東海大学付属甲府高等学校の特色と内部進学対策(基礎学力定着度試験対策)

東海大学の付属高校は全国に複数開校されており、首都圏だけでも3つ以上の高校があります。東海大学は対策すれば比較的入りやすく、学部学科や募集人数も多いことから、人気の大学と言えます。

また東海大学を目指すにあたり、付属校に入り内部進学で東海大学への進学を考えている生徒様や保護者様は多いのではないでしょうか?

今回は東海大学の中でも東海大学甲府高等学校の特色と、東海大学への内部進学の概要と対策をご紹介させて頂ければと思います。

東海大学甲府高等学校の特色

学校アクセス

〒400-0063 山梨県甲府市金竹町1-1
TEL:055-227-1111(代)/FAX:055-227-1112

甲府駅南口から山梨交通バス「東海高校」バス停下車

建学の精神

創立者松前重義の建学の精神を表す「四つの言葉」

『若き日に汝の思想を培え』

『若き日に汝の体躯を養え』

『若き日に汝の智能を磨け』

『若き日に汝の希望を星につなげ』

ここでは、身体を鍛え、智能を磨くとともに、人間、社会、自然、歴史、世界等に対する幅広い視野をもって、一人ひとりが人生の基盤となる思想を培い、人生の意識について共に考えつつ希望の星に向かって生きていこうと語りかけています。

学習指導

3つのコース制

めざす進路に応じて、特進コースA(advanced)・特進コースB(Balanced)・総合進学コースの3つのコースがあります。

学園オリンピックへの参加

全付属高校が参加し、9つの部門で発想力・応用力・創造力などを競い合います。

ヨーロッパ研修

東海大学の付属高等学校生徒を対象に、ヨーロッパの歴史や文化、生活に触れることを目的に、冬休み中の約10日間、研修旅行をおこないます。

ハワイ中期留学(SHIP)

東海大学および進学予定の3年生を対象に、約2ヶ月間、ハワイ東海インターナショナルカレッジ(HTIC)のキャンパスで4つの技能(読む、聞く、話す、書く)と学習スキルを研究します。

3つのコース

特進コースA(advanced)

切磋琢磨できる環境で、東海大学難関学部や国公立大学などへの現役合格を目指す。

カリキュラム

特進コースB(balanced)

部活動も頑張りながら東海大学難関学部や他大学への進学を目指す。

総合進学コース

総合進学系・・・・・人間力を育み未来に向けて幅広い進学希望先を目指す

スポーツ健康系・・・スポーツと健康から生涯を考えて進学希望先を目指す

クラブ活動

運動部

(全13クラブ) :野球、サッカー、ソフトボール、陸上、柔道、剣道、テニス、女子バレーボール、男子バスケットボール、女子バスケットボール、ラグビー、バドミントン、アーチェリー

文化部

(全5クラブ):吹奏楽、写真、美術、日本文化、チアダンス

同好会

(全7クラブ):卓球、男子バレーボール、パソコン、新現代舞踏、家庭科、茶道、自然科学

卒業後の進路

2020年度の進路では全262名の内、83名(約32%)が内部進学を選択、短大・専門含む進学を選択したのは234名で全体の約89%となりました。内部進学に限らず、他大学や専門への進路選択をしている方が多い印象です。

2020年度進路先

引用:東海大学甲府高等学校 公式HP

主な進学先

  • 静岡県立大学
  • 信州大学
  • 都留文科大学
  • 早稲田大学
  • 同志社大学
  • 青山学院大学
  • 法政大学
  • 日本大学
  • 拓殖大学
  • 横浜薬科大学
  • 健康科学大学
  • 山梨学院大学 など

東海大学甲府高等学校の内部進学対策

東海大学甲府高等学校に在籍する生徒は、卒業生の進学状況からもお分かりの様に、他大学への挑戦を考える生徒が多いのも事実です。しかし内部進学にて東海大学を目指す生徒も少なくありません。

いずれも自分が希望している進路を勝ち取る為にも、対策が必要となってきます。

内部進学状況

引用:東海大学甲府高等学校 公式HP

内部進学の仕組み

主に学校での成績と基礎学力定着度試験で決まります。上記の通り進学は高い確率で出来ますが、人気学部への進学を希望するとなると一定のラインを超える必要があります。約5000名の全国の東海大付属生に対し30%以上、医学部希望は上位100位以内が目安とされています。

基礎学力定着度試験とは?

基礎学力定着度試験とは、各学年の4月に行われる試験で、2年と3年の結果が内部進学に反映されます。特に3年の定着度試験の結果は大きく、学校での成績以上に重要視されます。

文系理系に関わらず5教科で行われ、しっかりと基礎を抑えていれば得点できる内容となっております。また出題傾向もあるため、日頃の基礎固めと出題傾向を把握しておくことが、東海大学基礎学力定着度試験の一番の対策となります。

オンライン個別指導塾のさくらOne個別指導塾

日頃の基礎固めと出題傾向を把握しておくことと言ってもなかなか一人で対策するのは難しい思います。また学習習慣をつけるには学習環境を変える必要も出てきます。

「家庭での学習方法が分からない!」や「基礎学力定着度試験の出題傾向をしりたい!」という方は一度個別指導塾にご相談することをおすすめいたします。

特に東海大学への内部進学を専門に扱っている個別指導塾は多くの内部進学情報・指導ノウハウをもっているので、日々の学習指導を通しながら基礎学力定着度試験でしっかり得点できる力を養うことが可能です。

近くに内部進学専門指導塾がない場合は是非、オンライン個別指導も視野に入れてみてください。

弊社さくらOne個別指導塾では、東海大学内部進学コースを用意しており多くの合格者を輩出しております。5科目すべてで指導可能で、生徒様の学習進度に応じて、対策する学校の変更をいつでも行うことが出来ます。オンラインでの指導も行っており、対面授業と変わらないクオリティーの授業をご提供いたします。

内部進学に不安がある方は早い段階で是非ご相談下さい。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

参考サイト

https://www.kofu.tokai.ed.jp/

https://www.school-able.com/tokai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください