中学受験を成功へと導くための日能研での学習をサポートする個別指導塾通いのメリット

中学受験をしようとしてまず行動するのは、塾選びではないでしょうか。 口コミや実際に成績が上がった子が通っている塾を知ると、つい成績が上がっている子の塾がよいと思ってしまいがち。 しかし、塾には相性があり、Aさんが相性が良い塾がBさんも相性が良いとは限りません。 通ってから「こんなはずじゃなかった」とならないために、個別指導とはどんなところなのか、そして、実際におすすめの個別指導塾はどこなのか、詳しくお伝えします。

個別指導塾の指導方法を徹底解説

個別指導塾は、文字通り個別指導をしていますが、実際に個別指導ではどのように授業が展開していくのか分かりませんよね。 イメージと違った、これじゃうちの子には合わないなど、通ってから失敗したと気が付いても、すでに対処ができないなんてことも少なくありません。 どのような指導をしているのか、具体的に見ていきましょう。

少人数の授業で理解度アップ!

個別指導塾では、基本的に先生1人に対して生徒が2人~4人と、少人数で授業を展開するが基本です。 学校の授業の進み具合が早くてついていけなかったり、大人数では質問しにくいと感じているお子様には、個別指導がおすすめ。 周りの人の目を気にせずに質問しやすいので、本当に克服したい部分を徹底的に学習することができるので、効率よく学習を進めることができます。

分からないところに向き合える

個別指導塾では、わからないところにとことん向き合えるメリットがあります。 集合授業や学校の授業では、授業の進度の関係である程度の生徒が理解できた段階で先に進んでしまうデメリットも。 そのため、1回教わっただけではなかなか習得できない、もっと復習して理解を深めたいというタイプのお子様には個別指導がおすすめ。 分からないところやできない部分を克服できると、学習へのモチベーションが上がり、自然と成績が上がる学習スタイルを身に着けていることも少なくありません。

会話を交えながら楽しい雰囲気で学習できる

勉強は無駄話をせずに、黙々と頑張る方が成績が上がると思っていませんか? もちろん集中して勉強することも必要ですが、集中力が続かないお子様の場合、勉強の途中に雑談を交えながら学習した方が、効率よく理解が深まることも。 親にはなかなか言えない悩みや、学校での様子などを話してくれることもあり、重要な内容をヒアリングした場合、塾での個別面談で、親御さんにも共有することができます。 「先生と話すのが楽しいから塾に行きたい」というお子様もいるので、先生との相性はしっかり見た方がよいでしょう。

個別指導塾ならではのカリキュラム「日能研」の魅力

個別指導塾は、集合形式の学習スタイルが苦手なお子様におすすめの塾ですが、個別指導塾ならではのカリキュラムを展開しているのが、「四谷大塚」。 レベルが高くてうちの子には…と思わずしり込みしてしまう日能研ですが、勉強が苦手なお子様ほど通ってほしい個別塾です。 どのようなメリットがあるのか、日能研の魅力に迫ります。

3つのステップで確実に理解する流れを作る

日能研では、学習するレベルや年齢に合わせて、3つのステップで学びをサポートをしています。 年齢に合わせているところは、日能研の特徴です。 1. マジネーション(想像力)とクリエイティビティ(創造力)を大きく育てる (小学校1~3年生の学び) 2. 思考技法を獲得する(4~6年生前期) 3. 合格力を鍛える(6年生後期) 学年や学習スタイル、目標に合わせて、「自ら考える能力」を身につけることを目的としています。

小学校低学年では学びの楽しさを知る

お子様にとって、勉強はつまらないものであり、楽しいと思ってもらうまでには相当な時間を要するものです。 時間をかけたとしても、勉強を好きになってくれるケースは少ないのが現実。 空想や想像力を使って考える力を身に着けるため、考えることの楽しさを体感していく大切な機関となります。 日能研では考えることの大切さを理解することから始めるため、無理に学習を始めることなく、自然と学習するスタイルが身につくでしょう。

自ら考えた思考をつなげていく授業

創造して考えた思考をつなげていくことで、読解力や解法が思いつきます。 自分で考えて答えを見つけることができるようになってくる小学4年生からは、培った知識意をつなげて、答えに導く力を身につける練習が開始です。 「授業を柱とした日能研での学び」「家での学び」「テストを柱とした自分の学び」の3つのステップで、実際の点数につなげていくので、無理ない学習が実現できます。 授業で培った知識を家でインプットし、テストでアウトプットする流れを体感し、本番に強いお子様を育てます。

合格力を身に着ける大切な半年

中学受験では点数が命と考える人も多いでしょう。 しかし、親御さんも面接があったり、出願の準備をしていると、受験までの半年間は、あっという間に時間が過ぎてしまいます。 日能研では合格までのプロセスをお子様それぞれがしっかり意識し、自分がやるべきことを自分で考える能力を培うのです。 志望校に合わせて特別講座を行ったり、模試を繰り返し出題傾向を把握する機関でもあるため、より本番に近い形で学習することができます。 クラス別にテキストを用意しているので、個別指導なのについていけない…と、モヤモヤすることもありません。

日能研に入塾する流れ

日能研の個別指導の特徴やメリットが分かると、入塾の流れが気になりますよね。 実際に通いたくても、金額が見合っていなかったり、お子様との相性が悪いと、せっかくの時間も無駄になってしまいます。 どのような流れで入塾するのがおすすめか、最後にしっかり確認していきましょう。

まずはテストを受けてみよう

入塾してから、「こんなはずじゃなかった!」とならないように、入塾を考えている方に、入塾テストを行っています。 国語と算数のテストを無料で行い、実際に入塾してから頑張れるのかを体感することができるのです。 テストを受けて入塾基準に達すると、入会手続き、面談、ガイダンスを行いテキストなどを受け取ります。

どうしていきなりテストで判断するの?

入塾テストで基準を満たすかを判断することに、抵抗を持つ方も少なくありません。 日能研はできない子は入れないと高いハードルを感じてしまいますよね。 しかし、日能研では、12歳から18歳を「私学」で過ごすことを応援しています。 私学は知識を増やすだけでなく、頭や心の使い方を身に着け、自分の足で立っていけるようになることを目指している塾です。 そのため、知識だけで判断しているという基準は公表されておらず、物の考え方などを総合して判断するため、入塾テストを受けて可能性を広げる価値は大いにあります。

日能研の個別塾で自分で考える力を身に着けよう

自分で学ぶことを大切にする日能研は、進学した後の学習スタイルの確立まで、幅広い力を身に着けることができる個別塾。 分からないところをサポートしてくれるのはもちろんのこと、知識を自分で活用して、問題を解いていく力が自然と培える珍しい塾です。 いつも他力本願で自分で考えない、自分で物事を解決する子になってほしい!とお考えでしたら、ぜひ日能研を検討してみてはいかがでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください