八王子の小学生の英語も個別指導塾で学びたい

八王子の小学生も個別指導塾で英語を学ぶ?個別指導塾で学ぶ英語とは

個別指導塾で英語を学ぶ
八王子の小学生で英語を習う時にお子様をどちらに通わせますか?英語と言えばまず思い浮かぶのは英会話教室でしょう。しかし、英検を取らせたい、中学校の授業の先取りをさせたいと考えたら個別指導塾も選択肢のひとつになります。ここでは八王子の個別指導塾で学ぶ英語、特に英検対策についてご紹介します。

2020年から英語が教科化される!!

八王子の個別指導で学ぶ

2020年に英語が教科化されるのはご存知ですか?小学校3年生から必修化、小学校5年生から教科化され、英語が八王子の小学校でも導入されます。それに先立ち、2018年には先行で実施されます。こうした英語の小学校への導入はなぜ行われるのでしょうか。

1.なぜ英語が必修化、教科化されるの?

まず気になるのは必修化と教科化の違いです。小学校3年生から必修化なのですが、教科ではないので成績も付きませんし、教科書もありません。どのようなないようになるのかは学校に任されるということです。そのため、学校によって差が出る可能性はあります。それに対して教科化は成績を付きますし、教科書もありますからどの学校でも同じ内容で指導されます。
英語の必要性はかなり以前から叫ばれていたので、なぜ今なのかというのはあるのですが、グローバル化の中で英語教育の重要性が増していること、小中高の英語教育を一貫して行う必要性があることがあげられます。英語を長く勉強しているのに、英語をほとんど使えないと言われてきた日本の英語教育を見直すということでしょう。

2.必修化、教科化の中身は?

小学校3年生、4年生の必修化に関しては学校によって違いがあるかと思いますが、基本的には英語を聞いたり、話したりするのが中心になります。外国人の先生を招いて、自己紹介をしたり、ゲームをしたりなどコミュニケーションを重視します。それに対して、小学校5,6年生での教科化の場合、成績を付ける必要がありますから、読み書きの指導が入ってきます。具体的にどこまで教えるのかは分かりませんが、簡単なものからスタートすることが考えられています。

3.これから何が変わる?

さて英語の必修化、教科化によって中学校、高校で学ぶ英語の内容が変わってくるのは容易に予想できますが、中学入試でも英語が入ってくることが予想されます。現在では帰国枠でのみ実施されている英語の試験が一般生にも拡大されることでしょう。一方で授業時間をどのように確保するのか、教えられる教員はいるのかなど様々な問題が出てきそうです。塾の方でも、中学受験を念頭に英語教育に力を入れる塾が出てくるでしょう。

 

英語を八王子の小学生が学ぶ理由は?

英語を学ぶテキスト

前述したように英語が八王子の小学校で必修化、教科化されるわけですが、だから英語を勉強すべきだというわけではありません。学校で教わっても教わらなくても小学生が英語を勉強する理由はあります。ここでは八王子の小学生が英語を学ぶ理由についてご紹介します。

1.英会話を学ぶ

八王子の小学生が英語を学ぶとなると、英会話教室で外国人の先生と話をするというのが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。確かに英語を学ぶと言うと英会話となるのですが、成果をどのように測るのか難しいというのがあります。幼児の時には「英語を楽しそうに勉強しているから」と納得していても、それと同じようなやり方で小学生の英語も行われていることに疑問を持つようです。そのため「本当に英語ができるようになっているのか」と疑問を持ちながら、通わせている保護者の方も多いようです。特に日本では日常会話は日本語なのですから、週に1回、英語で会話するだけでは英語が身につかないのは仕方がないとも言えるでしょう。

2.中学校の授業の先取り

小学校も高学年になると、中学校で勉強する英語の先取りをするために塾に通うお子様も多くいます。確かに、いきなり中学になって英語をやるとなると難しいところがありますので、事前に塾で勉強しておけば英語で躓く可能性は低いです。この場合は中学校1年生で習うことを先にやってしまうという方になるので、アルファベットや文法を中心に勉強することになります。どこまで学習するかはお子様の実力によって変わってくるのですが、集団塾の場合、やるべき内容が決まっており、だいたい中学1年生の内容を先取りして終わりになります。

3英検対策のため

八王子の小学生が英語の勉強する理由としては英検対策というのも考えられます。英検は国際的に評価される資格ではないという人もいますが、英検をとることで海外留学できるところもあります。また、大学入試や高校入試で優遇されたり、大学での単位認定をされたりすることもあります。就職試験でも役立ちますから、英検をとっておいて損はありません。確かにTOEICなどの国際規格の試験の方が良いと言われますが、小学生ならば英検に挑戦する方が良いでしょう。
そのため、小学生の間に英検3級を取る子もいて、検定対策のために英語を習うお子様もいます。こうした場合、英会話学校ではなく、塾のような個別に検定対策をしてくれる塾に行くお子様が多いです。特に個別指導塾では小学生の英検対策に力を入れているところも多いです。

英検対策として個別指導塾は最適!!

小学生から英語を学習

前述したように英検対策で個別指導塾に通う人が多くいます。英検対策として個別指導塾に通う人はなぜ個別指導塾を選んでいるのでしょうか。ここではその理由について説明します。

1.自分の学力に合った指導が受けられる

個別指導の場合、自分の現在の能力に合った指導が受けられます。英検対策の集団授業となると、同じ級を目指していても能力にバラつきがあるので、なかなか難しいと言えます。それに対して個別指導塾であれば、現在の能力に合わせた指導ができます。またその級に合格するために足りない部分も指摘してもらえ、宿題も出されてチェックもしてもらえます。英検の場合、会話よりも単語を覚えたり、文法を覚えたりする必要があるので、学校の勉強に近く、個別指導塾で指導を受けるのが最適だと言えます。

2.学習計画を立ててもらえる

英検対策の場合、できないところを的確に指摘してもらえて、そこを強化するように計画を作ってもらう必要があります。個別指導塾であれば、生徒一人ひとりに合わせて学習をするわけですから、それぞれの生徒に合わせた学習計画を作るのは得意です。また、宿題を出したり、授業の時間をうまく組むなど、時間管理もしてくれます。小学生がひとりで英検の勉強をするのは簡単ではありません。学習計画や時間管理をしてもらうことこそ、英検合格への近道だと言えるでしょう。

3.リスニング対策もできる

個別指導塾では英検のリスニング対策もしてくれます。英検は中学生も受けることが多いですから、英検の指導の実績がある個別指導塾であれば、リスニングの指導だけでなく、どのような点に気を付ければよいかなどのアドバイスもしてもらえます。集団塾の場合だと、リスニングの問題も〇か×かになりがちですが、個別指導塾では何が悪いのかの分析と対策を考えてもらえます。

まとめ

英語必修化に向けて

いよいよ小学生も英語が教科化されるようになります。英語を身につけるためにはただ聞いて話すだけでなく、読んで書くことができるようになる必要があります。また、英検など目標となるものがあると英語も勉強する意欲がわきます。個別指導塾には英検対策に力を入れているところも多いですから、お子様に英検合格をしてほしいと考えている八王子の保護者の方は個別指導塾も探してみましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください