英検を取得していれば八王子の高校受験が有利になる、できれば3級以上であれば理想的!

英検を取得していれば様々なメリットを受けることができるのは八王子の中学受験、高校受験、大学受験どれにでも言えることです。
そのなかでも八王子の高校受験は必要とされる級と受験英語の内容が関係していることもあり、特に英検取得が勧められる受験でもあります。
ここでは英検と高校受験の関係性について細かく説明していきたいと思います。

英検の何級以上が必要とされているか

八王子の高校受験では主に英検3級もしくは準2級以上が加点の対象となってきます。
だいたい英検3級というのが中学3年生レベルの英語というように規定されていますので、英検3級の勉強をすることは同時に受験勉強にもつながっていきます。
英検の取得は公立、私立どちらにも優位に働いていきます。
例えば大阪府教育委員会では平成29年度から英検の取得級に応じて高校入試で点数に換算してくれるというものです。
こういった取り組みは全国的に広がりを見せていますので、その都道府県の教育委員会のHPで確認しておきましょう。
もちろん八王子の私立高校でも有利に働いていきます。
これは学校によって大きな差があるのですが、まずあるのが「加点」されるというものです。
英検、漢検、数検などの取得級に応じて加点がされるというもので、例えば「4級保持で+5点」「3級保持で+10点」「準2級保持で+20点」というようなものです。
これらの一定の目安となるのが「3級」です。
英検、漢検、数検ともに3級は「中学3年程度および中学卒業程度」が出題範囲となっています。
そして4級はだいたい中学2年程度の知識があれば受けることができます。
中3になると受験勉強が忙しいということもありますので、比較的余裕がある中2のときにこういった検定を受けていると後々かなり楽になっていきます。
合格ラインは英検が60%前後、漢検、数検は70%前後とされており、満点をとるという必要はありません。
早めにこういった検定を受けるメリットとしては「受験ではないので再チャレンジが可能」ということがあります。
もし中2の夏に受けて不合格でもしっかりと勉強しなおして冬に受ければ合格するかもしれません。
また、自分の実力に合わせて検定を受けることができますので、英語が得意なのであれば中2の時点で3級や準2級に挑戦することができるのです。
ただし高校受験は基本的には5教科で行われますので、英検の勉強だけをしていて国語や数学がおろそかになったという事態は避けるようにしましょう。

英検などの勉強は他にもメリットが多い

学校や塾の先生によっては「英検など準2級以上を持っていなければ意味がない」という人がいるかもしれません。
しかし決してそんなことはないのです。
まず英検は5級が中1終了程度、4級が中2終了程度、3級が中3終了程度の学習内容です。
これらを勉強するということはそれは高校受験の勉強をするということにもつながります。
特に英語は勉強だけをシンプルにやり続けるということはなかなかつらいことですが、英検の勉強というと目的がはっきりしているだけにモチベーションを高く保つことができます。
また、英検の勉強は英単語、文法、リスニングを全体的に網羅しているために総合的な英語の学習にもってこいなのです。
そして英検の勉強をして検定試験を受けるということは勉強する習慣がつくだけでなく、試験慣れすることにも影響を与えます。
中学生は塾での模試などを除いてはこういった試験形式を試す機会が少ないために貴重な経験となるのです。
意外とこういう細かい試験慣れ、時間配分の慣れといったメンタル面の小さい差で受験は合格、不合格が決まったりするものなのです。

その他にも平常点、印象点、内申点の向上にも関係してきます。
中3の担任は受験が迫ってくると担当しているクラスの生徒の内申書を書いていくことになります。
自分が担当しているクラスの生徒のことですから悪く書くことはまずありません。
当然良いように書くのですが、
「この生徒は真面目です」
と書くよりも
「この生徒は勉強熱心で検定試験にも積極的に取り組んでおり、英語検定も取得しています」
と書いた方が段違いに印象が良くなります。
担任の先生からしても数十人の内申書を書くわけですからみんな同じような内容になってしまうところですが具体的に書けることがあれば、はっきりと書きやすくなるのです。
もちろん先生たちの印象点も良くなることは間違いありません。
実際に受験の際は加点などの優遇がある英検取得ですが、こういった内申書などにも影響してくることを知っておきましょう。

高校合格後にも英検の取得は影響してくる。

英検取得は入試時に加点されるだけでなく、合格した後にも様々なメリットがあります。
例えば「東京家政学院高校」の入試では
英検準1級取得時には「入学金および授業料全額免除」
英検2級取得時には「入学金および授業料半額免除」
英検準2級取得時には「入学金免除」となります。
こういった入学金や授業料の免除などは全国の私立高校で行われていることで、入学金だけでも10~20万円、授業料免除となると3年間で数百万円の免除となります。
英語が得意で中学生のうちに英検の上位級を取得できるのであればぜひ狙っていきたいメリットです。
また、こういった優遇は3級や4級でもあります。
「東京女子学院高校」では、
英検3級を取得していれば入学金約20万円が免除となるということがあります。
他にも支払う金額の総額から5~10万円が減額されるなど優遇措置は様々です。

八王子の塾での対応

英検を取得していることで大きなメリットがあることから高校受験に向けた塾でも英検対策の取り組みをしているところが多くあります。
首都圏には私立高校が多くあり、進学塾もその分だけあります。
八王子駅前西口にはそういった塾が複数あり、そういった塾では中学生に英検対策に取り組んでいます。
たとえば八王子の塾では3つのポイントに注目して対策を行っています。
まず中1~2年生のうちに英検4級は取得してしまうということです。
4級の合格率は70%ほどで、必要な語彙数は約1300語、中2終了レベルの英語力があれば合格できます。
順調に行けば中2で3級まで取得することも可能ですし、学校で英語の中学学習範囲の大部分が終わる中3の夏には3級~準2級に挑戦することができます。

次に語彙力の強化です。
英検はどの級にでも言えることですが、必要になるのは語彙力です。
長文が苦手な生徒でも英単語をしっかりと覚えていれば「何となく内容は理解できる」というところまではもっていけます。
塾の英検対策では英検に必要な単語を効率よく覚えていく対策がとられます。
単語帳も4級用、3級用などが用意されているので地道に取り組んでいきましょう。

最後に過去問の徹底です。
入試でもそうですがこういった試験は過去問を徹底的に解くというのが合格への近道になります。
問題傾向がわかり、時間配分を覚え、どういった問題が出るかを知ることができます。
特にリスニングは普段よほど英語を聞きなれている中学生でなければ対策なしで受験するのは危険です。
4級以上はリスニングが出題されます。
塾でもこの対策として過去問のリスニングを繰り返し学習したり、解き方や聞き方のポイントを教えてもらえます。
英検の対策は個人で行っていくのは難しいため、積極的に塾の英検対策を利用していきましょう。

まとめ

英検を取得していれば高校受験時に加点されたり内申書も印象が良くなるというメリットがあります。
合格後も英検を取得していることで入学金や受験料が免除されたりするような優遇を受けることができます。
中学生のうちにできる限り英検を取得していくようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です