東京都市大学付属小学校の特色と内部進学対策

東京都市大学付属小学校は、平成21年のに誕生した東京都市大学グループの系列校です。小学校から併設されている中学校・高校へと、希望者はエスカレーター式に進学できます。

また過去の進学実績も非常に優れており、将来のことを考えて東京都市大学付属小学校へ進学したいと考えているお子様や保護者様も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、東京都市大学付属小学校の特色と内部進学対策について解説していきます。

東京都市大学付属小学校の特色

まずは東京都市大学付属小学校がどのような学校なのか見ていきましょう。 

アクセス

(引用:https://www.tcu-elementary.ed.jp/)

電車利用の場合

小田急線『成城学園前駅』南口下車徒歩約10分

または、同駅南口発の全てのバス

→三つ目「東京都市大付属小学校前」下車

バス利用の場合

◆JR・東急線『渋谷駅』から

成城学園前行バス→「東京都市大付属小学校前」下車

◆東急・小田急バス『渋谷駅』から

狛江、調布南口行バス→「東宝前」下車、徒歩2分

◆東急線『二子玉川駅』から

成城学園前行バス→「東京都市大付属小学校前」下車

◆東急線『等々力駅』『用賀駅』から

成城学園前行バス→「東京都市大付属小学校前」下車

※1年生の通学は、『二子玉川駅』からスクールバスを利用しています。

 

教育の目標

東京都市大学付属小学校では、「高い学力の定着」と「豊かな心の育成」を柱に、児童の自主性を育み、明るく楽しい学校づくりを目指し、以下の教育目標をかかげています。

低学年では「からだ全体で学ぶ」・中学年は「共に学ぶ」・高学年は「自ら学ぶ」をコンセプトとして、

1. 自主的な態度を培い、進んで問題を解決する強い意志を育む

2. 集団生活を通して思いやりや協調心を養い、自ら正しく考え行動する心豊かな児童を育む

3. 豊かな情操を養いながら、創造力と表現力を培い感性豊かな児童を育む

4. 基本的な学習姿勢を養いながら、高い学力を定着させる

この目標に基づき、学習指導、 生活指導が行われており

教育の特色

東京都市大学付属小学校では、小学校1年生から6年生を3つの段階に分けて、それぞれの学年に応じた教育を行っているのが特徴です。

  1. 小学校低学年…身体全体で学ぶ
  2. 小学校中学年…生徒同士共に学ぶ
  3. 小学校高学年…目標に向かって自ら進んで学ぶ

国際交流プログラム

東京都市大学付属小学校では、小学校の段階から国際交流プログラムに力を入れた教育を行っています。

【国際交流プログラムの例】

(引用:https://www.tcu-elementary.ed.jp/)

東京都市大学付属小学校卒業生の進路

東京都市大学付属小学校の卒業生は、希望すれば併設中学校への進学が認められます。

ただし、併設中学校へ進学するためには学習面・生活面での両方から総合的に判断されるので、日頃から真面目に学校生活を送っていなければなりません。

また高い偏差値を誇る東京都市大学付属小学校は、他の学校を受験する生徒も多いです。難関校と呼ばれる私立中学や公立高校へ、毎年数多くの学生たちが進学しています。

(引用:https://www.tcu-elementary.ed.jp/)

ただし他の中学を受験する場合は、併設中学校への内部進学に必要な推薦を受けることができないので注意が必要です。

東京都市大学付属小学校の内部進学対策

東京都市大学付属小学校から系列の中学校へ進学するためには、学習面・生活面での両方で進学するに値すると認められなければいけません。

また判断は6年間を通じて総合的に行われるので、6年生の進学直前に対策をしても間に合わないため注意が必要です。

しかし東京都市大学付属小学校は、高い偏差値を誇り進学実績もかなり良い学校であるため、低学年の段階から宿題が多く授業の内容も難しい学校として知られています。

そのため内部進学をするためには、早い段階からしっかりと予習復習をする学習習慣や、毎日提出物をしっかり出すなどの生活面に関しても注意して小学校生活を送らなければなりません。

また一貫教育を前提としたカリキュラムであるため、他の小学校と比べてもかなり特殊なカリキュラム授業が進んでいきます。授業スピードも速く難易度もかなりのものなので、特殊なカリキュラムに対応できる個別指導の学習塾などを利用して、テスト対策や予習復習などを完璧にするのがおすすめです。

東京都市大学付属小学校の内部進学対策ならさくらOne個別指導塾にお任せください!

東京都市大学付属小学校の内部進学対策に関してまとめると、以下のとおりです。

  • 東京都市大学付属小学校から系列の中学校へ内部進学するためには「学習・生活面」で進学するに値すると認められなければいけない
  • 難関校として知られているため日常の授業のスピードも速く内容も難しいのが特徴
  • 一貫教育を前提としているので、特殊なカリキュラムに対応した対策をする必要がある

このように東京都市大学付属小学校から内部進学をするためには、6年間を通じて内部進学を意識した生活を送る必要があります。

「どのように対策をすれば良いのか分からない」「東京都市大学付属小学校から内部進学したい」とお考えの方は、さくらOne個別指導塾へご相談ください。

さくらOne個別指導塾は、社会人プロ講師が生徒一人ひとりに合わせたオーダーメイドカリキュラムを作成して指導を行います。

東京都市大学付属小学校のような特殊な学校であったとしても、児童一人ひとりに合わせて最適な対策を行うことが可能です。

またオンライン授業にも対応しているので、近くにお住まいではないという方でも対面と変わらない授業を「どこでも」受講できます。

東京都市大学付属小学校から内部進学を考えている方、東京都市大学付属小学校への進学を考えている方は是非一度お気軽にお問い合わせください。

みなさまにお会いできる日を、講師一同楽しみにしております。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

【参考サイト】

https://www.tcu-elementary.ed.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください