・立体図形など、中学校で学習する全範囲から出題されます。
  • 例年の問題構成としては、計算・小問が8~10 題程度。その後、文章題・図形などの問題が8~10 問程度です。
  • 一部に途中の式や考え方を見る記述式の問題が出題されます。普段から式や考え方が正確に書けるように心がけてください。
  • 確実に正解を導けそうな問題から取り組み、早く正確に計算ができるように計算練習を着実に行ってください。
  • 難問や奇問と言われるような内容は出題されません。必ず標準的な高校受験用問題集を一冊やり通し、中学校で学習する内容をしっかり理解してください。

引用:受験のポイント|明治大学附属中野高等学校

明治大学付属中野高等学校に推薦(単願・併願優遇)合格するなら【個別学習塾】が良い理由

明治大学付属中野高等学校に推薦合格したいのであれば、大手予備校や団体指導をしている学習塾よりも「個別学習塾」がおすすめです。

なぜ大手の予備校や団体指導の学習塾よりも、個別学習塾が推薦合格に最も適しているのか以下で詳しく解説していきます。

大手の団体授業では満遍ない対策は難しい

大手の予備校や団体指導をしている学習塾では、生徒それぞれに合わせた満遍ない対策というのは難しいのが現実です。

そもそも大手の予備校や団体指導をしている学習塾では、画一的な受験指導しか行われていません。そのため常日頃からの定期テストが重要となってくる推薦入試では、適切な対策をすることができず評定平均の基準を満たせない可能性もあります。

特に高い評定平均を要求される明治大学付属中野高等学校の推薦入試では、科目ごとの偏りが出てしまうのは死活問題です。

個別学習塾では苦手科目の対策をしやすい

画一的な受験指導しか行われていない大手の予備校や団体指導をしている学習塾と比較すると、やはり個別学習塾の方が柔軟な対応をしてくれます。特に定期テストの成績が最も重要である推薦入試においては、その都度適切な対策を行わなければ高い評定平均をとることができません。

また苦手科目に関してもしっかりと対策をしてくれるので、高い平均を必要とする推薦入試においてはその都度で最適の対策ができるのも個別学習塾の魅力的なポイントと言えるでしょう。

面接対策に対応できる

面接対策に対応できるのも、大手予備校や団体指導の学習塾と異なる魅力と言えます。大手や団体指導の学習塾でも面接対策はできますが、直前の対策となってしまうためおざなりになってしまうのがほとんどです。

個別学習塾であれば普段の勉強に加えて、面接対策を前もって少しずつ行うことができます。面接試験は特殊な形式であるため、前もって少しずつ行うことにより他の受験生と圧倒的な差をつけることが可能です。

どうしても推薦入試の合格を勝ち取りたいのであれば、個別学習塾で前もった面接試験の対策を行いましょう。

新しい受験方式にも柔軟に対応できる

明治大学付属中野高等学校では、推薦入試は新たに導入された入試制度です。そのためこれまでのデータがありません。大手の予備校や団体指導をしている学習塾では、画一的な受験指導しか期待できないため、新しい推薦入試に対応できない可能性が高いです。

しかし個別指導の学習塾であれば、姉妹校のこれまでの推薦入試データを分析したり、一般入試の過去問から傾向と対策を導き出したりなどの対策が期待できます。

柔軟な試験対策が期待できるため、新たに導入された入試制度に対応するためには個別学習塾が最適といえるでしょう。 

完全マンツーマン学習塾「さくらOne学習塾」だからこそ実現できる推薦入試対策

完全マンツーマンの個別学習塾「さくらOne個別指導塾」では、明治大学付属中野高等学校の新設された推薦入試に合わせて最適の対策を行います。

最も重要である常日頃の定期テストに対する対策はもちろんのこと、推薦入試において重要な面接対策に定評があるのもさくらOne個別指導塾の強みです。

またこれまでの一般入試における過去の入試問題の傾向から、新設された推薦入試の試験問題を予想して適切な対策を行うこともできます。

指導を行う講師は全てプロであるため、苦手科目がある受験生の方でも安心してください。

【個別学習塾口コミNo.1を獲得したさくらOne学習塾の魅力】

  • 元大学教員が指導する数学・理科のわかりやすい受験対策
  • 本当に英語が話せる講師による質の高い英語教育
  • 経験豊富なプロ社会人塾講師による指導
  • 統計学に基づいた入試の受験対策やデータ分析に定評あり
  • 授業料が安い

まとめ

今回は新設された明治大学付属中野高等学校の推薦入試に関して解説してきました。

新設された入試制度であるため、どのような対策をすれば良いのか分からず不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし新設された入試制度であったとしても、一般的な推薦入試と全く異なるというわけではありません。まずは要求されている高い評定平均を獲得するための、定期テストの対策が最優先事項です。

さくらOne個別指導塾では、1人1人の受験生に合わせて最適の指導を行います。推薦入試において最も重要な定期テストの対策に関しても、苦手科目などによって柔軟な対策を行うことが可能です。

明治大学付属中野高等学校の推薦入試を検討されている方は、ぜひ1度お気軽にお問い合わせください。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください