国立市で私立中高一貫生にお勧めの塾は?塾選びのポイントを解説

中学受験・高校受験を終え無事希望の学校に進学した後も、内部進学や次の大学受験に向けて新たな一歩を踏み出さなければなりません。

国立市周辺には、進学塾・補習塾が30以上あり、評判のいい塾や合格実績が素晴らしい塾も多々存在します。そんな中、どの塾を選べばよいか迷ってしまう人も多いはず。そこで今回のさくらOneブログでは私立中高一貫校に通っている場合どの塾を選べば良いのか、塾選びのポイントをお伝えします。

高校・大学への内部進学のための塾選び

早稲田実業学校初中高等部・明治大学付属中野八王子中高・桐朋小中にお通いの場合、基本的には内部進学のための塾選びを検討することになります。

上記で、国立市周辺の私立一貫校を列挙しましたが、そもそも内部進学に関しての進級基準は学校ごとにバラバラです。

小・中・高それぞれ例を挙げて比較してみましょう。

早稲田実業初等部・桐朋小学校内部進学基準

早稲田実業初等部桐朋小学校
内申評定平均2.5以上なし
テストあり
(進学テスト)
国・算・理・社
なし
※ただし、中学入試の試験を受ける必要あり。
結果は進学基準に含まれない

早稲田実業中等部・明治大学中野八王子中学校内部進学基準

早稲田実業中等部明治大学中野八王子中学校
内申評定平均5.5以上
※評定4以下が4教科以上あると進学不可
評定平均6.5以上
テストなしあり
(PSAT・ベネッセ模試)
※内申点に加算

早稲田実業高等部・明治大学中野八王子高校内部進学基準

早稲田実業高等部明治大学中野八王子高等部
内申高等部3年間の成績高校3年間の評定が6.5以上
※ただしTOEIC400点以上、または英検2級取得していること
テストあり(内部模試)あり(外部模試)

以上のように各学校全く基準がちがうことがお分かりいただけたと思います。

そのため、例えば集団塾で各私立中高一貫生を一クラスにあつめたとしても各学校に合わせた対策をとるのは不可能に近いです。さらに、国立市周辺の集団塾は内部進学ではなく、外部進学を目指すためのカリキュラムが組まれているところが多いので、内部進学対策には一切なりません。そのため、学校ごとの内部進学基準をしっかり踏まえた上で対策をとってくれる個別指導塾への入塾をお勧めします。

私立中高一貫校から外部受験を目指す

明治大学付属中野八王子高校は明治大学への推薦を保持しながら国公立大への受験が可能です。また桐朋高校は大学付属でないため、大学受験の勉強が必須です。

さらに、2020年の大学入試改革において、今までのセンター試験というどちらかといえば知識事項によった入試制度から、知識・技能の習得を元に思考力・判断力・表現力をなどが加わり、「読む・聞く・話す・書く」の4技能が評価される大学入学共通テストに変更されたことで、従来の大学受験の勉強方法を変えていく必要がでてきました。

今までのセンター試験は全てマークシートでの解答だったので、解答までの過程や、正答に至るまでの思考を表現する必要がありませんでした。しかし、大学入学共通テストは国語と数学において記述試験が導入されます。

現状両科目ともに記述は3問程度出題される方針です。さらに2024年以降は地歴公民・理科でも記述の導入が検討されています。記述は短いものではなく100字を超えるものの出題が想定されています。そのため、今まで記述の受験対策は国立2次や私立の中でも記述が多く出題される学校を受験する人だけが行えばよかったのですが、これからは全受験生が記述対策を入念に行う必要がでてきました。

記述はただ書くだけでなく、減点を避けるためにプロによる細かい添削指導を受けることが必要です。そのため、集団塾での一方的なシャワー方式の授業ではなく、個別指導塾での対策をお勧めします。

内部進学をするにしても、外部進学を検討するにしても、私立一貫校に通う生徒の場合、個別指導塾での勉強が高い効果を発揮します。では、実際に国立市周辺にあるどの個別指導塾を選べばよいでしょうか。代表的な個別指導塾とさくらOne 個別指導塾を比較してみました。

国立市の個別指導塾徹底比較

国立市には数多くの個別指導塾があります。まず、大前提として一般的な個別指導塾のメリットをあげてみましょう。一つは個人個人に合わせたカュラムが組まれること、次に生徒と講師の距離が近いので信頼関係が築きやすいことなどがあげられます。また、分からないところがあった時にすぐ質問ができるのも嬉しいですね。一方デメリットとしては、講師との距離が近い分、相性に左右されやすいことがあげられます。また、集団塾と比較して周りの生徒と自分との差が通常の授業の中で感じにくいため、自分の立ち位置が分かりにくいことです。さらに、費用が高くなりがちなこともデメリットの1つにあげられます。

では、実際に国立市にある代表的な個別指導塾と、さくらOne個別指導塾を比較してみましょう。

さくらOne
個別指導塾
T塾M塾
授業料4,000円/時間~詳細は問い合わせ詳細は問い合わせ
4,500円/時間~
5,000円/時間~
授業時間60分・90分・120分80分45分(小学生のみ)・90分
講師社会人
プロ講師のみ
学生バイトの場合あり学生バイトの場合あり
授業人数1:11:11:2
または 1:3
内部進学対策実績あり実績あり対応可能だが実績少

講師の質や、内部進学の実績を求めるとどうしても料金が高くなってしまったり、一方料金の安さを求めると、授業内容や実績が手薄くなったりしがちです。しかし、さくらOne個別指導塾であれば、広告や過剰な設備投資を行わずコストを抑えているので、授業料は低価格。かつ、講師は全て社会人のプロ講師が担当し、授業も完全な1:1のマンツーマン指導が行われるので、授業料以上の効果が見込めます。また、地域に根差した塾なので早稲田実業学校や明治大学付属中野八王子・桐朋の定期テスト対策にも対応しています。

また、過去には東大や東工大への合格者を輩出するなど、記述の添削指導にも自信があります。

国立市周辺で個別指導塾を選ぶならさくらOne 個別指導塾

さくらOne 個別指導塾 国立駅前校は国立駅から徒歩1分と駅からのアクセスが良い場所に立地しています。豊田駅・八王子駅にも校舎があるので、明治大学中野八王子高校にお通いの方にも安心してお通いいただけます。地域に根差した塾で、学校帰りに立ち寄りやすい場所に校舎があるので、勉強習慣の確立を促せます。

また、個別指導塾だとどうしても高くなりがちな授業料も1時間当たり4,000円からとリーズナブルな費用で受講できます。ただ安いだけではなく、大学教員も務めた実績がある一流のプロ講師がマンツーマンで授業を実施。お子様の目標や性格に合わせて適切な指導を行います。現在、無料体験も受け付けているので、国立市周辺で個別指導塾を検討されている場合は是非一度ご連絡ください。

さくらOne 個別指導塾は三つの駅前で通学も安心

さくらOne 個別指導塾の三つの教室はすべて駅から徒歩5分以内の駅前。通学に便利なだけではなくお子さまの通学にも安心です。

八王子北口(京王八王子)校

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-7-4 須藤ビル2F/3F/4F
JR八王子駅北口から徒歩2分
京王八王子駅から徒歩30秒

日野市豊田駅前校

〒191-0062 東京都日野市多摩平1-4-11 大彌ビル301号室
JR豊田駅北口から徒歩4分

国立駅前校

〒186-0002 東京都国立市東1丁目4-28 篠崎ビル301
JR国分寺駅南口から徒歩2分

「教える」プロの個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です