都立南多摩中等教育学校受験対策専門コースのご紹介

1vs1の完全マンツーマン指導

さくらOne個別指導塾は、講師と生徒様が1vs1で授業を行う「完全マンツーマン指導」で、志望校合格のサポートを行っております。

経験豊富な社会人プロ講師

さくらOne個別指導塾には、学生アルバイト講師は在籍しておりません。経験豊富な社会人プロ講師が授業を行っています。

専門性の高い指導

さくらOne個別指導塾は、学校別対策コースやテキスト別対策コースなど、多数の専門コースをご用意しております。

お問い合わせ

ご質問や面談希望など、お気軽にお問い合わせください!

受付時間:12:00~16:00 日曜・祝日を除く

南多摩中等教育学校の入試について

南多摩中等教育学校の入試形態には「推薦枠」はなく、いわゆる適性検査型入試のみで、面接試験は行いません。南多摩中等教育学校の受検は、小学校からの報告書、適性検査の点数の合計で合否が決まります。報告書点と筆記試験の配点比率は2:8です。

適性検査について

都立中高一貫校の受検(受験)は適性検査と呼ばれます。この適性検査は共同で作成した問題と各校で独自に作成した問題との組合せにより実施しています。

南多摩中等教育学校の適性検査は、適性検査Ⅰ、適性検査Ⅱの2教科を実施します。2つの検査のうち、適性検査Ⅱの比重が重く、確実な得点力が必要といえるでしょう。

適性検査Ⅰ

適性検査Ⅰは南多摩中等教育学校の独自作成問題を使用しており、国語の記述問題タイプです。

大問は1題、小問3題の構成で、毎年説明文や論説文を題材としています。文章中の内容説明をさせる問題2題(25~35字)と、文章の内容を抑えつつ自分の意見を自分の体験などに基づいて述べる問題(400~500字)が出題されています。

意見を述べる問題では、文章構成について詳しい指示があるので、過去問等で慣れておく必要があるでしょう。

読解力の向上と作文の指示に従って正確に文を作る記述対策が最も重要となります。文章から要点を抜き出し、400字前後で簡潔にまとめる練習が必要です。日頃から本をたくさん読むこともプラスに働くでしょう。 

適性検査Ⅱ

適性検査Ⅱは都立中の共同作成問題を使用します。近年は大問3題の構成で、内容は、算数・理科・社会から出題されます。データや資料を読み解く力、分析・判断し自分の持つ知識と合わせて論理的に考察し、表現する力が必要です。

算数の図形や規則、理科や社会の資料やグラフを読み解く訓練を行いましょう。まず必要となるのは各科目の基本的な知識です。基礎をしっかりと固めることを目標に取り組んでください。

適性検査Ⅱにおいて、特に重要なのが理科から出題される大問3。他の大問より得点の比重が重くなっています。

大問3は、いわゆる「対照実験」の問題です。仮説を確かめるために条件を複数に分けて、その結果に影響する条件かどうかを設問中の図やグラフなどから判断します。実験結果からの予測や仮説を立てる能力や、それを論理的に表現する力が大切です。こうした傾向は、入学後に行うフィールドワークにも活かせるものとなりそうです。しっかりと対策しておきましょう。

時事問題や社会問題がベースになる問題が出題されることがありますので、日頃からニュースや新聞を読んだりと、社会に対するアンテナを高くしておくのがおすすめです。

関連記事

南多摩中等教育学校の特色と入学するための受験対策

定期テスト・内部進学対策コース

高大連携・中高一貫校の内部進学対策

中学受験対策コース

学校別難関中学校受験対策

高校受験コース

難関私立校・都立受験対策

大学受験コース

難関大学入試・推薦入試対策

その他多数の専門コース

その他、医学部対策や資格取得対策など、ご要望や目標、生徒様に合わせた授業をお組みすることが出来ます。お気軽にお問い合わせください!

夏期講習2024:完全マンツーマン個別指導塾さくらOne

社会人プロ講師の紹介

校舎アクセス

合格実績

さくらOne英会話教室

社会人プロ講師のマンツーマン指導の英会話教室

お問い合わせ

ご質問や面談希望など、お気軽にお問い合わせください!

受付時間:12:00~16:00 日曜・祝日を除く

情報発信ブログ