東海大学付属札幌高等学校の特色と内部進学対策(基礎学力定着度試験対策)

今回ご紹介する学校は、東海大学付属札幌高等学校(北海道札幌市)です。

1964年に東海大学第四高等学校として開校し、2016年に現在の東海大学付属札幌高校に校名を変更。また校舎を移転、新設した本校。

東海大学の付属高校は、全国に14校あります。

東海大学は多数の学部や学科を揃え、幅広い層の受験生から人気があります。東海大学の各付属高校は内部進学制度があり、進路としてとても魅力がありますね。

特に東海大学付属札幌高等学校では、希望者全員が東海大学へ進学でき、さらに他大学を目指すサポートを受けることも出来るのが強みです。

東海大学付属札幌高等学校の学校生活などのほか、大学内部進学の実情や対策についても解説していきたいと思います。

学校の特色

東海大札幌の4つのビジョン

① 希望の進路を実現するためのサポートを徹底します。

② 勉強と部活動を両立する環境を整えます。

③ 東海大学と連携した高大一貫教育を実施します。

④ キャリア教育や現代文明論などを通じて、これからの社会に必要とされる力を育てます。

2つのコース

特別進学コース

国公立大学・難関私立大学進学を目指す大学受験のためのコースです。
大学に合格するためだけでなく、大学入学後に役立つ「確かな学力」を身につけることを目標としています。

POINT.1 大学受験を見据えたカリキュラムと放課後講習の充実

国公立大学や難関私立大学に合格するためのカリキュラムを整備しています。週2日の7時間授業を行い、大学受験のための学力を着実につけていきます。また1,2年次は週3日の放課後講習を開講。3年次には12種類の講座によって大学受験に必要な学力を養います。部活動との両立を目指す生徒にもサポート体制を整えています。

POINT.2 東海大学への推薦も可能

東海大学の中でも難易度が高い医学部や工学部航空操縦学専攻(パイロット養成)への推薦も可能です。
受験を目指すクラスだからこそ大学入学後に必要な学力も身につけます。

総合進学コース

学習と部活動を両立させ、大学進学を目指すコースです。
本校では文化系、運動系を問わずたくさんの生徒が部活動に所属しています。
東海大学などへの推薦制度が整っているので、特別な受験勉強にとらわれることなく充実した高校生活を送ることができます。

POINT.1 社会で求められる学力の定着

東海大学オリジナルの「高校現代文明論」などでプレゼンテーション力や問題解決能力を養います。またライティング講座や小論文講座などでは論理的な文章表現力を身につけます。

POINT.2 部活動と学習の両立

「部活動で一流を目指しつつ、日々の学習に励む!」
部活動でもクラスでも仲間と高い目標を共有しながら学校生活を送ります。

POINT.3 充実した東海大学への推薦制度

23学部62学科という全国でも最大規模の学習環境を有する東海大学。東海大学への推薦制度は在校生全員が利用できます。高大一貫教育により身近に大学を感じながら勉強することができます。

東海大学との連携教育

東海大学のスケールメリットを活かし、東海大学と東海大学付属札幌高校はさまざまな形の高大一貫教育を展開しています。

例えば東海大学札幌キャンパスの先生方が本校で授業を行う「高大一貫講座」や全国の付属高校から選抜された高校生がセミナーを行う「学園オリンピック」など他にはないプログラムを準備しています。

研究・行事・体験

東海大札幌は行事がとても盛んです。

*炊事遠足

*スポーツ大会

*学園オリンピック(学園オリンピックとは、東海大学の各付属校生を対象にした教育プログラムです。大きく文化部門とスポーツ部門とに分かれます。)

*体育大会 など

クラブ活動

*運動部(14クラブ) :野球、サッカー、スキー、テニス等

*文化部(19クラブ):ディベート、吹奏楽、家庭科、美術、演劇等

東海大札幌高校は部活動も盛んで、強豪揃いです。多くのクラブが全国大会、全道大会に出場し、好成績を残しています。選手としても顧問としても実績を残した優れた指導者と全道屈指の充実した練習環境がよい結果につながっています。

卒業後の進路

  • 大学・短大進学率は80%以上(全国平均54.8%)
  • 専門学校を含んだ上級学校進学率は92%(全国平均71%)
  • 東海大学:他大学=50%:50%

本校はおよそ半分が東海大学、残り半分が他の進路先を選択します。東海大学へは希望者全員が東海大学へ進学することが可能です。さらに成績優秀な生徒には特別奨励推薦(25万円の奨学金が与えられます)、特別学力推薦・特別学力推薦など、多彩な推薦制度があります。

また東海大学以外を希望する生徒もたくさんいるので、特進コースを中心に充実した受験指導を実施する体制が整っています。つまり東海大学でも他大学でも多様な希望の進路に対応できるのが本校の強みです。

学校アクセス

地下鉄南北線真駒内駅よりバスで15分。

じょうてつバス

南96・環96 南沢線(環状線、東海大学前行き)
東海大学前下車 すぐ(中の沢先回りのほうが早く着きます)
南95 藻岩線(石山1条6丁目行き、硬石山行き)藻岩小学校前下車 徒歩15分

札幌駅よりじょうてつバス(石山通経由)

南55 藻岩線 硬石山 行き 藻岩小学校前下車 徒歩10分
7番・8番 定山渓・豊平峡温泉行き 藻南公園下車 徒歩15分

制服

東海大札幌では、四季に合わせたバリエーションを用意しています。

男子:(冬服)ブレザー・ワイシャツ・ネクタイ・スラックス

(夏服)ワイシャツまたはポロシャツ・ベスト・スラックス

女子:(冬服)ブレザー・ワイシャツ・リボン・プリーツスカート

(夏服)ワイシャツまたはポロシャツ・ベスト・スカート  

  • ポロシャツはネイビー・ピンク・ライトブルーがあり、好みや気候に合わせて選択できるようになっています。
  • 男子は赤のネクタイ、女子は赤のリボンとスカートを、正装とは別にオプションとして選ぶことができます。
  • 女子用のスラックスやネクタイもオプションとして用意してあります。

東海大学の「建学の精神」

東海大学の創立者松前重義は、青年時代に「人生いかに生きるべきか」について思い悩み、内村鑑三の研究会を訪ね、その思想に深く感銘を受けるようになりました。特にデンマークの教育による国づくりの歴史に啓発され、生涯を教育に捧げようと決意して「望星学塾」を開設しました。ここに東海大学の学園の原点があります。

創立者松前はこの「望星学塾」に次の四つの言葉を掲げました。

 若き日に汝の思想を培え
 若き日に汝の体軀を養え
 若き日に汝の智能を磨け
 若き日に汝の希望を星につなげ

ここでは、身体を鍛え、知能を磨くと共に、人間、社会、自然、歴史、世界などに対する幅広い視野をもって、一人ひとりが人生の基盤となる思想を培い、人生の意義について共に考えつつ希望の星に向かって生きていこうと語りかけています。

本学園は、このような創立者の精神を受け継ぎ、明日の歴史を担う強い使命感と豊かな人間性をもった人材を育てることにより、「調和のとれた文明社会を建設する」という理想を高く掲げ、歩み続けていきます。

東海大学内部進学と基礎学力定着度試験対策

本校から東海大学へは希望者全員が進学可能です。きめ細やかな進路指導を通じて、進路意識を高めて大学進学につなげていきます。他大学への受験も多く授業や講習などを通じて、生徒の学力向上をサポートしています。

内部進学状況等

東海大札幌高校は大学進学に向けてサポート体制が充実しています。大学進学率は9割を超え、生徒のうちおよそ5割が東海大学へ進学します。

東海大学へは希望者全員が進学可能です。さらに成績優秀な生徒には特別奨励推薦(25万円の奨学金が与えられます)、特別学力推薦・特別学力推薦など、多彩な推薦制度があります。

過去3ヵ年合計では、東海大学に328名の合格者を出している本校。

医学部、工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻、健康科学部看護学科等の人気学部のほか、国際文化学部、生物学部、体育学部、政治経済学部、法学部、工学部、情報通信学部、Hawaii Tokai International College など

一方、他大学では北海道大学や筑波大学などにも合格者を出しています。

内部進学の仕組み

内部進学で考慮されるのは、基礎学力定着度試験と高大連携総合試験の成績、学校の成績、です。

学園基礎学力定着度試験は1年、2年、3年の4月に行われます。内部進学に大きく関わるのは、2年と3年時の結果です。高大連携総合試験は、3年の11月に行われます。

学校の成績はそれほど考慮されず、3年で行われる学園基礎学力定着度試験の成績が重視されます。

学園基礎学力定着度試験とは?

学園基礎学力定着度試験は東海大学の付属校生全員(約5,000名)が受験する試験です。

科目は国・数・英・社・理の5教科。試験時間は50分、各100点のマークシート方式です。

出題難易度は基礎レベルとされ、高卒認定試験より難易度が高く、共通学力テストよりは難易度が低いという意見が多く聞かれます。つまり、学園基礎学力定着度試験は基本をしっかり身に着けること、出題傾向を抑えることが、高得点をとるポイントです。

東海大学の医学科、看護学科、航空操縦学専攻などの人気学部に進学するためには、約5,000人の生徒の中で、上位3割程度に入ることが必要と言われています。

さらに、東海大学の最難関の学部は医学部です。基礎学力定着度試験では約5,000人中の上位100番以内をマークする必要があり、さらなる高得点を目指す必要があると言えます。

オンライン個別指導塾のすすめ

このように東海大学付属福岡高等学校から東海大学に内部進学するには、基本的な問題をしっかりと抑える必要があります。また、医学部などの難関学部に進学するためには、高得点、上位をキープすることが大切です。

また、学校の授業内容をしっかりと定着させることが必要ですね。学校の進度にぴったりとあった個別の指導を受けることが望ましいでしょう。

そこでおすすめなのが、さくらOne個別指導塾です。

さくらOne個別指導塾は、社会人プロ講師が完全マンツーマンで個別指導を行うのが特長の塾です。
個別指導だからこそできるきめ細やかな対応で、丁寧なフィードバックや、個別指導塾ならではの志望校に特化した情報を提供します。

東海大学付属福岡高等学校に向けた受験対策ができるのはもちろん、社会人プロ講師によるマンツーマン指導により、疑問点を残さず着実に理解し実力をつけていくことができます。学校のスケジュールや個人の理解度に合わせて授業を行いますので、無理・無駄なく効率的に成績を上げることが可能です。

またさくらOne個別指導塾は東海大学付属校の内部進学情報・指導ノウハウをもっているので、日々の学習指導を通しながら基礎学力定着度試験でしっかり得点できる力を養うことが可能です。学力や入会時期に合わせ、個別にカリキュラムを設定いたします。

さらに、さくらOne個別指導塾はオンライン個別指導にも力を入れており、自宅にいながら全国の生徒の情報や、指導力のある授業、ノウハウが手に入ります。

無料体験も行っていますので、東海大学付属福岡高等学校を志望されている方は、ぜひ一度さくらOne個別指導塾までお問い合わせください。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

参考URL

東海大学付属札幌高等学校 (tokai.ed.jp)

東海大学付属札幌高等学校 – Wikipedia

東海大付属専門コース:さくらOne個別指導塾 (hachiojisakura.com)

東海大学付属浦安高校(千葉県)の評判 | みんなの高校情報 (minkou.jp)

東海大学 | 内部進学塾 schoolable (school-able.com)

東海大高輪台高校の内部進学情報(基礎学対策)|さくらOne個別指導塾 (hachiojisakura.com)

東海大学付属札幌高校(北海道)の評判 | みんなの高校情報 (minkou.jp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください