法政大学第二中学校の特色と内部進学対策の解説

GMARCHの一角として知られており、毎年多くの受験生が志望校に掲げている法政大学。

そんな法政大学に内部進学できることから「法政大学第二中学校」は、毎年様々な学生が入試に挑んでいる人気のある中高一貫校です。

そこで今回は、そんな法政大学第二中学校に関して、以下の点を中心に解説していきます。

  1. 法政大学第二中学校の特色
  2. 法政大学第二中学校のカリキュラム
  3. 法政大学第二中学校の内部進学対策

適切な対策を行わなければ、法政大学第二中学校から高等学校へ内部進学することはできません。今回の記事を参考にして、無事に法政大学第二高等学校へ進学できるように適切な対策を行いましょう。

法政大学第二中学校の特色

まずは法政大学第二中学校とはどのような学校なのか、以下で詳しく解説していきます。

法政大学第二中学校の教育理念

有名な法政大学の付属校として知られている法政大学第二中学校は、「自由と進歩」を学風としており次のような教育理念を掲げています。

  • 「人格」の完成をめざして国民的共通教養の基礎を築き、平和的で民主的な国家および社会の形成者を育成することを目的とする

人類共通の普遍的な価値を持つ「自由」を尊び、現代社会の様々な問題を解決しようとする精神を学生生活の中で育むことが法政大学第二中学校が掲げている教育理念です。

法政大学第二中学校の教育目標

法政大学第二中学校では、以下の6つの教育目標を掲げています。 

  1. 人類および民族のあらゆる分野における歴史的・文化的遺産を体系的に学び取り、自然と社会・人間に対する認識を深める。
  2. 獲得した認識を総合し、自然との共生・諸民族の共同など、人類社会のもつ諸課題と向き合う視野を培う。
  3. 学ぶことの意味と喜びを知り、常に学問的好奇心を発揮し、生涯にわたって成長を遂げることができる土台を獲得する。
  4. 自己を客観化し、社会の中でどのように生きるかを考えることにより、ひとり一人が個性を獲得し、自分の生き方を自分で決める能力をつける。
  5. 自ら諸課題の解決・現状の変革を担おうとする自主的精神と皆で力をあわせ共同での取り組みができる自治的な能力を獲得する。
  6. 高い品性と社会性を身につけ、不正・腐敗を許さず、社会正義を確立する自律の力を獲得する。

引用:教育理念・教育目標の話|法政大学第二中学・高等学校

法政大学第二中学校の部活・クラブ活動

法政大学第二中学校には、31種類の体育部と21種類の文化部があります。

様々な種類から自分の好きな部活動を選ぶことができるため、勉強だけではなくスポーツや文化的な活動にも力を入れたいという学生にはぴったりです。

法政大学第二中学校

引用:法政大学第二中学・高等学校学校案内パンフレット

法政大学第二中学校の制服

法政大学第二中学校制服

引用:法政大学第二中学・高等学校学校公式ホームページ

法政大学第二中学校では、ブレザーを制服として採用しています。理知的なイメージを与え弁当を感じさせる紺のブレザーに、スラックスもしくはスカート。

季節に応じてカーディガンやベストなど用意されているため、様々な着こなしを楽しむことができるのも魅力的なポイントです。 

法政大学第二中学校卒業後の進路

法政大学第二中学校のホームページに掲載されている情報によると、毎年ほぼ全員の生徒が法政大学第二高等学校へ進学しているようです。

他の私立高校なども受験することは可能ですが、受験する場合は進学の権利を失ってしまいます。

国公立高校受験希望の場合、学校による審議のうえ進学の権利を維持したまま他の学校を受験することも可能なようです。

法政大学第二中学校のカリキュラム

中高一貫校でもある法政大学第二中学校では、特定の科目で先取り学習も行なっています。そのため科目によっては中学生の段階で高校の学習過程に入ることも。

また中高一貫校ならではの「独自の取り組み」を行っているのも特徴です。

【法政大学第二中学校における特徴的な取り組みの例】

  • 定着学習…英語・数学など定着が重要な科目については、他の科目と比較しても学習時間を別途特別にとることで、授業を補完する取り組みがなされています
  • 体験学習… 校外授業・林間学校・研修旅行・スキー教室など学内では得られない体験を重要視しています
  • 少人数分割授業…数学や英語など重要な科目においては、週2~3時間分割授業を実施して基本的な学力を身につけるサポートを行っています。

法政大学第二中学校の内部進学対策

法政大学第二中学校から高等学校へ進学するためには、学校内で定められている一定の成績水準に達しなければなりません。

毎年基本的に生活上の問題を抱えていなければ、ほとんどの学生が法政大学第二中学校から高等学校へ進学しているようです。

ただし一定の成績水準を収めるためには、常日頃から適切な対策をする必要があります。特に中高一貫で先取り学習をしている法政大学第二中学校では、授業スピードについていけず中間や期末テストで納得のいく成績を納められないという学生が多いです。

中間や期末で失敗して内部進学ができなくなることを防ぐためにも、専門の学習塾などを利用して対策することをおすすめします。 

個別指導塾のすすめ

学校の授業内容を定着させるといっても、自分で行うのは難しいという生徒も多いのではないでしょうか。

「家庭での学習方法が分からない」や「今行っている勉強の進め方が正しいか分からない」という方は一度個別指導塾にご相談することをおすすめいたします。生徒様に合わせたカリキュラムをお組みすることが出来ます。

特に法政大の内部進学を専門に扱っている個別指導塾は多くの内部進学情報・指導ノウハウをもっているので、日々の学習指導を通しながら基礎学力到達度テストでしっかり得点できる力を養うことが可能です。

近くに内部進学専門指導塾がない場合は是非、オンライン個別指導も視野に入れてみてください。

さくらOne個別指導塾では法政大内部進学コースを用意しており多くの合格者を輩出しております。オンラインでの指導も行っており、対面授業と変わらないクオリティーの授業をご提供いたします。

内部進学に不安がある方は早い段階で是非ご相談下さい。お問合せおまちしております。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください