穎明館中学受験に役立つご家庭向けの対策と教科別学習法

語学に対して強い興味があり、海外で働きたい夢や強いコミュニケーション力があるお子様に人気ある中学校が穎明館中学です。

穎明館中学は学ぶ環境としても評判が高く、帰国子女も含めて中学受験の目標に選ばれるので年々、対策が重要になっている学校の一つと言えるでしょう。

お子様と一緒に穎明館中学を頑張りたいご家庭にお役立ちいただける、穎明館中学の受験情報や取り入れてほしい勉強方法についてご紹介します。

中学受験を目指すなら独学よりも学習塾がおすすめの理由

穎明館中学への受験対策をお求めになるご家庭は、受験に強い学習塾を検討される場合が多いです。その理由としては、次に挙げる2つが大きいでしょう。

(1)点数アップに効率的な方法がわかる

受験勉強をする以上、点数にこだわりたいものです。受験生全般に言えるものですが、頑張りたいと思っているのに点数を上げるイメージが沸かないことがあります。

ずっと同じ方法で勉強をしてきたお子様にあるあるなので、方針転換するのもどうして良いかわからず同じことの繰り返しで平行線を辿ってしまいます。しかし中学受験に慣れている塾であれば、点数の状況や解答の仕方をみることで効果的な勉強を提案できる場合が多いです。

(2)中学受験スペシャリストのフォローがつく

中学受験を初めて行うご家庭からすれば、不安なことの連続が受験勉強になります。どんな取り組みをすればよいのか、お子様にどうアプローチしていくべきなのか途方に暮れる保護者も少なくありません。。

しかし、受験に実績がある塾であれば、個別に対応できる情報と実力を兼ね備えています。お子様に受験のスペシャリストがつくので安心して受験勉強を任せることが可能です。

(1)、(2)以外にも合格して進学した後も通塾している生徒がいる塾であれば、お子様同士や保護者様同士でリアルタイムに情報共有できる強みが塾にあります。

穎明館中学の受験に関わる情報

入試日(グローバル、一般、総合)

2月1日、2日、4日から選択

新しい情報がないか定期的にチェックをおすすめします。

https://www.emk.ac.jp/info/point.html

出題科目の種類

一般(国語・算数・理科・社会または国語・算数から選択)

グローバル(国語・算数・英語)

総合(国語・算数または理科・社会から選択)

出題される問題の傾向(教科別)

穎明館中学は、すべての教科から偏りなく出題されるのが特徴です。

どのように考えて問題を解いたのかといった部分も必要となるため、 途中式や記述問題などが点数に大きく関わります。

語学が苦手な帰国子女向けの枠も設けられていますが、問題に対する自分の考え方を説明できる力を養っていくとよいでしょう。

国語

国語の学習を行う際は、国の語彙学習や漢字が使われている文章に触れて、何が書いてあるかまとめるだけでなく、早く文章を読める特訓が求められます。

受験においてもスピーディーに文章を読み解く力が必要となるため、新聞や小説などを日頃から読む癖をつけて、内容を理解していくことが効果的な勉強方法です。

算数

算数の問題を解くためには計算力と処理力、直感力が重要な役割を持っています。これらの力を身につけるためには、多くの過去問題を丁寧に回答していかなければなりません。

問題を数多く解けば解くほど、解法にも慣れていくため、 焦らずに問題が解けるようになっていきます。

理科

理科では実験結果を自分の言葉でまとめる力を身につけておきましょう。

教科書だけにこだわらず、身の回りにある現象を問題の題材として関心を持っていくことが 、お子様が理科の勉強に興味を持つことに役立ちます。

基本的な知識や計算なども必要となるため、反復して確実に解けるようにしておくことも必須です。

社会

地理分野でよく扱われる内容は以下の3つです。(学校HP参照)

  • 特徴について書かれている文章を読み解き、都道府県を当てる。
  • 製品や当てはまる産物などの統計表を見て、都道府県を当てる。
  • 自然環境や特産物など、その地域に住む人々の暮らしについてまとめる。

歴史分野でよく扱われる内容は、以下のことについて重点的に学習しておきましょう。

  • 人物について、生きていた時代の特徴や業績などを説明する。
  • とある出来事について、なぜその出来事が起きたのかの原因や、それが起きた後にどのような結果になったのか説明する。
  • 写真や絵を見て、仏像や絵画、歴史的建造物や遺跡などの名称を答える。

各教科ごとで求められる内容も変化するため、計画的にカリキュラムを立てて、学習していくことが中学受験を成功させる近道になります。

受験を成功させる!教科別の学習ポイント

穎明館中学の受験を進めていくためには、土台である教科書の中身を理解していくことが最優先です。その上で塾や学校が提供する問題集やプリントに取り組むと成果が出やすくなります。

また時間を作って、過去問に取り組む学習方法も有効な方法です。ここでは、教科別の学習方法を紹介します。

教科別の勉強方法その1国語

国語では評論、随筆、小説など現代文とよばれる文章をよめることが大事です。また、それぞれの文において筆者が伝えたいことは違っています。例えば、評論は何かと何かを比べることで筆者は大事なことを伝えて、物語では心の変化を伝えていることが多いです。

問題を解いた後は、何度も解答や解説を目にしてポイントや大事な言葉を覚えていくと良いでしょう。

教科別の勉強方法その2算数

算数はジャンルを分けていくと、計算、文章問題、図形、グラフ、確率とポイントを絞ることが出来ます。

普段の学習をするときも、何のジャンルを学習したのかわかりやすく記載しておくことが重要です。偏りなく日頃から、算数の問題に取り組むことで本番でも冷静に取り組むことが出来るようになります。

また計算力を身に付けておくことで、問題を解くときの優先順位が決断できるようになるお子様が多いです。

◆教科別の勉強方法その3理科

理科は計算が必要になる物理、実験や化学変化を覚える化学、身の回りの自然や生き物を覚える3つに分けることが出来ます。

まずはこまめにチェックテストを行い、単元ごとに知識の偏りが無いかを把握すると良いでしょう。それから覚えないといけない用語や決まり、公式といったものを覚えて問題慣れしていくと効果的です。

理科では物理と化学、生物の3つの科目に分けて勉強方法を紹介していきます。それぞれの違いを把握して対応させていきましょう。

理科は図表などを用いた出題が多いので、図表や資料を活用して、言葉の意味を理解していく勉強がおすすめです。

◆教科別の勉強方法その4社会

社会も他の勉強と同じく、大きくジャンルをわけていく勉強が求められます。世界史と日本史、地理や公民の4つです。

歴史に関するものは、有名人を利用して、誰がどの時代に何をしたか?その理由はなぜかといったことを学んでいくとよいでしょう。地理は各県の特徴や名産と言ったものを学習し、公民ではエネルギー利用や買い物における社会の仕組みなども考えておくと役立ちます。

穎明館中学は、どれだけ意欲的に学習に取り組んできたかを試験を通して試しています。日頃からわからないことを受け止めて吸収する姿勢を大事にしていけば、本番で評価される可能性は上がります。そのための勉強を始めていくことが穎明館中学につながる鍵となるでしょう。

まとめ

今回は穎明館中学を受験される場合に必要な情報と、教科別の学習方法について紹介しました。穎明館中学は多くの人材が集まり、グローバルな視野が身につく魅力ある学校です。

中学受験を上手に乗り切って入学するためには、バランス良く数をこなして、丁寧に調べて考える、そしてまとめていく勉強が必要です。お子様の勉強を効率よく、努力を最大限に活かすために、受験プロの力を頼ってみませんか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください