日本学園中学校の特色と内部進学対策

日本学園中学校の内部進学をお考えですか?それとも、進学のためのヒントや情報を探しているのでしょうか?

この記事では、日本学園中学校の特徴や進学に役立つ情報、おすすめの内部進学対策について解説していきます。

日本学園中学校の特色

日本学園中学校の特色や特徴について、詳しく紹介していきます。

学校アクセス

〒156-0043 東京都世田谷区松原2-7-34

TEL.03-3322-6331

京王線・京王井の頭線「明大前」駅より徒歩5分

小田急線「豪徳寺」駅より徒歩15分

京王線・東急世田谷線「下高井戸」駅より徒歩10分

教育方針

これからの社会で求められる3つの力

思考力

積極的な学習態度が必要であることは、以前から確立されています。どうすればこれを身につけることができるのでしょうか。

日本学園中学校は、新しいさまざまな学習体験に触れ、学ぶことに興味を持ち、目の前の問題をすべて自分で理解し解決しようとすることが有効だと考えています。

特に男の子は、自分の問題として捉えた問題には情熱を持って取り組む傾向があり、それがさらに、人の手を借りずに自分で答えを見つけようとする姿勢を後押ししています。

特に「創発学」は、既成の解決策ではなく、自ら考えて生み出す解決策を試みることで、問題解決のための認知能力を向上させるのに有効なプログラムです。

また、特定の分野を強化するために、「強化学習」や放課後の「モジュール講習」プログラムも用意されています。

創造力

日本学園中学校は、過去の常識にとらわれない発想と想像力を養い、未来に対応できる人間だけの力を育てることを主眼としています。

「創発学」をはじめ、生徒が熱心に取り組む体育祭や文化祭の企画を通じて、「調べる」「整える」「組み立てる」「つなげる」力を育んでいます。

表現力

自分とは異なる信念や習慣を持つ「他者」を理解し、自分のビジョンや考えを伝える能力を身につけることは大切です。

社会でどう生きるか、英語力をどう強化するかは、多くのフォーラムで注目されています。日本学園中学校は、英語力を高めると同時に、固有の言語能力、表現力、影響力を高めることが学習の基本であると考えています。

また、NGPでは日本文化を知り、留学ではその地域の文化に親しみます。様々な社会に触れ、学ぶことで、地域に根ざした広い視野と洞察力を身につけることを見込んでいます。

留学以外にも、外部の人との共同作業を通じて、自分自身を意識的に見つめ直すという選択肢もあり、将来の夢を描く上で非常に有益なイベントであると受け止めています。

教育内容

中高一貫コース

日本学園中学校は、6年間の一貫教育により、現代社会で活躍するために必要な能力を身につけることを第一に考えています。

この時期における選択が、今後数十年の人生を左右することを認識し、学力だけでなく、未来の世界を探求し、考察し、成長の機会を見出し、実現に向けて一歩踏み出すことができる能力を備えた人材を育成することを基本コンセプトとしています。

オリジナルノート「Daily lesson notes」を活用した学習

日本学園中学校の中学生は、課題とは別に1日1時間、学習に専念しています。これは、「デイリーレッスンノート」と呼ばれる独自のカリキュラムです。

英語も漢字も日々の雑感も、すべて同じページに書かれています。1年間で365時間、3年間で1,095時間の学習が必要です。

朝のテストや授業中の評価で学習状況を把握します。このような組織的な仕組みがあることで、学習者は勉強に取り組む姿勢を身につけることができます。

さらに、中学校の先生の指導があれば、不安な人でも安心して最後までやり遂げることができます。

確認テスト 

日本学園中学校の授業時間のテスト時期の午前中は、試験のために時間が割り当てられています。週に3日、英語の論文、数学の試験、漢字の試験が行われます。

しかし、これらのテストはすべて同じ日に受けられるわけではないので、じっくりと考える時間が必要なのです。ですから、テスト勉強をしないのは、宝くじを買うようなもので、結果はすぐ出ますが、何の知識にもならないことを、日頃から生徒たちにに指導しているようです。

さらに、テストを受ける前に試験の範囲を見極め、問題を解析することを促しています。また、テストが返却されたら、生徒たちは自分の間違いを確認することにも徹底しています。

日本語と英語で、答えられなかった問題を文章にまとめ、返却されたその日のうちに取り組んでいます。さらに、学年の成果を全クラス、全レベル、全中学校に報告し、互いに評価しあうスタイルをとっているのも特徴です。

学力のフォローアップ

年間を通じて5回の定期テストと5回の模擬試験を実施し、講師の評価により、生徒が得意な科目と不得意な科目を強化するために受講すべき科目が決定されます。

授業時間や授業形態は、学習者の要望に応じて変更される。男子生徒の意欲はどんどん高まっていくので、能力もさまざまです。これらの変換に注意を払っている担任と教科の教師で、彼らは速やかに生徒を刺激し、適切な。指示やアドバイスを行っています

このスタイルは、習熟度が発展途上の中学生に最適なものです。さらに、生徒の中には自分から授業を希望する者もいるようです。

生徒が思い立ったときに、積極的に行動できる環境が整っているのは言うまでもないでしょう。さらに、生徒が無理なく実力を伸ばせるよう、時間割と連動して無駄にならないよう、授業時間を編成しています。

日本学園中学校のオリジナルプログラム

創発学

創発学とは、理解可能な情報(創)を探求し、検討し、問いかけ、合成し、展示・描写することを奨励する学問です。

日本学園では、2003年秋から研究を始め、タイトルを含む完全オリジナル版のカリキュラムを作成し、2005年春に正式にスタートしました。

今の時代、このような能力を持った人材が必要とされています。教育や日常生活での相互参加を通じて、その資質を高めていけるのは理想的です。

中高6年間の英語プログラム

日本学園創価学園のCLPプログラムでは、英語と日本語の両方を強化することの意義が裏付けされています。これは、日本語教育による脳力の増強が、英語力の増強につながるという考えによるものです。

日本学園の英語教育は、日本語能力の確立を意識しながらも、英語にダイナミックかつ自律的に興味を持つようなプログラムになっています。

中学1年生は東京英語村、中学2年生は2泊3日のブリティッシュヒルズ、中学3年生は2週間のオーストラリアでのホームステイを実施しています。

また、海外留学を希望する生徒には、高校1年次から3カ月間の海外研修が用意されています。授業以外でも、ネイティブの教育者と日常生活を共にし、毎日英語を口語で使っています。

高校在学中に英検1級に合格した生徒もいます。日本学園の6年間の英語教育は、単に「英語を身につける」ことから、「英語で何を学び、何を考え、何を達成するか」へと導いてくれるでしょう。

あつき恵み教室

教育機関である校歌にちなんで名付けられた「あつき恵み教室」は、卒業生と保護者を学園に迎えて、希望する分野で活躍する人たちから直接話を聞くというイベントです。

現在のポジションやその職業を選んだ理由、その職業の先達の軌跡など、そのパターンは多岐にわたります。先輩の話を聞かせてもらうことで、将来の自分像を形成する動機付けを行っています。

研究論文制作・発表

15年後の自分の姿を思い描き、将来就きたい職業について調べ、論文にします。現在、自分の興味のある分野で活躍している外部の専門家との面談を設定し、問い合わせをすることがポイントです。

同じ分野で活躍している人の経験を聞くことで、目標に向かって積極的に行動することができ、自分の能力を磨くことができます。

日本学園中学校の内部進学

日本学園中学校の内部進学については、特に記載が公式サイトにありませんが、中高6年間を通して教育を受けられる中高一貫コースがあります。

中高一貫の教育スタイルにより、生徒の成長を促す環境を整え、批判的思考力や様々な状況に適応する力を養うことができます。さらに、生徒の可能性を最大限に引き出すための指導と体系的な学習指導を行っています。

中高一貫校であるため、学校の授業についていければ、大学受験まで中高一貫教育を受け続けることができます。中高一貫コースの会費は、一般的な中高一貫校の会費よりも安く、生徒の目標達成をサポートする全力でのサポートが期待できるでしょう。

また、定期的に進路セミナーや進路相談会を開催し、総合的に将来を見据えた進路選択を希望する生徒にも対応可能です。さらに、海外留学を希望する生徒のためのプログラムも利用できるようになっています。

日本学園中学校の内部進学対策

日本学園中学校での内部進学のためには、勉強に気を配り、その後の試験や評価を通して、学習内容をしっかりと把握することが大切です。

また、歌や絵、スポーツなど、個人の才能を伸ばし、学習を補う課外活動に参加し、学校生活を充実させることも必要です。

日本学園中学校では、通常授業終了後の追加指導も行っていますので、学力向上に専念し、実力を磨くために活用することができます。しかし、学校教育だけでは不安だという方は、日本学園中学校に詳しい家庭教師・塾に相談することをおすすめします。

計画的に勉強を進め、自分の力を試したいという生徒にとっては、非常に有益なことでしょう。学習塾や家庭教師を利用することで、生徒の進歩状況を評価し、生徒の特定の要求に応えるために授業内容を変更し、個人的なアドバイスやフィードバックをもらうことができます。

日本学園中学校の一貫教育についていける学力を身につけよう

結論として、日本学園中学校は、生徒が進学するために必要な環境を提供しています、ユニークでカスタマイズされた学習方法、革新的なカリキュラムと個別指導の組み合わせにより、生徒は高等教育機関への合格に必要なスキルと知識を身につけることができます。

手厚いサポートにより、勉強を最大限に活用し、次の学問的チャレンジに備えることが可能。また、日本学園中学校の内部進学対策を利用する生徒は、自分の教育目標に自信を持って臨むことができます。

日本学園中学校への入学を考えている人は、適切な対策を考慮することが重要です。質の高い教育環境、個別指導・少人数指導といったカリキュラムがある学習塾であれば、思い描く明るい未来を実現することができるでしょう。

弊社さくらOne個別指導塾は、社会人プロ講師が完全マンツーマンで生徒様にあった指導を行っております。学校別内部進学対策コースを多く設置しております。

その他テキスト対策や内部進学に有利な対策なども行っておりますので、内部進学対策をお考えの方はぜひ一度さくらOne個別指導塾で無料体験授業を体験してください!

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

参考サイト

日本学園中学校公式:https://www.nihongakuen.ed.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください