慶応義塾大学付属校(中学、高校)の概要とその特色

難関私立大学として不動の人気を誇る、慶応義塾大学。
同大学に入学するために付属校に入学させたいと考える保護者の方もいらっしゃるでしょう。

今回は慶応義塾大学付属校の特徴などについて詳しく解説いたします。

慶応義塾大学付属校の教育目標

慶應義塾のモットーは福沢諭吉が学問のすゝめ初編で説いた「独立自尊」です。

慶応義塾普通部の教育目標

「独立自尊の」四字に集約される義塾建学の理念に沿い、高い品性と優れた知性を人生の基盤として、独立した思考と行動をする個人の育成を目指しています。

慶応義塾中等部の教育目標

慶応義塾中等部は「生徒が将来円満な人格と豊かな人間性をもつ人になること」を教育目標にし、学科においても偏らない知識を得、幅広い経験を積む事が大切だと考えています。

慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部の教育理念

慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部は「社会的責任を自覚し、知性、感性、体力にバランスの取れた教養人の育成」を教育理念にしています。
生徒一人ひとりを大切にし、基本を重視し、基礎を確実に身につける、きめ細かな指導を行っています。
21世紀に国際的な場で活躍するために不可欠なものとして、語学と情報リテラシーを身につける教育に力をいれ、変革と言われる時代に対応して、個性を伸ばすための新しい教育を目指しています。

慶応義塾高等学校の教育理念

慶応義塾高等学校は福沢精神に則り、独立自尊の気風にとみ、自主性と気品を重んじ、将来「全社会の先導者」となる人材の育成を教育の目的としています。

慶応義塾志木高等学校の教育目標

教育理念

  • 塾生としての誇りを持たせること
  • 基礎的な学問の習得
  • 個性と能力をのばす教育
  • 健康を積極的に増進させる

慶応義塾女子高等学校の教育理念

慶応義塾女子高等学校は「自由・開発・創造」を教育理念とし、「自由」な気風において責任を自覚させ、成長のために自らを律して常に自分を高め、新しいものを「開発」し未知のものを「創造」していく努力の尊さを発見するための教育を行う考え方となっています。

学校生活とカリキュラム

慶応義塾普通部

慶応義塾普通部は3学期制となっています。
授業は50分授業、週34時間授業です。

一貫教育の伝統を生かした独自のカリキュラムで、教科によっては分割授業や複数教員による授業、理科実験室、コンピューター教室などを使った多角的な授業が行われています。
独自の教科「教養」が各学年とも週1時間組み込まれています。

使用テキスト

  • 英語:NEW CROWN(三省堂)
  • 数学:中学校数学(学校図書)
  • 国語:伝え合う言葉 中学国語(教育出版)
  • 理科:未来へひろがるサイエンス(啓林館)
  • 歴史:社会科 中学生の歴史 日本の歩みと世界の動き(帝国出版)
  • 地理:社会科 中学生の地理 世界の姿と日本の国土(帝国出版)
  • 公民:新しい社会 公民(東京出版)
  • 書写:中学書写(教育出版)
  • 地図:中学校社会科地図(帝国出版)
  • 音楽:中学音楽 音楽のおくりもの(教育出版)
  • 器楽:中学器楽 音楽のおくりもの(教育出版)
  • 美術:美術(日本文教)
  • 保健:新版 中学校保健体育(大日本図書)
  • 技術:技術・家庭 技術分野(開隆堂)
  • 家庭:技術・家庭 家庭分野(開隆堂)
  • 道徳:中学道徳 あすを生きる(日本文教)

慶応義塾中等部

慶応義塾中等部は3学期制です。
土曜日も含む週6日制、35時間授業です。
授業は45分×6時限(土は5時限)です。

体育は男女別に授業を行いますが、それ以外の授業は全て男女一緒です。
学期ごとに各科目で総合評価が出されます。
考査は年間5回の定期考査のほかに、科目により平常考査が行われます。

2つの考査を併用しているのは、どちらにも一長一短があるためです。
また、レポート提出やノート検査、課題や宿題の出来具合など、考査以外にも評価の対象になることがあります。

3年次になると週2時間選択授業を実施しています。
普段の授業では取り上げきれない内容であったり、教員の専門や特技をいかした、教科にとらわれない内容も扱えること、また、設置された講座の中から、自分の興味・関心に合うものを選んで決めることで生徒の学習への意欲や自主性を高めること、さらに、他学年や他のクラスの生徒と受講できることや、普段、授業を担当していない教員の授業を受講できるので、生徒同士や生徒と教員の交流の機会を広げることなどを目的としています。

使用テキスト

  • 英語:NEW CROWN(三省堂)
  • 数学:中学校数学(学校図書)
  • 国語:中学校国語(学校図書)
  • 理科:未来へひろがるサイエンス(啓林館)
  • 歴史:新しい社会 歴史(東京書籍)
  • 地理:新しい社会 地理(東京書籍)
  • 公民:新しい社会 公民(東京書籍)
  • 書写:中学書写(教育出版)
  • 地図:中学校社会科地図(帝国出版)
  • 音楽:中学音楽 音楽のおくりもの(教育出版)
  • 器楽:中学器楽 音楽のおくりもの(教育出版)
  • 美術:美術(光村図書)
  • 保健:新・中学保健体育(学研教育)
  • 技術:新技術・家庭 技術分野(教育図書)
  • 家庭:新技術・家庭 家庭分野(教育図書)
  • 道徳:道徳 中学校(日本教科書)

慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部

慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部は慶応義塾唯一の中高一貫校です。
中等部1年生~高等部3年生までを1年生~6年生と呼んでいます。
授業は土曜日も含む週6日制の3学期制。担任2人制。

語学・情報教育を重視し、コミュニケーションツールとして英語や情報教育の授業に力を入れています。
英語は3年間、習熟度別クラスです。

5年次には第二外国語を設け、ドイツ語、フランス語など5言語から2年間選択(必修)です。

志望学部によりⅠ類(文系)、Ⅱ類(理系)に分かれます。

中等部使用テキスト

  • 英語:NEW CROWN(三省堂)
  • 数学:中学校数学(数研出版)
  • 国語:中学校国語(学校図書)
  • 理科:新しい科学(東京書籍)
  • 歴史:新中学校 歴史 日本の歴史と世界
  • 地理:新しい社会 地理(東京書籍)
  • 公民:新しい社会 公民(東京書籍)
  • 書写:中学書写(教育出版)
  • 地図:新編 新しい社会 地図(東京書籍)

慶応義塾高等学校

慶応義塾高等学校は前期と後期の2期制となっています。
1・2年次は必修科目のみを履修し、英語は1年次より習熟度別のクラス編成です。    
3年次には、選択科目を設け、各自のテーマに基づく「卒業研究」が必修。
第二外国語(選択必修)や慶応義塾大(経済・商学部)との高大一貫講座も受講できます。  

使用テキスト

  • 現国:現代の国語(筑摩書房)
  • 言文:言語文化(数研出版)
  • 地総:わたしたちの地理総合 世界から日本へ(二宮書店)
  • 地図:新詳高等地図(帝国書院)
  • 公共:公共(教育図書)
  • 数Ⅰ:数学Ⅰ(啓林館)
  • 数Ⅱ:数学Ⅱ(啓林館)
  • 数 A:数学 A(啓林館)
  • 生基:生物基礎(東京書籍)
  • 生物:改訂 生物(東京書籍)
  • 保体:現代高等保健体育(大修館書店)
  • 音Ⅰ:ON!1(音楽之友社)
  • 美Ⅰ:高校生の美術(日本文教出版)
  • コⅠ:ELEMENT English CommunicationⅠ(啓林館)
  • 情Ⅰ:情報Ⅰ Step Forward!(東京書籍)                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   

慶応義塾志木高等学校

慶応義塾志木高等学校では1年を通して単一学期としていますが、学習指導などでの便宜上第1回定期試験までを「1期」、以後第2回定期試験までを「2期」、年度最終授業日までを「3期」と呼ぶ習慣があります。

土曜日も含む週6日制、34時間授業です。
授業は50分×6時限(土は4時限)です。

第3学年次になると当校最大の特色である「自由選択科目」があります。
自分の興味や関心、進路に合わせて5科目10単位を選択することができます。
例年20を超える講座が開講されており、時には大学レベルにも及ぶ講義や演習、実験、プログラミングや作品の制作、合唱など、バラエティに富んだ授業が展開されています。

98%以上の生徒が慶応義塾大学に進学しています。
ほとんどの生徒が高入なので、新しい友達とすぐに仲良くなります。

慶応義塾女子高等学校

慶應義塾女子高等学校は3学期制となっています。
土曜日も含む週6日制、34時間授業です。
授業は50分×6時限(土は4時限)です。

2年次から多彩な科目が選択可能です。
自由選択科目は、国語演習、情報演習、数学演習、英語演習、書道、体育演習など約40を数えます。
外国語では、フランス語、ドイツ語、中国語を学べます。

特色ある教育として、小説を執筆する「80枚創作」や漢詩を暗誦する「長恨歌暗誦」など、日本語力を高める課題があります。

使用テキスト

  • 国総:国語総合 現代文編(東京書籍)・国語総合 古典編(東京書籍)
  • 世B :諸説世界史 改訂版(山川出版社)
  • 現社:高校現代社会 新訂版(実教出版)
  • 数Ⅰ:数学Ⅰ改訂版(啓林館)
  • 数Ⅱ:数学Ⅱ改訂版(啓林館)
  • 数A :数学A 改訂版(啓林館)
  • 化基:改訂 新編化学基礎(東京書籍)
  • 生基:改訂 新編生物基礎(東京書籍)
  • 音Ⅰ:MOUSA1(教育芸術社)
  • 美Ⅰ:高校生の美術(日本文教出版)
  • コⅠ:CROWN English CommunicationⅠ New Edition(三省堂)
  • 表Ⅰ:UNICORN English ExpressionⅠ(文英堂)
  • 英会:ATLANTIS English Expression1(チアーズ)
  • 家総:家庭総合 自立・共生・創造(東京書籍)
  • 社情:高校社会と情報 新訂版(実教出版)

アクセスと施設

慶応義塾普通部

校舎は東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉駅から徒歩5分の場所にあり、アクセスは良好です。
2015年に完成した新本校舎の2,3階には2,3年生の普通教室や、分割授業に使用できる教室も12室設置されています。
1階には特別教室が並んでいます。
複数の教室にはWi-Fi環境も整っているので、さまざまな教科で多彩な学習形態が可能です。

各教室のほか、目路はるかホール・目路はるかホール・メディアライブラリー・食堂・保健室・購買・体育館・小体育館・弓道場・グラウンド・第2グラウンド・テニスコート・農園・部室棟・ギャラリーなど、充実した施設環境が見られます。

目路はるかホールは可動式客席250席を持つ、落ち着いた雰囲気の多目的ホールです。
講演会やコンサート、生徒の演劇公演、保護者会など、さまざまなシーンで使用されています。

また、メディア・ライブラリーは開架式の書架とゆったりとした学習スペース、豊富な雑誌・新聞・映画や音楽を楽しめるAVブース、コンピューターなど、普通部生の読書と自学自習のための環境が整えられています。

慶応義塾中等部

校舎はJR 田町駅から徒歩約15分、都営地下鉄 三田駅から徒歩約15分、赤羽橋駅徒歩約25分、東京メトロ 麻布十番駅から徒歩15分、都営地下鉄・東京メトロ 白銀高輪駅より徒歩約15分とアクセス方法が多彩です。

中等部は都心に位置する学校ですので、敷地面では決して恵まれているとはいえないものの、少しずつ施設を増やし、学習環境を整えて来ました。
普通教室棟の本館と新館・特別教室棟・体育館・小体育館・プール・綱町グラウンド・ポプラ館・FUTURE館・新体育館と素晴らしい施設環境です。

ポプラ館は地上3階、地下1階からなる特別教室棟で1990年に完成しました。
1階に家庭科教室・準備室・小教室
2階に音楽室・準備室・小教室
3階にCAV室(コンピューター・オーディオビュジュアル)・準備室・小教室があります。
地下1階は倉庫とトイレです。

また、FUTURE館は「歴史と記憶の伝承」「未来への飛躍」をコンセプトに2000年に完成した建物です。
全てにAV機器を備え付け、さまざまな用途に対応できる教室が4室あります。

さらにアリーナ・中体育室・小体育室・多目的コート・プール・和室・2つのセミナールームを備えた新体育館が2011年に竣工しました。

慶応義塾湘南藤沢中等部・高等部

校舎は小田急江ノ島線・相鉄いずみ野線・横浜市営地下鉄 湘南台駅より慶応大学行バスで終点の「慶応中高等部前」まで15分
JR 辻堂駅より慶応大学行バスで終点の「慶応中高降車場」まで21分です。

施設としては本館・共用棟・南校舎・西校舎からなり、教室棟・AVC教室(コンピューター教室)・図書館・慶湘庵(茶室)・理科室・150番教室・美術室・陶芸窯・第1~第3体育館・弓道場・第1、第2グラウンド・プール・武道場など、充実した施設環境です。

AVC教室(コンピューター教室)は2つあり、ともに最新設備が整っています。
生徒は授業以外にも、自由に利用できます。

また、150番教室は1学年240人が入ることができる大教室です。
学年集会や代表委員会などがここで行われます。
慶応義塾150年を記念して名付けられました。

さらに、体育館は3つあり、第一体育館ではバスケットボールやバレーボールが行われます。
第二体育館は、体操やフェンシングが行われます。
第三体育館は、自然光が入る造りとなっており、明るく開放的です。
バスケットボールやバレーボールが行われます。

慶応義塾高等学校

東急東横線・東急目黒線・横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅より徒歩5分の場所にあり、アクセスは良好です。

施設は第一校舎・特別教室A棟・特別教室B棟・日吉協育棟・食堂棟・日吉台野球場・アメリカンフットボール場・蝮谷体育館・バレーボールコート・南側グラウンド・日吉会堂・柔道場など、充実した施設が揃っています。

日吉協育棟は12万冊の蔵書がある図書室を中心に、3つのラウンジとアーカイブのスペースのほか、トレーニングルーム、和室、ホールなどがあります。
4階には座席数375席の日吉協育ホールがあります。

食堂は豊富なメニューで下宿をしている生徒も栄養補給ができます。

また、日吉会堂はバスケットボールやバレーボールなどのクラブや体育の授業が行われます。
日吉会堂で行われる日吉祭最終日の後夜祭は最大のイベントです。

慶応義塾志木高等学校

東武東上線志木駅東口より徒歩7分と非常に好立地な場所にある学校です。
施設は管理棟・普通教室棟・理科系特別教室棟・文科系特別教室棟・メディア棟・特別教室棟・図書館・体育館兼講堂・食堂や売店・柔道場・剣道場・去来舎・屋外温水プール・有朋舎・陽光舎・硬式テニスコート・実習農園・野球場・ホッケー場・ラグビー場・弓道場・ソフトテニスコートなど充実した施設の数々です。

メディア棟の2階にはインターネットに接続したPC教室があり、情報の授業や調べ学習で使用されています。
休み時間や放課後は、課題やレポート、調べ物をする生徒たちで賑わっています。

また、図書館の蔵書は現在50,000冊、分類整理は行き届いています。
オンライン目録も完備されており、映画のDVDを見ることもできます。

さらに、去来舎は2001年にメディア棟とともに竣工されました。
トレーニングルーム・和室・大浴場・シャワー・宿泊室・音楽練習室があります。

慶応義塾女子高等学校

校舎はJR 田町駅より徒歩10分、都営地下鉄三田駅より徒歩8分、東京メトロ・都営地下鉄白銀高輪駅より徒歩10分、東京メトロ・都営地下鉄麻布十番駅より徒歩20分、都営地下鉄赤羽橋駅より徒歩20分と非常に便利で多彩なアクセスです。

施設は日本庭園・保健室 カウンセリングルーム・食堂ホール・談話室・洗面所・体育館・茶室・図書室・体育施設になっている屋上・コンピューター室など充実した施設環境です。

保健室 カウンセリングルームには慶応義塾大学保健管理センターなどの医師が勤務しています。
また、メニューやデザートも豊富な食堂ホール、いつでも自由に先生や生徒が団欒できる談話室などがあります。

慶応義塾大学付属校のメリット

センター試験が大学入学共通テストに変更されて、ますます付属校の人気が増しています。
進学に当たってのメリットを見ていきましょう。

大学進学がスムーズに進む

これが一番のメリットなりますが、「大学受験なしで進学できること」です。
入試形式が不透明の時代だからこそ、大きな安心感が得られます。
もちろん中学・高校に真面目に通わなければなりませんが、よほど大きな問題がない限りエスカレーター式に入学できます。

高校生活を自分の好きなことに費やせる

大学には、エスカレーター式で進学できるので、受験勉強に時間を費やす必要がありません。
そのため、自分のやりたいことに時間を割くことができます。

部活に打ち込んだり、趣味に没頭したり、好きな勉強をするのも良いでしょう。
とにかく自分の好きなものに没頭できます。

個性的な授業が受けられる

付属高校では、受験のための勉強は不要なので、大学に近い感覚でその先生の専門分野を教えてもらうことができます。

慶応義塾大学付属校に向いている人

最後に慶応義塾大学付属校に向いている人の特徴を紹介します。
以下に当てはまるようであれば、受験を検討してみましょう。

自分のやりたいことがある人

まずは自分のやりたいことがある人です。
慶応義塾大学付属校に入学すれば、基本的には学校の授業と定期テストの試験勉強をこなせば、大学はエスカレーター式で入れますので、
受験のための勉強をする時間は不要です。

中高の6年間を趣味に没頭しても、資格取得のための勉強をするにしても非常に良い環境です。

部活動に力を入れたい人

二つ目は部活動に力を入れたい人です。
運動系の部活動や、吹奏楽部などに力をさきたい人です。
慶応義塾大学付属校であれば、受験がありませんので、2年終了とともに引退などということもなく3年生になっても部活に参加しています。
中には3年生の最後まで部活をしている人もいます。

学習の負担が他の進学校と比較して軽めですから、その分の時間を部活動に費やすことができるのは大きなメリットですね。

まとめ

今回は慶応義塾大学付属校の概要と特色についてまとめました。
いかがでしたでしょうか。
まずは、付属校に向いているかどうか、数ある慶応義塾大学の付属校の中でどこが向いているのか、今回の記事を参考にして志望校選びにお役立てください。

「さくらOne個別指導塾」では、内部進学専門コースを用意し、生徒様が通う学校に合った授業をお組みし内部進学対策を行っています。また日頃の授業のサポートや、定期試験対策など、その時に合った授業に自由に変更することもできます。
社会人プロ講師がマンツーマンで教える「さくらOne個別指導塾」をぜひ一度ご検討ください。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください