AKB48大島優子と斎藤和義の出身地での大学教育(1)

今、センター試験英語問題の分析をしていたのですが、ふと栃木の獨協医科大学で大学教員をしていたときが懐かしくなったので、深夜ですが久しぶりにブログを書いてみようと思いました。理化学研究所(今は小保方さんで有名になってしまいましたが、文部科学省管轄の日本でいちばんの研究機関です。)というところで脳の研究をしていた代表は、大学教員として獨協医科大学に赴任する事になりました。しかし。。。大学があるのは、栃木県壬生町という田舎町。初めて駅に降りたときは、人通りが少ないこともあって、ここは人がいるんだろうかと思いました^^そんな、町でしたが住めば都!自然豊かで、那須にも近く、宇都宮へも電車ですぐ。食べ物も安く美味しく、空気も綺麗。けっこう、極楽でした。さて、この壬生町おもちゃのまちはAKB48の大島優子さんと斉藤和義さんの出身地なんです。数年前まで、大島優子さんのお父様が働いていた寿司屋(居酒屋)もあり、繁盛していたそうです(獨協医科大学の学生の話)。よく通っていた、家の裏にあった料亭には斎藤和義さんがよく訪れるらしく、サインがたくさんありました。なんか、夜中に仕事をしていると、ふと昔のことが懐かしくなってしまいます。年なのかなあ?八王子市に塾を開校してまもないですが、高校受験生2人(都立高校)と大学受験生(国立)の受験対策を任せて頂き、寝る暇がありません^^しかし、私の授業で生徒の人生が変わると思うと手を抜けません。とりとめもない話しになっていまいましたが、私の昔話も少しずつしていこうかと思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください