慶應義塾湘南藤沢中等部受験対策専門コースのご紹介

1vs1の完全マンツーマン指導

さくらOne個別指導塾は、講師と生徒様が1vs1で授業を行う「完全マンツーマン指導」で、志望校合格のサポートを行っております。

経験豊富な社会人プロ講師

さくらOne個別指導塾には、学生アルバイト講師は在籍しておりません。経験豊富な社会人プロ講師が授業を行っています。

専門性の高い指導

さくらOne個別指導塾は、学校別対策コースやテキスト別対策コースなど、多数の専門コースをご用意しております。

お問い合わせ

ご質問や面談希望など、お気軽にお問い合わせください!

受付時間:12:00~16:00 日曜・祝日を除く

慶應義塾湘南藤沢中等部の入試傾向と対策

それでは、慶應義塾湘南藤沢中等部の入試の算数・国語・理科・社会の4科目についてついて、具体的な問題傾向と対策方法をお伝えしていきます。どの試験科目に関しても、過去問題が役立ちますので、過去問題には必ずチャレンジしておきましょう。

算数の傾向と対策

数学は、試験時間が45分、配点は100点です。

算数の出題傾向


過去に出題された問題の傾向としては、後半に進むにつれて問題が難しくなっていきます。
出題分野としては、規則性や割合、速さ、図形の問題は頻出問題です。特に図形は、体積や面積、グラフなどとの融合問題として出題されることもあります。一方で、場合の数などは出題頻度はそれほど高くはありません。
割合の問題については、仕事算やニュートン算、食塩水など、中学入試ならではの問題が出題されるので注意が必要です。し

算数の対策

設問数が16~18問と、ひとつの問題にかけられる時間が短く、スピードと正確性が重視されます。頻出問題でもある食塩水の濃度などの割合に関する問題や速さ・道のり・時間に関する問題、立体の体積や表面積を求める問題は、他の問題に比べて正答率が低くなる傾向があるため、合否を分ける問題と言えます。これらの問題について十分に対策を行っていくとよいでしょう。
ひとつのミスが合否を分ける試験になるので、どの問題に対してどのくらい時間をかけるのかはあらかじめ過去問題の演習を通して、ある程度計画を立てておく必要があります。

国語の傾向と対策

国語も算数同様、試験時間が45分、配点は100点です。

国語の出題傾向

例年、知識問題1題、長文2題、課題作文1題という構成です。文章量が10000字程度と比較的多く、近年はさらに増加傾向にあります。
最近取り上げられた作品としては、辻村深月や幸田文など、中学入試ではおなじみの作家の作品が出題されています。
課題作文は、与えられるテーマが多岐にわたります。過去には、じゃんけんのルールの説明やオリンピックのソフトボール競技にあたり、自分が監督だったらどのように試合に臨むか、という問題が出題されました。

国語の対策

数学同様、時間との勝負になるでしょう。読解問題は、一般的な中学入試の出題形式やテーマだと言えるので、他校の練習問題なども活用しながら、速く正確に読解するよう意識しましょう。そのうえで、最後の課題作文にどれだけ時間を残し、完成度の高い文章を完成させられるかが合否を左右すると言えます。日頃から様々な話題について、100字~150字程度で、起承転結を意識しながら文章を書いてみる練習を積んでおきましょう。

理科の傾向と対策

理科の試験時間は25分間で、配点は50点です。

理科の出題傾向

物理、化学、生物、地学の各分野から出題されています。設問数が25問程度と、1問につき1分程度で解く必要があります。
選択形式の問題は基本的なものが多いですが、記述の問題は、高い思考力を求められていると言えるでしょう。
物理では力のつり合いやばねなどの力学、化学では水溶液などの物質の性質に関する問題、地学では天体や地層、生物では植物の仕組みについての問題が頻出です。

理科の対策

実験や観察に基づいて、実験の手順や器具の使い方に関するような知識を問う問題から、グラフを正確に読み取る問題など、物事を一連の流れとして捉えられるようにしておくとよいでしょう。また、図や表、グラフなどを正確に読み取る練習をしておくことをお勧めしておきます。

日頃から身の回りの様々な事象に目を向け、学習したことと関連付けられるように練習しておきましょう。

社会の傾向と対策

社会の試験時間は25分間で、配点は50点です。

社会の出題傾向

歴史、地理、公民、時事から、幅広く出題されていますが、歴史分野にやや重きが置かれているような構成です。
歴史の分野は、あるテーマに沿って、時代による変化や各時代の特徴が問われる傾向にあります。地理では、近年、地図やグラフの読み取り問題の出題が続いています。公民では時事問題と関連させた問題がよく出題されています。

社会の対策

歴史は、年号や出来事の概要だけを捉えるのではなく、一つの流れとして捉えるようにしましょう。また、資料集や教科書をよく読み込んでおくことは必須です。地理に関しては、各地域の産業的な特徴と地理的な特徴の両方をおさえましょう。また、公民分野や時事問題への対策としては、日頃から新聞を読んだり、ニュースを見るようにし、社会の動きを掴めるようにしましょう。

資料の読み取りは、リード文や設問の選択肢の文章からヒントを見抜く力をつけるように意識すると、より問題を解く制度を上げることができるでしょう。

関連記事

慶應義塾湘南藤沢中等部の入試問題傾向と対策

関連校

慶應義塾湘南藤沢高等部の入試問題傾向と対策

慶應義塾中等部の入試問題傾向と受験対策

慶應義塾志木高等学校の入試問題傾向と受験対策

定期テスト・内部進学対策コース

高大連携・中高一貫校の内部進学対策

中学受験対策コース

学校別難関中学校受験対策

高校受験コース

難関私立校・都立受験対策

大学受験コース

難関大学入試・推薦入試対策

その他多数の専門コース

その他、医学部対策や資格取得対策など、ご要望や目標、生徒様に合わせた授業をお組みすることが出来ます。お気軽にお問い合わせください!

夏期講習2024:完全マンツーマン個別指導塾さくらOne

社会人プロ講師の紹介

校舎アクセス

合格実績

さくらOne英会話教室

社会人プロ講師のマンツーマン指導の英会話教室

お問い合わせ

ご質問や面談希望など、お気軽にお問い合わせください!

受付時間:12:00~16:00 日曜・祝日を除く

情報発信ブログ