青山学院付属高校受験専門塾さくらOne

青山学院付属高校受験専門塾さくらOne個別指導塾は、青山学院付属高校を受験する生徒様を対象にした、青山学院付属高校受験専門の個別指導塾です。青山学院高等部の高校受験対策が可能です。

実績豊富なプロ講師のマンツーマン指導

さくらOne青山学院付属高校受験専門塾は指導・合格実績豊富なプロ講師が先生1人に対して生徒1人の完全1対1の個別指導です。学習時間は全て1人のお子さんのためだけに費やせるので、生徒の理解度に合わせてわからない所を本当にわかるまで何度も丁寧に学習できます。

さくらOne 青山学院付属高校受験専門塾のご紹介

受験対策のポイント

受験対策のポイントは過去問です。したがって、過去問対策をメインで行う必要があります。志望校に合格できるようにプロ講師が1人1人に合ったカリキュラムで指導します。

豊富な指導合格実績

さくらOneは有名一貫校の受験指導にプロ講師の個別指導ならではの豊富な実績があります。

  • 中大附属(10名)
  • 明大中野八王子(20名)
  • 早稲田実業(3名)など

安心の授業料

さくらOne青山学院付属高校受験専門塾では完全個別指導を安心の低価格で公開・提供しています。
リーズナブルな料金でプロの個別指導講師の指導をお子さまの目標を実現するまで安心して続けることが出来ます。

  • 小学生の場合
    5,000円/時間〜

無理のない効率的な学習スケジュール

  • 学校のスケジュールに合わせて授業を展開していきます。
    学校の授業と連動しているので、無理・無駄なく効率的に成績を上げることができます。
社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

さくらOne青山学院付属高校受験専門塾は駅前で通学も安心

さくらOne青山学院付属高校受験専門塾の教室は駅から徒歩5分以内の駅前。通学に便利なだけではなくお子さまの通学にも安心です。

杉並荻窪校
(荻窪駅前)

〒167-0051 東京都 杉並区荻窪5-23-3 富士興産ビル202号室
・JR荻窪駅南口から徒歩2分

吉祥寺校
(吉祥寺駅前)

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目7-8 第五城山ビル2F
・吉祥寺駅から徒歩3分

府中校
(京王府中駅前)

〒183-0055 東京都府中市府中町2丁目 角ないとうビル 1F
・京王府中駅から徒歩3分

三鷹校
(JR三鷹駅前)

〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-44-4
下田ビル2F
・JR三鷹駅南口から徒歩1分

国立校
(JR国立駅前)

〒186-0002 東京都国立市東1丁目4-28 篠崎ビル301
・JR国立駅南口から徒歩1分

立川校
(立川駅前)

〒190-0023 東京都 立川市柴崎町2-12-6 加藤事務所 1F
・JR立川駅南口から徒歩5分

八王子北口校
(京王八王子駅前)

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-7-4 須藤ビル2F/3F/4F
・京王八王子駅から徒歩30秒
・JR八王子駅北口から徒歩2分

八王子南口校
(JR八王子駅南口前)

〒192-0904 東京都八王子市子安町1丁目7-13 2F
・JR八王子駅北南口から徒歩2分

日野市豊田校
(JR豊田駅前)

〒191-0062 東京都日野市多摩平1-4-11 大彌ビル301号室
・JR豊田駅北口から徒歩4分

お子さんに合った塾を選んでより良い志望校対策を

入学を希望する青山学院付属高校に入るためには、お子さんに合った塾を選ぶことが大切です。授業形態や対象とする生徒の特徴、カリキュラムの質、合格実績などに注目し、お子さんにとってより良いと思われる塾を選択してください。授業や先生の雰囲気が知りたい場合は、体験授業を受けたり、説明会に参加したりするのもおすすめです。

青山学院高等部は青山学院大学につながる進学校として有名です。著名人も多く、さまざまな分野で活躍する卒業生を出しています。そこで青山学院高等部の特色、学校の様子などについて紹介していきたいと思います。

青山学院高等部とは

青山学院高等部は中等部と一貫教育をしていることもあるのですが、高等部から入学することも可能となっています。ここでは青山学院高等部の歴史や卒業後の進路などについて紹介していきます。

青山学院高等部の歴史とは

1880年(明治13年)にアメリカのメソジスト派女性宣教師ブリテンによって創設された学校を源流としている青山学院の教育機関です。

1950年には共学高等部として開設されました。1986年には中等部と連携を強めるために高中部として組織が一本化されています。

青山学院系列の学校の特色として国際教育に力を入れており、1988年以降は現地でのホームステイ、短期交換留学なども積極的に行っています。2015年には文部科学省から「スーパーグローバルハイスクール」の指定を受けており、さらに国際的に活躍する人材を育てています。

青山学院高等部の進路や卒業した著名人は

青山学院高等部からは青山学院大学への内部進学者がもっとも多いのですが、他の大学へ進学する場合もあります。

主な進学先としては「上智大学」「東京理科大学」「早稲田大学」などがあります。こういった進学先を考えている場合も青山学院高等部は有利となると言えます。

また、青山学院高等部からは政治家の「蓮舫」、歌舞伎役者の「六代目 中村勘九郎」など政治、芸能などさまざまな分野で活躍する著名人が出ています。

青山学院高等部の制服

青山学院高等部の男子の制服ですが、夏服は白のワイシャツ、ポロシャツ、濃紺ズボンとなっています。正装時は濃紺のブレザー、ズボン、白いワイシャツ、ネクタイは色や柄、着用するかなどは自由となっています。略装時にはスクール所定のセーターやベスト着用可となります。

女子の夏服は、ひだ付き濃紺無地のスカート、もしくは所定のズボン、白ブラウス、ワイシャツとなります。正装時は、濃紺のブレザーとスカートもしくはズボン、白ブラウスとなります。略装時にはスクール所定のセーターやベスト着用可となります。

青山学院高等部の校風と教育理念とは

青山学院高等部ではキリスト教教育を元にしており、

・礼拝と聖書の学びを通して真実を求める心を培い、神や人生について深く考え、人を愛し人に奉仕する人間の育成に努める

・教科の学習を通して、総合的判断力・洞察力を持ち、自分の人生の進路を切り拓く力をもつ人間の育成に努める。

・学校の諸活動を通して、集団の中で自分の果たすべき役割を知り、それを実行できる人間の育成に努める

・国際的な視野に立って将来の社会に責任を負うことのできる人間の育成に努める

という4つの教育目標を掲げています。

青山学院系列の特徴として国際教育を視野に入れていることから「質の高い英語教育」が評判となっており、「国際的に活躍するために必要な英語力を身につけられる」ということが人気となっています。

そしてキリスト教教育をベースにしていることから欧米の文化に触れる行事も多く、将来的に国際的な仕事をしたいと考えている人からすると青山学院高等部は特におすすめだと言えます。

そして「生徒の自主性を伸ばす」ということにも力を入れており、それは文化祭に表れています。

9月中旬ごろになると3日間にわたる大規模な文化祭が開催されるのです。この文化祭についてはステージのイベントや展示などについてもほとんどが生徒たちが自分たちで計画して完成しています。そのクオリティの高さは保護者からも評判となっています。

青山学院高等部の学費は

青山学院高等部の入学金と1年にかかる学費は、以下のとおりです。


1年次2年次3年次
入学金320,000円

施設設備料220,000円220,000円220,000円
授業料600,000円600,000円600,000円
実習料5,000円5,000円5,000円
保健料6,000円6,000円6,000円
冷暖房料12,000円12,000円12,000円
後援会会費22,000円22,000円22,000円
生徒会入会金5,000円

生徒会会費12,000円12,000円12,000円
修学旅行積立金80,000円65,000円
卒業積立金

55,000円
年次合計金額1,282,000円942,000円932,000円

青山学院高等部のクラブ活動

青山学院高等部ではクラブ活動にも力を入れており、40ものクラブ・同好会があります。

・運動部

ダンス部

陸上競技部

ラグビー部

フェンシング部

女子ハンドボール部

男子ハンドボール部

女子バレーボール部

男子バレーボール部

バドミントン部

女子バスケットボール部

男子バスケットボール部

馬術部

女子テニス部

男子テニス部

チアリーディング部

卓球部

ソフトテニス部

水泳部

柔道部

サッカー部

ゴルフ部

硬式野球部

剣道部

・文化部

ライフ・サイエンス部

マンドリン・ギター部

ブラスバンド部

美術部

演劇部

同好会 調理研究同好会

茶道同好会

弦楽アンサンブル同好会

漫画・イラスト同好会

生花同好会

特設クラブ 放送部

ボランティア部

ハンドベル部

聖書交友会(ABF)

聖歌隊

出版部

オルガン部

青山学院高等部の受験対策

難関とされている青山学院高等部ですので、入試前にはしっかりと準備していくことが重要です。

ここでは教科別の対策について紹介していきます。

英語の受験対策について

試験時間:50分

満点:100点

リスニングと長文読解などで大問4つで構成されています。

特にリスニングは放送が1回しか流されない上に配点が30点あるため、ここをどう乗り越えるかが最大のポイントなります。普段からリスニング力を鍛えておかなければ対応できないと言えます。

聞き逃すことがないように、時間を有効に使って問題文や選択肢を先にチェックしておき、効率的に対応することが重要です。

長文読解はある程度の分量があるだけでなく、説明文や小説から幅広く出題されており、語句整序、適文挿入、語彙選択などさまざまなパターンの設問があるので、どの形式でも対応できるようにしておかなくてはいけません。速読を鍛えておくことと、内容理解を早くできるように慣れておきましょう。

また、時間配分を気にして、速度と正確性を向上させていきましょう。

数学の受験対策について

試験時間:50分

満点:100点

数学は問題量が多いだけでなく、出題範囲が広いために難易度は高くなっています。

大問が7~8題ほどで構成されており、「平面図形」「立体図形」「関数」「方程式」などから多く出題されています。序盤は基本的な問題が多いのですが、中盤から難易度が高い「図形」「関数」の出題が増えてくるので、これらの分野については注意が必要です。

計算問題を早く確実に解くこと、公式を覚えるだけではなく、それを使った応用問題に慣れておくことが重要となっており、問題を見たらパターンでその解法が浮かぶというところまでやり込んでおくことが重要となります。

国語の受験対策について

試験時間:50分

満点:100点

現代文が2題、古文が1題で大問は3つという構成になっています。

現代文は論説文と小説が出題されています。

とにかく文章の分量が多いのが特徴で、現代文が8000~9000字、古文も1000字程度あり、設問数も45問ほどと多くなっています。設問は選択肢・空所補充・抜き出し・乱文整序、総合的知識問題などが全般的に出ているだけでなく、漢字問題も10問ほど出題されていますので、漢字の読み書きにも注意です。

国語は文章量が多い、設問の難易度が高いという特徴があるため、長文問題に慣れておく必要があると言えます。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

お気軽にお問い合わせください。080-7726-2443受付時間 8:00-22:00 [ 土・日・祝日でも大丈夫です]

Last Updated on