英検5級以上で八王子の中学受験が驚くほど有利に!

近年「英検を持っていると入試に有利になる」ということが全国的に広がりを見せています。八王子周辺の私立中学校でももちろん有利となります。
この現象は中学入試、高校入試、大学入試のどれでも見られている現象であり、それぞれに条件は違うもののメリットが設定されているのです。
ここではその英検と中学受験の関係性やメリットの内容について紹介していきたいと思います。

英語が八王子の中学受験に組み込まれてきている現状

高校入試や大学入試で試験科目に英語があるのは普通のことですが、中学入試では「国語」「算数」「社会」「理科」というのが長い間基本でした。
しかし最近、国語と算数にプラスして英語・社会・理科のなかから1つを選ぶという3科目型の入試や、英語・国語・算数という3科目固定型のように英語を組み入れる形が増えてきているのです。
この背景にはすでに小学5・6年生では英語を学習することが必修となっていますが、政府は2020年に開催される東京オリンピックやこれからの国際化社会に向けて小学3・4年生から英語の学習を開始し、5・6年生でも学習時間を増やすということが進められているという現状があります。
早い段階から英語の学習を始めることで、中学校で行われる英語の授業は「高いレベルのことを学習する」「授業時間内はすべて英語で会話する」ということが求められています。
高校の英語ではさらに進んだ英語での意見発表なども計画されています。
2020年度からは従来のセンター試験に変わって大学入学共通テストも開始されます。
ここでは今までのような「書く」英語重視ではなく、「書く、聞く、読む、話す」という4技能が判定されることになります。
これらの動きに向けて私立中学では真っ先に英語教育を意識し、力を入れることで内外にアピールをすることができるのです。

八王子の中学入試での英検のメリットとは

まず何級を持っていれば良いかということですが、もちろん上位の級になればなるほどメリットは大きくなります。
一般的には4級や3級以上とも言われますが、学校によっては5級でもメリットが設定されていることもありますので、何も取得していないよりはまず取得しておく方が良いでしょう。
受けることができるメリットは細かい設定などを含めていくと多数ありますが、大きく分けるとメリットは3つあります。

入試点に加点がされる

採用している学校が多いメリットです。
例えば広島県の盈進中学校では、
「英検5級保持で入試合計点に15点加算」
「英検4級以上保持で入試合計点に20点加算」
とされています。
大阪の青凌中学でも
「英検5級以上保持で入試合計点に10点加算」
というものがあります。
1点を争うような入試において10点や20点が加算されるというのは言うまでもなく大きなアドバンテージとなります。

合否判定で優遇される

これは英検を持っていることで合否判定の際に優遇されたりするものです。
東京にある昭和女子大学附属昭和中学校では、
「入試合計点で同点だった場合に優遇する」
というものがあります。
また少し曖昧にしたものとしては愛知県にある愛知中学校では、
「英検5級以上保持で合否判定の際に参考にする」
とあります。
これは明確には書かれていないものの明らかに合否判定で有利になることを示唆しています。

入学金や授業料で優遇される

英検のメリットは合格した後で発生するものもあります。
例えば島根県の開星中学校では、
「英検5級以上を保持していると入学料が免除され、授業料のうち月額6000円が免除される」
というメリットがあります。
保持している英検の級によって減額の幅が大きくなるところもあるために、こちらも確認しておかなければならないでしょう。

進学塾での取り組み

これらのような大きなメリットがあるために塾でも英検の取得に向けて取り組みを行っているところが増えてきています。
特に私立中学が集中している首都圏では塾の対応もより細かくなっています。
東京八王子はそういった塾が数多くあるエリアでもあります。
形態も個別~集団まで様々で、それぞれの塾で特色のある対策が取られています。
八王子駅前にはこういった塾が複数あり、それらの塾では「英検対策コース」が開かれているところがあります。
ここでは、英語検定に必要なリスニング、文法、英単語、英文読解などをベースに英語力を鍛え、上位級を志望している学生には二次試験のスピーキング対策も行います。
リスニング指導では、聞こえてくる英語を文字に書き起こしていく「ディクテーション」という方法をとります。
実際に文字として書き起こしていくことで、自分が聞き取れなかった部分を明確化し、弱点を克服することができるというものです。
また、実際に英語を「聞き慣れる」ことで理屈で英語を一つ一つ日本語に変換しながら理解をしていくのではなく、感覚的にわかるということを可能としています。
これは特に年齢が低いほど効果的な方法で、脳の柔軟性が高い小学生には非常に効果的な方法と言えます。

また英検では高い単語力が問われるために塾ではそれらの暗記学習にも力を入れています。
八王子の塾では単語を覚えて、その覚えた単語から出題されている過去問題や模擬試験を行うことで達成感を味わいながら学習していくという手法をとっているところもあります。
中には、タブレットなどのICT教材を使用して英単語と発音を組み合わせて学習するという方法をとることもあります。
文法はそのままの形では英検に多く出題されるわけではありませんが、すべての級で必ず英作文が出題されています。
特に小学生や中学生は並び替え問題に弱いという傾向にありますので、塾オリジナルの文法プリントなどを使用して英文法の基礎を学んでいきます。

こういった対策を個人で行うのは大変なことです。
中学受験は時間との戦いでもあります。
塾に通いながら塾の宿題をやりつつ、小学校の宿題もしなければなりません。
そこにまだ英検の対策を行うわけですから適切に計画を立てて行わなければ他の教科の勉強が犠牲になったり、英検の対策が不十分になったりしてしまいます。
そういったことも塾では踏まえた上で対策を取ってくれますので、ある程度任せてしまうのも良いでしょう。
実際にこういった塾のHPでは小学生で英検を取得した生徒の体験記などが公開されていることがあります。
参考程度に読んでみるのも良いかもしれません。

これからの英検と中学入試の展望

国際化、グローバル化がさけばれる昨今では英語教育はますます盛んになっています。
それを受けて小学生から英語塾に通い、英検の上位級を取得するような生徒も多く出てきています。
しかしこういった生徒が中学受験をする際に国語・算数・理科・社会の勉強に追われているとせっかくの英語がストップしてしまうことになるのです。
これを防ぐというためにも中学受験に英語という科目が加わっているという現状もあります。
この流れから考えると中学入試に英語が加わる、英検取得者が優遇されるという傾向はますます増加していくと思われます。
もちろん英語だけ勉強していて他の科目がおざなりになってしまってはいけませんが、自分が受験しようとしている学校の試験科目をよく考え、英語が試験科目にある、英検が優遇されるということがわかれば、そこに力を入れるのも一つの方法だと言えるでしょう。

まとめ

英語はもはや小学生から勉強する時代になっています。
この傾向は年々強くなっていますので、これから中学入試においても英語はますます存在感を増してくるでしょう。
しかし個人で英検の勉強をするのは大変です。
そこで英検の取得を考える際は、塾で効率的に英検対策を受けて勉強をすすめていくのがもっとも近道だと言えるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です