小中一貫校専門塾さくらOne個別指導塾の概要

小中一貫校の多くは学習進度が速く、中学2年生までにほとんどの履修を終了する学習カリキュラムが組まれていることが多くなっています。
これは大学付属の系列中高一貫校でも同じです。

付属校から希望する学部への内部進学を目指すには このような先取りの学習カリキュラムについていきながら、内部進学の基準となる条件をクリアする必要があります。

もちろん大学への内部進学の基準は高校時代の評定平均(内申点)と特定のテストでの得点が基準となりますが、高校の学習カリキュラムについていくためには中学時代に基礎学力を向上しておくことがポイントとなります。

中高一貫生の中学生:基礎学力向上がポイント

中学受験が終わった安心感で気を抜きがちですが、中高一貫校は学習進度が速いため、一度でも学習カリキュラムを取りこぼすと、取り返すことが難しくなります。補習塾に通うことで中学受験のときに身についた学習習慣を継続し基礎学力の向上を図ることが重要なポイントになります。

中高一貫生の高校生:評定平均の確保と学力テスト対策

高校生では、なんと言っても評定平均(内申点)の確保が重要なポイントです。各学校で内部進学の基準とされる評定平均点は異なりますが、希望する学部を目指すなら基準の点数では内部進学枠に入れない場合があります。評定平均は取りこぼすと年々取り返すのが難しくなります。

  • 明大中野八王子からの内部進学の場合、基準となる評定平均は6.5点(10点満点)前後ですが、成績上位の人から推薦枠が割り当てられますので、7.5点程度をとっていないと安心できません。

そして内部進学枠の取得を最終的に左右するのが学力テストです。各学校によって学力テストの内容や比重はまちまちですが、一般的に最終学年で実施される学力テストの比重が高く設定されています。

学力テストの対策は「主題傾向をしっかりと把握」して「自分の学力に合わせた対策」をとることが重要です。

大学付属高の内部進学ための補習塾

学芸大付属内部進学対策

生徒多数

学芸大付属専門塾を運営しており、受験対策、内部進学対策にノウハウを持ちます。

桐朋内部進学対策

桐朋専門塾を運営しており、受験対策、内部進学対策にノウハウを持ちます。

早実内部進学対策

早実専門塾を運営しており、受験対策、内部進学対策にノウハウを持ちます。

小中一貫英語塾

ニュートレジャー (Newtresure)対策

ニュートレジャー (Newtresure)対策を得意にしています。
など

プログレス (PROGRESS) 対策

プログレス対策を得意にしています。

英検対策

・英検準1級
・英検2級
・英検準2級
・英検3級

社会人プロ講師によるマンツーマン完全個別指導塾

1対1の完全個別指導

自慢の講師陣による1対1の完全個別指導にて、最後まで理解させます。他の個別指導と比べ、1対2、1対多ではないためきめ細やかな指導が自慢です。

講師は全員社会人プロ講師

大学生のアルバイト講師には難しい、豊富な指導経験に基づく授業がさくらOneの最大の強みです。

自分のペースで学べる

集団授業ではなく完全個別指導により、生徒が本当に理解できるまで根気よく指導します。

「マンツーマン」だから、できること

大手進学個別塾のように、規定の教材で共通のカリキュラムをこなす指導は行いません。せっかく1対1で指導できても、指導内容がマニュアル化され、他と共通で授業をしていては、集団授業と変わりません。
地元密着のさくらOneだからできる、あなたのためのオリジナルの指導が効果を発揮します。

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

さくらOne 内部進学対策 ブログ

[wp_show_posts id=”6021″]