AO入試、公募推薦入試、指定校推薦入試で大学に行くには〜その違いと対策について〜

「そろそろ、うちの子の受験を考えなきゃ?」とか「部活に力を入れすぎて勉強を全然していないけど、一般受験 大丈夫かしら?」などの悩みを抱かれておりませんか?

もしかしたら「大学受験」というものに今ひとつピンときていないかもしれません。

実は、現在では、一般受験で大学受験をするのは当たり前ではなくなっており、一般受験での入学者は受験生全体の約半分しかいなくなっています。つまり、一般受験以外の入試方法で大学受験に合格するのが当たり前の時代になりつつあります。

出典元:文部科学省大学入学者選抜改革の動向

そこで、一般受験以外の入試方法であるAO入試 そして 公募推薦入試指定校推薦入試の違いやメリットについて各々述べていきたいと思います。

また、違いを知っただけですと今後どうしたらいいのかわからないと思いますので一般受験以外の入試方法で合格するために必須な評定平均の上げ方小論文の対策についても述べていきます。

AO入試とは

AO(アドミッション・オフィス)入試とは、高校時代の成績や小論文、志望動機や学部・学科の適性、入学後の意欲など総合的な人物評価を行って選抜する方法です。

高校からの推薦は不要で、受験生が希望すれば受験することができます。私立大学を中心に国公立の大学でも行われています。試験は、書類選考や面接、小論文などが一般的で、最近は学力試験を課す大学も一部、現れてきています。

ただ、比重は圧倒的に評定平均と小論文が重く、高校時代の様子や生徒の適性を見つつ、評価する形となっております。

AO入試のメリット

AO入試は評定平均という普段の学校の成績で判断されるので、高校時代の学習態度が成績評価の対象になり、AO試験のメリットとして、一発勝負の一発受験ではなく普段から地道に努力した点が評価されることとなります。

また、試験で課されることの多い小論文にしても普段から練習をしていれば一般受験ほどの知識の詰め込みは不要なので、お子さんにとって、受験勉強で根を詰めることなく学校生活を満喫することができます。

公募推薦入試とは

公募推薦とは、大学が定める一定の条件を満たし、高校の推薦とともに 面接、小論文、学力試験などを課して合否を判定する入学試験制度を指します。

原則として現役高校生が対象ですが、浪人生も受験が可能な学校もあり、毎年11月から12月の中頃ぐらいの時期に行われます。

ただし、指定校推薦とは異なり必ずしも合格できるとは限りません。出願後、大学で課される試験をクリアしなければ、合格できない場合もあります。

試験内容は、一般的に、高校1年生の1学期~高校3年生の1学期までの評定の平均値を出した評定平均を記載した出願書類のほか、面接や小論文で判断されることが多いです。

また、個別の学科試験は課されず、課されても英語や国語などの一部の科目であることが多いようです。

公募推薦入試のメリット

一般受験と異なり、公募推薦入試では評定平均が重視されるので、高1のときからコツコツ積み上げてきた成績や活動を評価してもらうことができます。

一般入試の備えもしっかりしながらであれば、公募推薦入試のメリットを十分に活かすことが可能です。

高校時代にしっかりと学力を積み重ね、学校の成績を取れるようにしましょう。

指定校推薦入試とは

大学が指定した特定の高校を対象とした推薦入試です。主に私立大を中心に行われており、高校ごとに推薦できる枠(人数)が事前に決まっています。

そこでは、高校の学業成績や部活動、課外活動の実績などをもとに「校内選抜」がおこなわれます。

そして、最終的に校内の推薦枠に選ばれた生徒だけが、大学の推薦入試を受けることができます。

指定校推薦入試のメリット

指定校推薦のメリットは、高校からの推薦が得られれば大学での推薦入試ではほぼ合格する形になります。もちろん、面接などで明らかに適正がないとみなされた場合には不合格となりますが、不合格はめったになりません。

そこで、校内で選抜されるためにも日頃から学校の定期テストなどで成績を上げておき、部活動や課外活動などでしっかりと実績を作っておくことが大事といえるでしょう。

なお、指定校推薦は大学と高校との間での信頼関係が前提のため「専願受験」となっており、合格した場合にはその大学以外を受験することはできません

入学後、指定校が推薦した生徒の態度が不良の場合、次年度から指定校の枠が取り消しになるという話もよくあるので、入学後も指定校の代表として後輩に枠を引き継げるよう大学生活を送りましょう。

一般受験以外の入試対策〜評定平均小論文

夏期講習2019受講者募集中

以上、AO入試、公募推薦入試、指定校推薦入試について簡単にまとめました。これらの入試方法で共通しているのは、高校時代の定期テストで成績上位を維持しつつコツコツと地道に努力をしていく必要があるということです。

また、小論文が課されることも多いですが、小論文は書きたいことを書いても点数にならないので普段から書いた小論文を添削してもらえる環境を構築することが大事となってきます。

評定平均の上げ方と小論文の能力向上のために

こうした、評定平均なり小論文なりの力を高めていくにはどうしたらいいのか、というと個別でじっくりとお子さんを指導してくれる学習形態をとる必要があります。

塾や予備校の集団授業では全体のカリキュラムをこなすことが重要になりますので、一人一人の生徒に対する個別の指導にはなかなか時間をかけられない傾向になります。

また、評定平均の向上は学校の定期テストで好成績を取らなければなりませんが、塾や予備校の集団授業では大学の一般受験に向けたカリキュラムがとられてしまい、学校の定期テスト対策がなされていない場合があります。予備校の授業についていくために学校の定期テストの勉強を犠牲にするという本末転倒もあるそうです。

さらに、小論文については、主観的な感想ではなく客観的なデータに基づいて論を組み立てなければならず、「結論を明確にする」「簡潔に書く」など個人ごとに具体的な添削を必要としますが集団授業の塾ではそうした個人の論文添削まで充実しておらず、なかなか小論文を書く力を伸ばすことはできません。

AO入試や推薦入試で確実に評定平均の向上や小論文の添削は大手の進学塾や予備校に頼るのは少し、危険な受験対策といえるでしょう。

そこで、こうした評定平均の向上や小論文の対策をしっかりとしてもらうには、生徒一人ひとりをしっかりと見ることのできる個別の指導塾が理想的と言えます。

評定平均の向上小論文対策は個別指導塾で大丈夫!?

一方で 個別指導塾というと よく大学生のアルバイト講師だったり 個別ではなく少人数制のグループ授業だったりという場合があります。

実際、一部の個別指導塾では講師の多くが大学生がアルバイトだったため、「授業は雑談が多い」とか「生徒が問題を解いている間ほかのことをしていた」などのクレームをよく聞きます。

学校の定期テストや小論文の対策には個別指導できる個別指導塾が理想的ではあるのですが指導する側が適当だと成績は向上しません。

そこで、専門的に指導できるプロの講師の個別指導が学校の定期テストや小論文対策に一番良いといえるでしょう。

まとめ

今回のさくらOneブログでは、一般受験以外のAO入試公募推薦入試指定校推薦入試の内容及び対策についてみてきました。

これらの対策としては普段から授業の内容をきちんと理解して、定期試験対策小論文対策をしっかりとしてくれるプロ教師による完全マンツーマン指導の個別指導がおすすめです。

信頼のできる指導者をつけて、推薦入試やAO入試を乗り切っていきましょう。


さくらOne 個別指導塾

八王子駅前国立駅前日野市豊田駅前など合計5つの校舎を展開している完全マンツーマンの個別指導塾です。「完全マンツーマン」にこだわり、生徒の学習状況に応じたカリキュラムを作成して密度の濃いサポートと授業を展開しています。

さらに、学生講師は採用せず、経験豊富な社会人のプロ講師のみを取り揃えていることも特徴。「一部プロ、一部学生バイト」というところならば数多くありますが、さくらOne個別指導塾は学生アルバイトを一切採用していません。数多くの難関大合格者を輩出してきた実績や経験などがある社会人プロ講師が、最も効率的な方法で成績向上に導いてくれます。

それでありながら派手な広告や大量の広告、それから設備投資を無駄に行わないことにより、授業料がかなり安いのも特徴。1時間5,000円(週2回 120分コースの場合)で指導を受けられます。

期間限定で無料体験授業なども行っているので、まずはそちらを利用して塾の雰囲気や、完全マンツーマン指導のわかりやすさをチェックしてみましょう。

八王子北口校
(京王八王子駅前)

〒192-0046 東京都八王子市明神町4-7-4 須藤ビル2F/3F/4F
JR八王子駅北口から徒歩2分
京王八王子駅から徒歩30秒

日野市豊田校
(JR豊田駅前)

〒191-0062 東京都日野市多摩平1-4-11 大彌ビル301号室
JR豊田駅北口から徒歩4分

国立校
(JR国立駅前)

〒186-0002 東京都国立市東1丁目4-28 篠崎ビル301
JR国立駅南口から徒歩2分

社会人プロ講師の個別指導を無料体験:さくらOneが自信を持ってお勧めする完全マンツーマン個別指導授業をぜひ体験してみてください。無料体験のお申し込みはこちらから。

さくらOneブログ:“AO入試”、“推薦入試”


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です