日本大学東北高等学校の特色と内部進学対策(基礎学力到達度テスト対策)

数ある大学の中で、日本大学と言えばかなりの規模をもつ人気の大学です。学部数も文系から理系まで豊富にあり、学びの宝庫と言っても過言ではありません。

日本大学で是非学びたいという生徒さんには、内部進学制度のある付属高校がおススメです。

今回はその一校でもある、日本大学東北高等学校(福島県郡山市)の学校紹介を中心に、大学内部進学の実情や対策について解説していきたいと思います。

学校の特色

校訓

日本大学が掲げる教育憲章に基づいた「自主創造」の精神

この教育理念と目的に基づき、教育方針を掲げています。

  • 忠恕の心:まごころと思いやり
  • 自主創造:自主性、広い世界視野、心豊かな己の創造
  • 真剣力行:強い意志と目的に向かい全力を尽くすこと

この3つの校訓を主体とし、日本大学マインドを有する者を育てていくことを目指しています。

日本大学マインド

・日本の特質を理解し伝える力

・多様な価値を受容し、自己の立場・役割を認識する力

・社会に貢献する姿勢

自国と自己理解、他者を認め共感する感性を育てる。様々な方面や分野において将来を担い、社会に貢献する姿勢を身につけるため、学校や教師が一体となり生徒たちを教育していく。日大東北高校での学びは、そのような点でも素晴らしい環境と言えるでしょう。

教育体制

  • アクティブラーニングの取り組み

*All Englishの授業:英語力・主体性・積極性の3つの力を強化

*海外研修:英語圏を中心に異国文化の理解を深める

  • ICTカリキュラム:スキルの高い授業提供やその他の活用

*学校や自宅での学習ツール:オンライン授業、自習活用、コミュニケーション等

(タブレットは生徒全員に貸与されるため、経済的負担がないのがありがたいですね。)

  • 優れた学び舎

*クラスルームや特別教室、自主スペースなどの充実:学習意欲をかき立てる環境

*人工芝運動場、室内運動場など身体を作るにも素晴らしい施設が充実

*225席の広い学食:安くておいしい、栄養満点のメニューが豊富 など

カリキュラム(コース制)

入学時より2コースに分かれ、3年後の希望する進路を目指します。

  • Iコース(進学コース)

主な進路先:日本大学(医学部以外)・他私立大学・専門学校

併設の日本大学進学希望者に最適なコースで、現役で230名近くの生徒が合格。

うち180名強は付属枠で合格をし、日大の合格率は他の高校に群を抜いています。

特徴

*日大進学対応の徹底した授業(2年次より志望学部や学科の選択)

*日大各学部の先生による説明やアドバイスを受けられる

*日大以外の私大対策や専門学校進学にもしっかり対応できる授業

*ティームティーチング、英語表現・数学の少人数制など習熟度別授業

*フォローアップの徹底(3科目を中心に生徒の理解度に合わせて対応)

  • Ⅱコース(特別進学コース)

主な進路先:日本大学医学部・国公立大学

国公立大学に多数合格者を出しています。入学と同時に次なる難関進路にむけてのカリキュラムにのっとり、確実な合格対策をしっかり身につけられます。

特徴

*主要5科目徹底授業:週35時間に加え、4時間の特別指導の授業(以下)が展開

*特別指導内容:1年次(主要3科目)、2・3年次(3科+地歴公民+理科)

*英語表現・数学のティームティーチング授業(1年次)

*理系クラス数学コース分割で実力を更にアップ(3年次)

*8時間耐久自学(気力や集中力を強化する長期休暇期間中の自学自習プログラム)

高大一貫教育とロハスクラス

日大東北高校は、日大工学部同キャンパス内にあるため特に縁が深く、

様々な大学講義「オープン講座」を受講出来るチャンスに恵まれています。

(テーマ例)水資源と環境、人口知能(AI)入門やユニバーサルデザインと生活環境 等

現在注目される数々のテーマに直接触れることで、進路選択にも大変役立ちます。

工学部との高大連携探究活動の中で、令和3年度より新設された「ロハスクラス」在学中に工学部の専門内容に触れ、単位修得も可能になります。

研究・行事・体験

年間行事や大学のオープン講座、文化講演会など。

机上の学習のみならず、様々な分野に触れることで視野や思考力を高める機会を持ちます。

例)

*文化祭・体育祭

*球技大会や野球応援などスポーツに触れあう行事

*オーストラリア英語圏への語学研修 

*クリスマスフェスタ等の季節行事

クラブ活動

運動部・文化部共に、学年の垣根を超え青春を謳歌しています。

野球部は2021年夏の甲子園へ18年ぶりの出場を果たしました。

その他のクラブにおいてもインターハイ出場や国体出場など素晴らしい成績をおさめ、

まさに文武両道を極める学校です。

卒業後の進路状況(例:令和2年度)

*現役進学率:94%

*第一志望合格:71%

*進路満足度:93%→卒業生のほぼ全員が満足のいく結果を出しています。

(合格内訳(若干の過年度生を含む)

日本大学:163(以下別項目にて詳細をご紹介します)

*他大学(私立):277名

*国公立大学:46名

その他、指定校推薦枠による進学や専門学校にも多数合格

学校アクセス

・郡山駅よりバス15分(日本大学バス下車)

・安積永盛駅より徒歩15分

制服

男子:(冬服)ブレザー・青ワイシャツ・ネクタイ・スラックス

(夏服) 青ワイシャツ・スラックス

女子:(冬服)ブレザー・リボン・チェックまたは紺スカート

(夏服)ワイシャツまたはセーラータイプシャツ・チェックまたは白ラインスカート

*ネクタイとリボンは3色(エンジ・緑・青)入学時の色を着用

*セーターやカーディガンは紺またはグレイ(男女兼用)

*通学鞄は、学校指定の手提げタイプかリュックサック

日本大学内部進学と基礎学力到達度テスト

日大東北高校へ入学を希望される生徒の多くは、併設の日本大学への進学を目指します。

もちろん国公立大学や他私立大学、また将来希望する職業へ着くために専門学校に進む生徒もいます。

内部進学状況等

全国にある日大付属校(26校)の生徒が日本大学へ内部進学をしていますが、学校によりその割合は異なります。

  • 内部進学率

令和2年度の場合、日本大学現役合格163名のうち152名(93%)がそれにあたる

  • 各学部への合格学部

・生物資源科学部(獣医学科)・文理・法・商・経済・理工・工学 他

日本大学内部進学に有利な付属推薦

3つの制度

1.A方式:3年間の成績・基礎学力到達度テストの成績

2.B方式:3年間の成績+部活動などを含めた特別活動

3.国公立併願方式:3年間の成績+基礎学力到達度テストの成績

3は、日本大学に推薦合格した場合でも、国公立大の合否まで入学資格の保留が可能。

ただし国公立不合格の場合は、合格した日本大学へ必ず入学することが条件となります。

基礎学力到達度テストとは?

付属校だからと言って、何もせずに楽に日本大学へ進学できるわけではありません。

この基礎学力到達度テストという日大付属高校独自のテストを、付属高校の生徒の全てが受けなければなりません。

そこでの成績や順位によって内部進学できるかどうかが決定されます。

つまり、この基礎学力到達度テストでいかに好成績をとるかが非常に重要となります。

難易度など

センター試験の難易度が基準となっているため、基礎的な内容をしっかりと身につけておくことは言うまでもありません。

解答はマークシート方式となっています。

オンライン個別指導塾のすすめ

学校の授業内容を定着させるといっても、自分で行うのは難しいという生徒も多いのではないでしょうか。

「家庭での学習方法が分からない」や「今行っている勉強の進め方が正しいか分からない」という方は一度個別指導塾にご相談することをおすすめいたします。

特に日大の内部進学を専門に扱っている個別指導塾は多くの内部進学情報・指導ノウハウをもっているので、日々の学習指導を通しながら基礎学力到達度テストでしっかり得点できる力を養うことが可能です。

近くに内部進学専門指導塾がない場合は是非、オンライン個別指導も視野に入れてみてください。

さくらOne個別指導塾では日大内部進学コースを用意しており多くの合格者を輩出しております。オンラインでの指導も行っており、対面授業と変わらないクオリティーの授業をご提供いたします。

内部進学に不安がある方は早い段階で是非ご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください