早稲田実業(早実)の内部進学対策

さくらOne 早稲田実業専門塾。初等部、内部進学など希望に合わせて。

初等部内部進学対策

早実初等部での内部進学対策のポイントは日々の学校の授業です。難しい入学試験を勝ち抜いて初等部に入学したお子さんですので、日々の授業をきちんと理解して学習習慣をつけることで学力は大きく伸びます。

中等部内部進学対策

早実中等部での内部進学対策のポイントは早実独自の授業内容の理解です。先生独自のプリントや難易度の高い教科書/問題集を使った日々の授業をきちんと理解することで、定期テストでの目標を効率的に実現します。

高等部内部進学対策

早実高等部での内部進学対策のポイントは評定です。評定(内申書)は希望する学部への内部進学に直結していますので、日々の授業、定期テストの対策に加え一人独りの状況に合わせて評定を効率よくアップしていきます。

早稲田実業高校 内部進学対策のポイント

早稲田実業学校は、東京都国分寺市にある初等部から高等部まである早稲田大学の付属一貫校で、設立が1901年から100年以上ある伝統校です。早稲田実業高校は早稲田大学付属の名門高校であり早稲田大学への合格率は非常に高いことが知られていますが、早稲田実業高校へ入ったからといって、必ずしも全員が早稲田大学に行けるわけではありません。また、希望の学部に行くためには学校内で高い得点を取らなくてはなりません。とりわけ、政治経済学部や商学部は人気が高く早稲田実業高校内で高い内申点を取らなければ、その学部へ行くことはできません。

評定の仕組み

内部進学の学部決め等で考慮される評定の点数は

・これまでの成績(各年の評定×20)=600点満点

・高3の5月10月に開催される学力テスト=それぞれ300点満点

の合計1200点満点となっています。

 

学力テストと同じくらいに3年間の成績も大切になってくるので、試験直前になって頑張れば良いのではなく、普段からコツコツと積み重ねていくことがとても重要になります。

この点数が高い順に好きな学部に進学することが出来るので、その為には高い点数を獲得する必要があります。

政治経済学部・商学部・法学部が人気な学部なので、こちらの学部を狙っている人は、入学後も全く気を抜くことが出来ません。

 

各学部のボーダーライン

上記の通り、早稲田大学の人気学部へと進学するためには高得点を獲得する必要があります。希望学部は第5希望まで提出することができますが、やはり第1希望の学部に進学したいですよね。

早稲田大学の人気学部のボーダーはそれぞれ以下の通りです。

 

・政治経済学部:約950点

・商学部:約750点

・社会科学部:約620点

・文学部、文化構想学部、教育学部、法学部はいずれもこれらよりもやや低め

・人間科学部・スポーツ科学部:定員割れ。入れない人はほとんどおらず、希望者以外の進学はほとんど無い

 

やはり、政治経済学部は早稲田大学の看板学部ともいえるので、飛びぬけてボーダーラインが高いです。

また、政治経済学部や国際教養学部を志望している人は、TOEFL ITPで480点を取得する必要があります。レベル的には英検2級か少しそれより上くらいなので、早稲田大学の政治経済学部に進学したいと考えている人であれば、持っていて当然と言えるレベルの英語力でしょう。

実際に早稲田実業を卒業した人たちの声を見てみると、合計で1000点を超えれば学部が選び放題になる、というものもありました。

詳しくはコチラの記事から↓

早稲田実業の関連記事

早稲田実業高等部の内部進学の基準は?学力テスト(学テ)についても解説!

評定1200点の内訳や、学部ボーダー基準など解説しています。

早稲田実業学校初等部の内部進学情報と内部進学対策について

初等部の特色や、進学先などを解説しています。

授業内容とスケジュール

早稲田実業の独特な授業に合わせた効果的な授業内容

早稲田実業では、先生独自のプリントや、難易度の高い教科書や問題集を使った授業が特徴的です。早稲田実業での内部進学対策のポイントはこのような難易度の高い授業の理解とそれらを元に出題される定期テストへの対策が重要です。

授業 / 定期テスト対策

  • 先生が独自に作成したプリント対策
    • 定期テストではこれらのプリントや授業内容を基に出題されます。
  • 英語
    • New Treasure対策
  • 数学:
    • 新Aclass問題集対策、A級中学数学問題集対策、新中学問題集発展編対策、数学体系問題集代数対策、チャート式体系問題集幾何対策
  • 社会
    • 新演習対策

小テスト対策

宿題サポート

英検対策

  • 英検対策:3級・準2級・2級・準1級等内部進学に必要な英検対策

無理のない効率的な学習スケジュール

  • 学校のスケジュールに合わせて授業を展開していきます。
    学校の授業と連動しているので、無理・無駄なく効率的に成績を上げることができます。

さくらOne 早稲田実業内部進学専門コースのご紹介

内部進学対策のポイント

内部進学対策のポイントは内申点です。したがって、定期テスト対策をメインで行う必要があります。早稲田実業のような一貫校は先取り授業が多いので、学校の授業に置いて行かれないようにプロ講師が1人1人に合ったカリキュラムで指導します。

豊富な指導合格実績

さくらOneは早稲田実業をはじめとして有名一貫校の内部進学指導にプロ講師の個別指導ならではの豊富な実績があります。

  • 早稲田実業
  • 明大中野八王子
  • 中大付属など

安心の授業料

さくらOne 早稲田実業専門コースでは完全個別指導を安心の低価格で公開・提供しています。
リーズナブルな料金でプロの個別指導講師の指導をお子さまの目標を実現するまで安心して続けることが出来ます

さくらOne個別指導塾 国分寺校(早稲田実業 最寄りの校舎)

〒185-0021

東京都国分寺市南町2丁目18-36 殿ヶ谷戸パークハイツ2F203号

JR中央線「国分寺駅」から徒歩4分

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

早稲田実業学校初等部の特色、進学先

まずは早稲田実業学校初等部の基本データについて表にまとめました。

児童数

648(2021年4月)

教員数

44(非常勤講師を含む)

校長

森国 吉雄

所在地

〒185-8506 東京都国分寺市本町1-2-1

交通

JR国分寺駅・西武線国分寺駅 北口より徒歩7分

電話

042-300-2171(代表)

FAX

042-300-2175

早稲田実業学校初等部の特色

早稲田実業学校初等部では、大学までの一貫教育のなかで初等部を基礎力をつける重要な6年間と位置づけ次のような教育方針を掲げています。

1.男女共学により、両性の相互理解に基づく人間性豊かな児童を育成する。

2.一人ひとりの児童を尊重し、それぞれが持っている個性の芽を伸ばす。

3.身体を鍛え、豊かな心を養い、確かな学力を身につける。

4.自ら学び、自ら考え、自ら創り出し、自ら表現する力を育てる。

5.国際社会に生きる人間としての資質・能力の基礎をつくる。

これらにより自主独立の気風にあふれ広く社会に貢献できる人間を育むことを目指しています。

手を使った創造力の育成

現代は便利な世の中になり、実際に手を動かして何かをすることが減ってきました。

そこで早稲田実業学校初等部では「実際に手を動かしてものを作る」ことに重きをおいて物の本質を見抜き創作意欲を芽生えさせる教育を行っています。

また、詩や作文、美術や音楽といった創作活動も同様の考え方から力を入れており、個性を伸ばしながら自主性や創造性を高めていきます。

野外活動を通じて、発見力・表現力を育てる

早稲田実業学校初等部では、積極的に野外活動を行いからだと心を鍛えると同時に自然から様々な事柄を発見し、表現する力を身につける教育を行っています。

低学年から身近な自然に出会い、視覚・嗅覚・触覚・聴覚、そして時には味覚も使うことで児童たちはあらゆる驚きや発見をします。

そして、各々が見つけたことをまとめ、発表することで多くの事実を学び、自然の本質に迫っていきます。

こうすることにより、自然科学の学習にとどまらず自分の考えをいかに学び他者に伝えるかといったコミュニケーション力を磨くことができます。

発表や質疑応答を通じて自分の考えを深めたり、伝え方を工夫したりすることで自己を高める教育を行っています。

課題をとことん追求し自分で考える力を養う

早稲田実業学校初等部では、国語と算数を重要な科目と位置づけ自分でじっくり考える教育を行っています。

現代の日本の教育は、ものを早い段階から教え込むことが多く子どもが自分で深く考えることが少なくなっています。

そのため、発見や驚きを感じることも少なくなり学習する楽しさも感じられづらくなっています。

早稲田実業学校初等部の教育では、先人の知恵を大事にしながらもいかに児童たちが楽しく学習することができるかを常に工夫し続けています。

日本文化を誇りに「国際理解」を行う

早稲田実業学校初等部は、国語教育を通じて日本文化の美しさ、誇りを身に着けていきます。一方で、国際化していく社会についていけるよう、国際理解教育にも対応しています。

そのためには、自国の文化を知り、相手の文化を尊重することができる知識と教養が大切であると考え、日本文化と外国文化の両方を大切にしています。早稲田実業学校初等部の外国語教育として以下のようなものが行われています。

・1年生からのネイティブと日本人教師による外国語授業

・早稲田大学国際異文化交流センター協力のもと、留学生と早大生のペアでの授業を実施

・オーストラリア・ホームステイの実施(希望者)

・低学年はハワイ、高学年はスイスのサマープログラムの実施(希望者)

・早稲田大学の先生と学ぶフィールドワーク、創立者大隈重信のふるさと佐賀県を周るフィールドワーク(希望者)

・宮城県南三陸町のフィールドワーク(高学年の希望者)

小中連携教員の採用

2015年度より初等部と中高等部の連携を深めるために小中連携教員を採用し、5・6年生の授業を行っています。これにより中等部に進学する際の不安、いわゆる「中1ギャップ」の軽減が期待できます。

課外授業の充実

早稲田実業学校初等部では実物にふれる・五感で味わう・仲間と共に汗をかくといった活動を大切にしています。授業で学んだことを実際に体験することで、知識の定着を図ります。

早稲田実業学校初等部の進路先

早稲田実業学校は、初等部・中等部・高等部を同じ敷地内にもち、早稲田大学までの一貫教育を軸としています。また、受験勉強に縛られずのびのびと個性を伸ばしていきたいという願いがあるため、初等部の児童は基本的に全員中等部に進学していきます。

ただし、無条件というわけではなく6年間の学校生活をみて、校長がその適性を判断し決定するとされています。

参考リンク

初等部|学校紹介|早稲田実業学校 (wasedajg.ed.jp)

さくらOne 早稲田実業専門コースは駅前で通学も安心

さくらOne 早稲田実業専門コースの教室は駅から徒歩5分以内の駅前。通学に便利なだけではなくお子さまの通学にも安心です。

国分寺校
(国分寺駅前)

〒185-0021 東京都国分寺市南町2丁目18-36 殿ヶ谷戸パークハイツ2F203号
JR中央線「国分寺駅」から徒歩4分

新百合ヶ丘校
(新百合ヶ丘駅前)

〒215-0021 神奈川県川崎市麻生区上麻生1-10-6 井上ハイツ201号室
小田急小田原線「新百合ヶ丘駅」から徒歩5分

八王子子安校
(ピアノ・塾・英会話)

〒192-0904 東京都八王子市子安町1丁目32−22

成城学園前校
(成城学園前駅前)

〒157-0066 東京都世田谷区成城2丁目35−11 成城ホームズ404号室
・小田急線「成城学園前駅」から徒歩1分

町田校
(町田駅前)

〒194-0013 東京都町田市原町田6-25-5 エリーゼ2 3F
・JR町田駅北口から徒歩5分 ・小田急町田駅から徒歩3分

自由が丘校
(自由が丘駅前)

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-9-15 錦織ビル 403号室
・東急東横線 自由が丘駅から徒歩3分

杉並荻窪校
(荻窪駅前)

〒167-0051 東京都 杉並区荻窪5-23-3 富士興産ビル202号室
・JR荻窪駅南口から徒歩2分

吉祥寺校
(吉祥寺駅前)

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目7-8 第五城山ビル2F
・吉祥寺駅から徒歩3分

府中校
(京王府中駅前)

〒183-0055 東京都府中市府中町2丁目 角ないとうビル 1F
・京王府中駅から徒歩3分

三鷹校
(JR三鷹駅前)

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-44-4
下田ビル2F
・JR三鷹駅南口から徒歩1分

国立校
(JR国立駅前)

〒186-0002 東京都国立市東1丁目4-28 篠崎ビル301
・JR国立駅南口から徒歩1分

立川校
(立川駅前)

〒190-0023 東京都 立川市柴崎町2-12-6 加藤事務所 1F
・JR立川駅南口から徒歩5分

八王子北口校
(京王八王子駅前)

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-7-4 須藤ビル2F/3F/4F
・京王八王子駅から徒歩30秒
・JR八王子駅北口から徒歩2分

八王子南口校
(JR八王子駅南口前)

〒192-0904 東京都八王子市子安町1丁目7-13 2F
・JR八王子駅北南口から徒歩2分

日野市豊田校
(JR豊田駅前)

〒191-0062 東京都日野市多摩平1-4-11 大彌ビル301号室
・JR豊田駅北口から徒歩4分

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

お気軽にお問い合わせください。050-3000-9687受付時間 12:00-18:00 [月~金] / 12:00-16:00 [土]