東海大学付属相模高等学校の内部進学の概要と対策(基礎学力定着度試験対策)

東海大学付属相模高等学校は、有名な東海大学に内部進学ができるともあり人気のある高校です。
そんな東海大学付属相模高等学校では、内部進学するためには「基礎学力定着度試験対策」を受ける必要があります。
希望の学部なども全てこの試験で行けるかどうかが決まるため、東海大学の付属校に通っている学生にとってはほとんど大学入試本番と同じといっても良いでしょう。
そこで今回の記事では、内部進学では欠かすことのできない基礎学力定着度試験について「どのように対策すればよいのか」「最適の対策をするためにはどんな学習塾がおすすめなのか」解説していきます。

東海大学付属相模高等学校の内部進学概要

東海大学付属相模高等学校に通っている学生の約80%は、基礎学力定着度試験を経て東海大学へと進学しています。

【東海大学付属浦安高等学校の2021年3月卒業生進路状況】

 

東海大学

学部

文化社会

政治経済

法律

教養

体育

健康

情報理工

観光

情報通信

人数

33

45

26

65

31

26

32

14

16

108

0

5

 

 

東海大学

学部

海洋

経営

基礎工学

国際文化

生物

小計

HTIC

合計

人数

13

23

0

0

1

3

3

375

5

380

東海大学以外への進学者も

東海大学の付属校ではありますが、進路先が東海大学に限定されているというわけではありません。

卒業生の中には、明治大学や法政大学など他の学校に進学した人も数多く存在します。

東海大学付属相模高等学校の基礎学力定着度試験概要

ここでは東海大学に進学するために重要な「基礎学力定着度試験」に関して、試験日程や科目など試験概要を詳しく解説していきます。

基礎学力定着度試験の試験日程

東海大学付属校の「基礎学力定着度試験」は、各学年の毎年4月に行われています。

新型コロナウイルス感染拡大の際には試験日程がずれ込んだ時もありましたが、基本的には毎年4月までに対策を終わらせておく必要があると覚えておくと良いでしょう。

毎年4月に行われるため、特に入学したての時の第1学年の時と、受験を控えている第3学年の時には学習を早い段階で進めておく必要があります。 

基礎学力定着度試験の試験科目

基礎学力定着度試験では、 主要5科目である「国語・数学・英語・理科・地歴・公民」が試験科目となっています。

試験時間は50分、各100点のマークシート方式です。

基礎学力定着度試験の難易度

基礎学力定着度試験の難易度については、過去問や講評が外部に公開されていません。

そのためこれまでの卒業生や学習塾を利用した人の体験談を集めてみると、高卒認定よりは難しく共通学力テストよりは簡単な難易度であることが分かっています。

ただし共通学力テスト利用での東海大学に出願するボーダーラインは参考になるため、それぞれの学部でどれくらいの得点率が必要となるのか見てみましょう。

【共通学力テスト利用における東海大学各学部のボーダーライン】

共通学力テスト利用で東海大学を出願する場合のボーダーライン

学部

体育

海洋

人文

国際文化

観光

ボーダーライン

約70%

50~70%

47~58%

40~63%

70%

41~54%

58~71%

61~77%

70%

このように法学部や医学部など、特に人気が集中している学部については共通学力テストでは約70%程度の得点率を納める必要があります。

そのため東海大学内部手の基礎学力定着度試験においても、約70%以上の得点率を取得する必要があるでしょう。

東海大学付属相模高等学校の基礎学力定着度試験の対策

ここでは実際に東海大学相模高等学校の基礎学力定着度試験において、どのような対策をすればよいのか解説していきます。

国語

国語では共通学力テストと同じように、以下の4つの大問が中心となっています。

  • 現代文
  • 小説
  • 古文
  • 漢文

共通学力テストと異なるのは、50分という短い時間ですべての問題を解かなければならない点です。

そのため問題処理能力はもちろんのこと、難しい問題でも反射的に答えることができる基礎学力というのが身についている必要があります。

学内で配られている過去問はもちろんのこと、日常的な勉強からペース配分や大問ごとの対策を意識して勉強してください。 

数学

東海大学付属の基礎学力定着度試験においては、以下のような問題が毎年繰り返し出題されています。

  • 対称式
  • 判別式・2次不等式
  • 解と係数の関係
  • 2次関数の頂点
  • 3次関数の極値
  • 不定積分・定積分

年度によって出題される問題は若干変化がありますが、概ね上記分野から出題されることが多いと覚えておきましょう。

そのためある程度対策しやすい科目であり、得点率も安定して高い傾向にあります。

まずは分野ごとに過去問を解きながら、苦手を作らないように対策しておくと、大きな取りこぼしを作らずに済むため安心です。

英語

英語は共通学力テストと同様に、発音・文法・長文読解・リスニングなど様々な出題形式があるため特に対策しなければならない科目です。

やはり基礎的な単語力や語彙力、速読力、精読力などが重要になってくると言ってよいでしょう。

まずは発音問題や文法問題など、ある程度事前に対策すれば反射的に解ける問題は早い段階でマスターしておき、配点の高い長文読解に力を入れることができるよう日常的な勉強を行いましょう。

地歴公民(選択式)

東海大学付属相模高等学校の基礎学力定着度試験においては、地歴公民は選択式となっています。

そのため選択した科目によって、どのように対策をすれば良いのかというのが若干変わってくるので注意が必要です。

もっとも日本史や世界史は、カリキュラム通りに進めていると、基礎学力定着度試験直前に範囲が終わってしまうため勉強が間に合いません。

また公民も出題範囲が広くマニアックな問題も出題されるため、どれだけ実習で先取り学習ができるかというのが重要になります。

地歴公民はある程度自学自習で先取り学習をしておき、授業や定期テストを復習として利用すると良いでしょう。

理科(選択式)

基礎学力定着度試験では、生物・化学・物理から選択することができます。

特に他の科目と比較しても、それぞれの科目によって若干出題難易度が異なるのが特徴です。

そのため特にこだわりがなければ、比較的平均得点の高い生物を選ぶというのも受験戦略としてはありでしょう。

地歴公民科目と同じようにカリキュラムが直前に終了する関係で、特定の分野は対策がおろそかになってしまう可能性もあります。

そこで事前にある程度予習で学習を進めておき、定着度試験直前に何度も繰り返して復習できるようにしておくと、他の学生たちに差をつけることが可能です。

東海大学付属相模高等学校の内部進学対策なら個別学習塾「さくらOne個別指導塾」が最適

英語-参考書

東海大学付属相模高等学校の内部進学対策であれば、内部進学実績が豊富な「さくらOne個別指導塾」にお任せください。

数多くある学習塾の中でも、なぜさくらOneがこれまで数多くの生徒を内部進学の成功に導いているのかその秘密と魅力を紹介していきます。

内部進学対策はなぜ個別指導塾がおすすめなのか?

まず前提として、内部進学対策であれば個別指導塾がおすすめです。

個別指導塾は、学生の進学先や志望している学部、学校の試験形式によって指導方法を柔軟に変えることができます。

どこよりも柔軟かつ効率的に対策ができる個別指導塾こそが、内部進学を希望している学生にとっては最適なのです。

学習進度に合わせたオーダーメイドカリキュラムを提供 

内部進学を行っている学校では、他の学校と比較しても独特なカリキュラムを採用しているため学習進度が異なります。

東海大学付属相模高等学校においても、毎年4月に行われている基礎学力定着度試験に合わせて、他の学校とは若干異なるカリキュラムで学習が進んでいるのが特徴です。

そのため学習進度に合わせて、対策を行わなければ志望している学部に必要な点数を取ることができません。

さくらOneでは、東海大学付属校で行われた基礎学力定着度試験に合わせて、オーダーメイドのカリキュラムを生徒一人一人に合わせて作成します。

定期テスト対策も含めた対策を行うことができるので、希望している学部に必要な点数を取るための効率的な対策が可能です。

内部進学合格実績が豊富な指導陣

さくらOneに所属している講師は、他の学習塾とは異なりプロの社会人講師です。内部進学に合わせたわかりやすい指導を行っており、これまで東海大学付属校を含めて様々な学校の内部進学サポートを行ってきました。

内部進学実績が豊富な学習塾は、さくらOne以外にはあまりないため、東海大学付属相模高等学校に通われている方にとってはまさに最適の学習塾と言えるでしょう。

まとめ

今回は東海大学付属相模高等学校の内部進学に関する基本的な概要、また内部進学には欠かすことのできない基礎学力定着度試験の対策について解説してきました。

さくらOneは、これまで様々な学校の内部進学サポートを行っており、多くの学生の希望する学部の合格に導いた実績があります。

東海大学付属相模高等学校で、東海大学の難関学部に進学を狙っている人、基礎学力定着度試験に不安を抱えている人は、ぜひ1度お気軽にお問い合わせください。訪れた学生の学力に合わせてオーダーメイドのカリキュラムを組み、高得点獲得を実現できる学力を身につけるサポートを提供いたします。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください