八王子の塾による中学1年の基礎英文法「疑問詞」練習問題と解答付き

こんにちは、八王子の中学生の皆さん、個別指導塾で英語の勉強頑張っていますか?
毎日の学習の中で、あれ?この辺がもやっとするなと思ったら、このサイトを覗いてください。このサイトでは、多くの八王子の中学生がどのポイントでつまずいているかを、集約して検討し、そうした中学生の方たちの疑問をすっきりさせるように、説明をしていきます。一度、じっくり、読んでみてください。

さて、今回は「疑問詞」についてです。
「疑問詞」?そんな言葉、聞いたことあるかな?意味わからないと思っている人、ぜひ最後まで読んでください。きっと役立つことが書いてあります。

「疑問詞」とは?

さあ、最初から難題というわけではありません。「疑問詞」とは、いわゆる、「いつ」「どこで」「何を」「誰が」「何故」「どのように」・・・これらの言葉の事を指します。
聞いて、なんだ!と思われたでしょう。割と、簡単です。

「疑問詞」を英訳すると・・・

代表的な疑問詞を並べてみましょう。
「いつ」・・・when
「どこで」・・・where
「誰が」・・・who
「何を」・・・what
「何故」・・・why
「どのように」・・・how

これらの疑問詞は、代表的なもので、頭文字をとって、「5W1H」と言われています。この言葉、英語の学習に限らず、文章を書く時に大事なポイントとして扱われる言葉です。ちゃんと理解しておきましょう。

では、早速上の言葉の意味を覚えているか、試してみましょう。

練習問題

練習問題1)

次の言葉の意味を書きなさい。

①when
②who
③what
④how
⑤why
⑥where

練習問題1)の解答

①いつ
②誰が
③何
④どのように
⑤何故
⑥どこで

練習問題2)

次の言葉を英訳しなさい。
①どこで
②いつ
③どのように
④何
⑤何故
⑥誰が

練習問題2)の解答

①where
②when
③how
④what
⑤why
⑥who

いかがだったでしょうか?
全部100点を取るまで、自分に妥協せずに練習しましょう。

こつこつと書いて覚える事!英語の学習では手間暇かけて単語を覚える事、絶対に必要です。
単語を覚えていないために、点数が低い生徒さんよく見かけます。要領よく覚える方法なんてありません。成績のいい人は、あなたが遊んでいる間に、こつこつと努力しているのです。その事を意識して、中学1年の時から勉強していくと、受験の前に助かります。

では、一つ一つの疑問詞を使った疑問文の作り方を見ていきましょう。

「いつ」=when

★1.『いつ~しますか』の疑問文

例文1・・・「あなたは、いつ宿題をしますか?」

という疑問文を作る場合を説明します。

『いつ~しますか』の疑問文では、
(When +do(does)+主語+一般動詞・・・・)という風に語順が決まっています。この語順に従って作成すると・・
When do you do your homework?
となります。

☆答えの文

この疑問文には、yes, noは使いません。
I do my homework after dinner. (私は、夕食後宿題をします。)
となります。

例文2・・・「トムは、いつ買い物に行きますか?」

この文も上の語順に従って
When does Tom go shopping?
となります。

☆答えの文

On Sunday evening. 「日曜日の夕方です。」
となります。

★2.『~はいつですか』

この疑問文は、When + is +主語・・・となります。

例文3・・・『あなたの誕生日はいつですか』

When is your birthday?
となります。

☆答えの文

It is July 4. 「7月4日です。」
となります。

「どこで」=where

★1.『どこに(で)~しますか』の疑問文

例文1・・・「あなたは、どこに住んでいますか?」

これも、上の語順と同様に
Where +do(does) +主語+一般動詞・・・となります。この語順に従って作成すると
Where do you live?
となります。

☆答えの文

I live in Tokyo.「私は東京に住んでいます。」

★2.『どこにありますか』『どこにいますか』の文

これは、Where +be動詞+主語・・・となります。

例文2・・・「私のペンはどこにありますか?」

Where is my pen?
となります。

☆答えの文

On the desk. (机の上です。)
となります。

例文3・・・「あなたは、どこにいますか?」

Where are you?
となります。

☆答えの文

In my house. 「自宅にいます。」
となります。

「誰が」=who

★1.『誰が、~しますか』の疑問文

この疑問文は、Who +一般動詞・・・となります。
ここで注意してほしいことがあります。他の疑問文と違って、疑問詞+do(does)+主語とならいところです。Who=主語になっているので、他の疑問文とは、文の構成が異なります。

例文1・・・「誰が、彼女を手伝いますか?」

Who help her?
となります。

☆答えの文

He will do.「彼がやる。」

★2.『誰を~しますか』

★1では、「誰が」ですが、ここでは「誰を」になっています。そこを見逃さないでください。この場合の語順は、Who +do(does) +主語+一般動詞です。

例文2・・・「あなたは、誰を好きですか」

Who do you like?
となります。

☆答えの文

I like Tom.「私は、トムが好きです。」
となります。

★3.『~は、誰ですか』の疑問文

この場合はWho+ be動詞+主語・・・の語順になります。

例文3・・・「彼は誰ですか」

Who is he?
となります。

☆答えの文

He is Mike. 「彼はマイクです。」
となります。

だいぶ進んできましたので、ここで練習問題と解いてみましょう。
忘れないようにしっかりとやっていきましょう。

練習問題

練習問題3)

①マイクの誕生日はいつですか。
②あなたはいつ図書館に行きますか。
③マイクは、どこに住んでいますか。
④猫は、どこにいますか。
⑤あなたは誰ですか。
⑥誰がそれを作るの。
⑦そのメンバーの中で誰を好きですか。

練習問題3)の解答と解説

①When is Mike’s birthday?
【When +is+主語・・・】の語順で組み立ててみましょう!

②When do you go to the library?
【When +do +主語+一般動詞・・・】の語順に従って組立てましょう。

③Where does Mike live?
【Where +does+主語+一般動詞・・・】の語順に従って組立てましょう。

④Where is the cat?
【Where +be動詞+主語・・・】の語順に従って組立てましょう。

⑤Who are you?
【Who +be動詞+主語・・・】の語順に従って組立てましょう。

⑥Who make that?
【Who +一般動詞・・・】の語順に従って組立てましょう。

⑦Who do you like?
【Who +do +主語+一般動詞・・・】の語順に従って組立てましょう。

「何を」=what

★1.『何を~しますか』の疑問文の場合

What +do(does) +主語+一般動詞・・・の語順になります。

例文1・・・「あなたは、何を欲しいですか」

上の語順に習って組立てると
What do you want?

☆答えの文

I want the book. 「私は、その本が欲しいです。」
となります。

★2.『~は何ですか』の疑問文の場合

What +be動詞+主語・・・の語順になります。

例文2・・・「これは、何ですか」

上の語順に習って組立てると
What is this?
となります。

☆答えの文

It is a ball.「それは、ボールです。」
となります。

「何故」=why

★1.『何故~するのですか』

Why +do(does)+主語+一般動詞・・・の語順になります。

例文1・・・「何故、そんなに一生懸命に勉強するのですか」

上の語順に従って、組立てると
Why do you study so hard?

☆答えの文

Because I want be a doctor. 「何故なら私は、医者になりたいからです。」となります。

注)Why don’t you・・・と言う文は、「・・・しませんか」という意味の誘い文句になります。

例えば、
Why don’t you come with me? 「私と一緒に来ませんか?」となります。

「どのように」=how の疑問文

★1.『どのようにして~してますか』

疑問文は
How +do(does)+主語+一般動詞・・・の語順になります。

例文1・・・「どのようにして、学校へ通っていますか」

How do you go to school?
となります。

☆答えの文

I go to school by bus.「私は、バスで学校に行っています。」
となります。

さあ、以上で、疑問詞を使った疑問文の基本的な説明は終わりました。
お疲れ様です。
さて、練習問題4になりました。最期まで、あと少しです。ファイト!!

練習問題

練習問題4)

①彼は何を欲しいのですか。
②あれは、何ですか。
③何故、あなたはそんなことを言うのですか。
④彼はどうやって通学していますか。

練習問題4)の解答と解説

①What does he want?
【What +do(does)+主語+一般動詞・・・】に倣って、組立てましょう。

②What is that?
【What +be動詞+主語・・・】に従って、組立てましょう。

③Why do you say that?
【Why +do +主語+一般動詞・・・】に従って組立てましょう。

④How does he go to school?
【How +does +主語+一般動詞・・・】に従って組立てましょう。

さあ、ここまでで、疑問詞の入門期の学習は済んだと言っていいでしょう。

疑問詞の熟語

これからは、他の疑問詞、疑問詞を含んだ熟語についても学習しましょう。
教科書にもよく出てくるものばかりです。しっかりと頭にインプットしてくださいね。

how many・・・「いくつの」

How many books do you have? 「あなたは何冊の本を持っていますか?」
How many brothers do you have? 「あなたには、何人の男の兄弟がいますか。」

*英語では、兄弟がいることを“have”で表します。不思議な感じがしますが、これで正解なのです。日本語に訳す時には、兄弟がいますと訳しましょう。兄弟を持っていると訳すと、とても不自然な感じがします。

*how many の後の名詞は必ず、複数になりますから注意してください。

what time・・・「何時」

What time do you get up every morning? 「毎朝何時に、起きていますか。」

how much・・・「いくら」

How much is this book? 「この本はいくらですか」

how old・・・「いくつ」「何歳」

How old is Mike? 「マイクは何歳ですか。」
How old are you? 「あなたは何歳ですか。」

how long・・・「どのくらい長く」

How long did you live in Tokyo? 「どのくらい長く、東京に住んでいましたか。」

how about・・・「どうですか」

How about coffee? 「コーヒーはいかがですか。」

whose・・・「誰の」

こちらは、「誰の」と訳します。whoとは違いますので、気を付けてください。
Whose book is this? 「これは、誰の本ですか。」

練習問題

練習問題5)

①いくつの
②いくら
③誰の
④何時
⑤いかがですか。
⑥何歳
⑦どのくらい長く

さて、最後の練習問題です。頑張ってください。

練習問題5)の解答

①how many
②how much
③whose
④what time
⑤how about
⑥how old
⑦how long

上に列記されている熟語や疑問詞も、必ずマスターしなくてはいけません。
根気強く、頑張ってください。こつこつと努力する人こそが、半年1年後に素晴らしい進歩を手に入れることができます。

八王子の家庭教師による中学1年の基礎英文法「疑問詞」まとめ

いかがでしたか。だいぶ英語の文章が作れるようになったのではないでしょうか?
わからなかったら、また読み返してください。
理解することも大事ですが、繰り返して学習することにより、言葉の決まりになじんできます。

習うより慣れることが大事です。どうか、頑張ってくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください