東海大学付属熊本星翔高等学校の特色と内部進学対策(基礎学力定着度試験対策)

東海大学の付属高校は全国に複数開校されており、首都圏だけでも3つ以上の高校があります。東海大学は対策すれば比較的入りやすく、学部学科や募集人数も多いことから、人気の大学と言えます。

また東海大学を目指すにあたり、付属校に入り内部進学で東海大学への進学を考えている生徒様や保護者様は多いのではないでしょうか?

今回は東海大学の中でも東海大学熊本星翔高等学校の特色と、東海大学への内部進学の概要と対策をご紹介させて頂ければと思います。

勉強

東海大学熊本星翔高等学校の特色

学校アクセス

〒862-0970 熊本市東区渡鹿9-1-1
Tel 096-382-1146 / Fax 096-385-2161

JR「東海学園前」駅下車(徒歩0分)

建学の精神

創立者松前重義の建学の精神を表す「四つの言葉」

『若き日に汝の思想を培え』

『若き日に汝の体躯を養え』

『若き日に汝の智能を磨け』

『若き日に汝の希望を星につなげ』

ここでは、身体を鍛え、智能を磨くとともに、人間、社会、自然、歴史、世界等に対する幅広い視野をもって、一人ひとりが人生の基盤となる思想を培い、人生の意識について共に考えつつ希望の星に向かって生きていこうと語りかけています。

学習指導

2つのコース制

めざす進路に応じて、特進コースと、総合進学コースの2つのコースがあります。

現代文明論の授業

自らに「人生如何に生きるべきか」と問いかけ、意義ある人生を送るために多様なものの見方の中から正しいものの見方・考え方を確立し、人道主義・人格主義に基づいた思想を培うことを目的にしています。

学園オリンピックへの参加

全付属高校が参加し、9つの部門で発想力・応用力・創造力などを競い合います。

付属推薦入学制度

全学部に付属推薦可能で、入学金は半額です。

2つのコース

「特進コース」

成績上位者を集め、東海大学医学部や航空操縦学専攻等の難関学部・学科へ付属推薦で、また国公立大学への進学を目指します。勉強だけでなく、部活動・生徒会活動等も活発に行えます。

カリキュラム

総合進学コース

受験のための勉強ではなく、本当に必要な学力を身につけます。部活動・生徒会活動・ボランティア活動などを通して人間関係を育むことで、自分自身の可能性を伸ばすことができます。

カリキュラム

クラブ活動

運動部

(全24クラブ) :陸上部、野球、バレーボール(男女)、バスケット(男女)、体操、卓球、柔道、硬式テニス、剣道、空手、ラグビー、ボクシング、ハンドボール、バトミントン、ソフト、サッカー(男女)、ゴルフ、アーチェリー、チア、女子駅伝、ソフトテニス同好会

文化部

(全15クラブ):吹奏楽、放送、茶道、書道、華道、写真、美術、ディベート、囲碁将棋、パソコン、サイエンス、英語、文芸、生徒会

卒業後の進路

主な進路

熊本大学・熊本県立大学・福岡教育大学・福岡県立大学・鹿児島大学・鹿屋体育大学・名桜大学・防衛大学校

平成音楽大学・熊本保健科学大学・九州看護福祉大学・九州ルーテル学院大学・熊本学園大学・崇城大学・尚絅大学・福岡大学・福岡工業大学・筑紫女学院大学・九州産業大学・九州共立大学・西南女学院大学・第一薬科大学・西日本工業大学・聖マリア学院大学・久留米大学・久留米工業大学・日本経済大学・日本文理大学・別府大学・IPU環太平洋大学・長崎国際大学・長崎外国語大学・長崎総合科学大学・東亜大学・新潟医療福祉大学・法政大学・専修大学・日本大学・国士館大学・日本体育大学・立正大学・武蔵野大学・洗足学園音楽大学・朝日大学・流通経済大学・山梨学院大学・城西国際大学・静岡産業大学・奈良学園大学・阪南大学・四天王寺大学・佛教大学・神戸女学院大学・近畿大学・関西福祉大学・広島経済大学・広島国際大学・徳山大学・熊本県立技術短期大学校・国際武道大学・その他

東海大学熊本星翔高等学校の内部進学対策

東海大学熊本星翔高等学校に在籍する生徒は、卒業生の進学状況からもお分かりの様に、他大学への挑戦を考える生徒が多いのも事実です。しかし内部進学にて東海大学を目指す生徒も少なくありません。

いずれも自分が希望している進路を勝ち取る為にも、対策が必要となってきます。

内部進学状況

内部進学の仕組み

主に学校での成績と基礎学力定着度試験で決まります。上記の通り進学は高い確率で出来ますが、人気学部への進学を希望するとなると一定のラインを超える必要があります。約5000名の全国の東海大付属生に対し30%以上、医学部希望は上位100位以内が目安とされています。

基礎学力定着度試験とは?

基礎学力定着度試験とは、各学年の4月に行われる試験で、2年と3年の結果が内部進学に反映されます。特に3年の定着度試験の結果は大きく、学校での成績以上に重要視されます。

文系理系に関わらず5教科で行われ、しっかりと基礎を抑えていれば得点できる内容となっております。また出題傾向もあるため、日頃の基礎固めと出題傾向を把握しておくことが、東海大学基礎学力定着度試験の一番の対策となります。

オンライン個別指導塾のさくらOne個別指導塾

日頃の基礎固めと出題傾向を把握しておくことと言ってもなかなか一人で対策するのは難しい思います。また学習習慣をつけるには学習環境を変える必要も出てきます。

「家庭での学習方法が分からない!」や「基礎学力定着度試験の出題傾向をしりたい!」という方は一度個別指導塾にご相談することをおすすめいたします。

特に東海大学への内部進学を専門に扱っている個別指導塾は多くの内部進学情報・指導ノウハウをもっているので、日々の学習指導を通しながら基礎学力定着度試験でしっかり得点できる力を養うことが可能です。

近くに内部進学専門指導塾がない場合は是非、オンライン個別指導も視野に入れてみてください。

弊社さくらOne個別指導塾では、東海大学内部進学コースを用意しており多くの合格者を輩出しております。5科目すべてで指導可能で、生徒様の学習進度に応じて、対策する学校の変更をいつでも行うことが出来ます。オンラインでの指導も行っており、対面授業と変わらないクオリティーの授業をご提供いたします。

内部進学に不安がある方は早い段階で是非ご相談下さい。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

https://www.seisho.tokai.ed.jp/

https://www.school-able.com/tokai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください